曹髦(そうぼう)

【姓名】 曹髦(そうぼう) 【あざな】 彦士(げんし)

【原籍】 譙郡(しょうぐん)譙県(しょうけん)

【生没】 241~260年(20歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第109回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・高貴郷公紀(こうききょうこうぎ)』あり。

魏(ぎ)の第4代皇帝。司馬氏(しばし)打倒に動くも果たせず

東海定王(とうかいていおう)の曹霖(そうりん)の息子。曹芳(そうほう)の廃位に伴って帝位に即いた。

兄弟には東海王を継いだ曹啓(そうけい)がいる。はっきりと書かれてはいないようだが、おそらく曹啓のほうが兄か。

『三国志』(魏書・高貴郷公紀)では、260年5月に崩じたことをごく簡潔に記すのみ。だが、実際のところは司馬氏から実権を取り戻すべく起ち上がり、返り討ちに遭い臣下に殺害されるという最期だった。

曹髦が殺されたあと、燕王(えんおう)の曹宇(そうう)の息子である常道郷公(じょうどうきょうこう)の曹奐(そうかん)が帝位に即いた。

主な経歴

-241年(1歳)-
この年、誕生。

-244年(4歳)-
この年、郯県(たんけん)の「高貴郷公」に封ぜられた。

-254年(14歳)-
10月、玄武館(げんぶかん)に到着。群臣から前殿(ぜんでん)に宿営するよう要請されたものの、先帝(曹芳)ゆかりの場所だったため遠慮し、西廂(せいそう)に宿を取った。

また群臣から、「法駕(ほうが。天子〈てんし〉の御車〈みくるま〉の一種)にてお出迎えしたい」との申し入れもあったが許さなかった。

10月、洛陽(らくよう)に入城。群臣が西掖門(せいえきもん)の南で出迎えて拝礼したため輿(くるま)から降りて答拝しようとした。案内役の者から「儀礼では答拝しないことになっております」と伝えられたものの、「私は人臣である」と言い、そのまま答拝を行った。

止車門(ししゃもん)まで来たところで輿を降り、側近の者から、「古くからのしきたりでは輿に乗ったまま入ることになっております」と伝えられたものの、「私は皇太后(こうたいごう。郭氏〈かくし〉)のお召しを受けたのだ。まだどうなるかわからない」と言い、そのまま徒歩で太極東堂(たいごくとうどう)まで行き、皇太后に目通りした。

こうして、その日のうちに太極前殿(たいごくぜんでん)で即位した。

10月、詔(みことのり)を下し、即位にあたっての意気込みを示す。また大赦を行い、「嘉平(かへい)」を「正元(せいげん)」と改元した。

さらに、車馬・輿・衣服・後宮の経費を削減し、御府(ぎょふ。宮中で使用する衣服などを製作する役所)や尚方(しょうほう。天子の刀剣や器具を製作する役所)に所属する職人らが技術を凝らした、華美ながら無益な品物の製作をやめさせた。

10月、侍中(じちゅう)に節(せつ。使者のしるし)を持たせ四方に分遣。これらの者に各地の風俗を観察するよう命じ、士民を慰労し、無実の罪により失職している者がいないか調査させた。

10月、大将軍(だいしょうぐん)の司馬師(しばし)に黄金の鉞(まさかり。軍権の象徴)を貸し与えたうえ、「参内した際に小走りをせず、上奏する際に名前を称さず、剣を帯びたまま上殿してもよい」という特権を与えた。

10月、鄴(ぎょう)の井戸の中に黄色い龍が現れる。

10月、担当官庁に詔を下し、このたびの皇帝廃立における功績の調査を命ずる。その結果を受けてそれぞれに格差をつけ、封爵や領地の加増、官位の昇進、下賜品の分配を行った。

-255年(15歳)-
1月、鎮東将軍(ちんとうしょうぐん)の毌丘倹(かんきゅうけん)と揚州刺史(ようしゅうしし)の文欽(ぶんきん)が反乱を起こす。

1月、大将軍の司馬師が毌丘倹と文欽の討伐に向かう。

1月、車騎将軍(しゃきしょうぐん)の郭淮(かくわい)が死去。

閏1月、大将軍の司馬師が楽嘉で文欽の軍勢を撃破。文欽は逃走し、そのまま呉(ご)へ出奔した。

閏1月、安風津都尉(あんふうしんとい)が毌丘倹を斬殺し、その首を洛陽へ送ってくる。

閏1月、淮南(わいなん)の民のうち、毌丘倹と文欽に欺かれ、事件に巻き込まれて罪を犯した者たちに対し特赦を行う。

閏1月、鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の諸葛誕(しょかつたん)を「鎮東大将軍」に任ずる。

閏1月、大将軍の司馬師が許昌(きょしょう)で死去。

2月、衛将軍(えいしょうぐん)の司馬昭(しばしょう)を「大将軍・録尚書事(ろくしょうしょじ)」に任ずる。

2月、呉の孫峻(そんしゅん)らが10万と称する軍勢で寿春(じゅしゅん)に攻め寄せたものの、諸葛誕が撃破する。この際、呉の左将軍(さしょうぐん)の留賛(りゅうさん)が戦死し呉の捕虜は洛陽へ送られた。

3月、卞氏(べんし)を「皇后(こうごう)」に立てたうえ大赦を行う。

4月、卞皇后の父の卞隆(べんりゅう)を「列侯(れっこう)」に封ずる。

4月、征南大将軍(せいなんだいしょうぐん)の王昶(おうちょう)を「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」に任ずる。

7月、征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の胡遵(こじゅん)を「衛将軍」に、鎮東大将軍(ちんとうだいしょうぐん)の諸葛誕を「征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)」に、それぞれ任ずる。

閏1月の記事では「諸葛誕を『鎮東将軍』に任ずる」とあった。この時点から「鎮東大将軍」とすべきだったのかも?

8月、蜀の大将軍の姜維(きょうい)が狄道(てきどう)に侵攻する。雍州刺史(ようしゅうしし)の王経(おうけい)は洮西(とうせい)で蜀軍に大敗し、引き返して狄道城を守った。

8月、太尉(たいい)の司馬孚(しばふ)を狄道へ遣わし、蜀の姜維に対する魏の後続部隊とする。

8月、長水校尉(ちょうすいこうい)のトウ艾(とうがい。登+阝)を「行安西将軍(こうあんぜいしょうぐん)」に任じ、征西将軍(せいせいしょうぐん)の陳泰(ちんたい)と協力して狄道に侵攻した蜀の姜維を防ぐよう命ずる。

9月、『尚書(しょうしょ)』を学び終える。経典(けいてん)を手に親しく講義にあたった司空(しくう)の鄭沖(ていちゅう)と侍中の鄭小同(ていしょうどう)らに、それぞれ格差をつけて品物を下賜した。

9月、蜀の大将軍の姜維が軍勢を引き揚げる。

10月、詔を下し、先の洮西での敗戦で戦死したり、蜀の捕虜になった者たちへの心痛を表したうえ、「関連する郡の『典農(てんのう)』および『安夷護軍(あんいごぐん)』『撫夷護軍(ぶいごぐん)』はそれぞれ所轄の長に割り当て、これらの家々を慰問させ、賦役(ふえき)を1年間免除するように」と命ずる。

11月、隴右(ろうゆう)の4郡(隴西〈ろうせい〉・南安〈なんあん〉・天水〈てんすい〉・広魏〈こうぎ〉)および金城郡(きんじょうぐん)で、連年の敵の侵攻によって逃亡したり賊軍に身を投じた者について特別に恩赦を与える。

12月、詔を下し、先の洮西での敗戦で戦死した者の遺骨が、原野に放置されたままになっていることへの心痛を表したうえ、「征西将軍(陳泰)と安西将軍(トウ艾〈登+阝〉)は、それぞれ部下に命じて戦場や船着き場で遺体を捜索させ、これを収容して埋葬し、死者と遺族の心を慰藉(いしゃ。慰謝)せよ」と命ずる。

-256年(16歳)-
1月、軹県(しけん)の井戸の中に青い龍が現れる。

1月、沛王(はいおう)の曹林(そうりん)が薨去(こうきょ)。

4月、大将軍の司馬昭に天子の着物と冠に赤い靴を添えて下賜する。

4月、太学(たいがく)に行幸し、儒者たちに『易(えき)』という書名の由来を問う。この『易』についての講義を聴き終わると、さらに『尚書』と『礼記(らいき)』の講義も行うように命じ、激論を戦わせた。

5月、鄴と上洛(じょうらく)から「甘露(かんろ)が降った」との報告が届く。

6月、「正元」を「甘露」と改元。

6月、元城県(げんじょうけん)の井戸の中に青い龍が現れる。

7月、衛将軍の胡遵が死去。

7月、安西将軍のトウ艾(登+阝)が上邽(じょうけい)で蜀の姜維を大破。これを受けて詔を下し、「最近の勝ち戦でこれほどのものはない」と称賛したうえ、「使者を遣わして将兵をねぎらい、褒美を与え、大宴会を催し供応するように」と命ずる。

8月、大将軍の司馬昭に「大都督(だいととく)」の称号を加えたうえ、上奏する際に名を唱えないことを許し、黄金の鉞を貸し与える。

8月、太尉の司馬孚を「太傅(たいふ)」に任ずる。

9月、司徒(しと)の高柔(こうじゅう)を「太尉」に任ずる。

10月、司空の鄭沖を「司徒」に、尚書左僕射(しょうしょさぼくや)の盧毓(ろいく)を「司空」に、それぞれ任ずる。

-257年(17歳)-
2月、温県(おんけん)の井戸の中に青い龍が現れる。

3月、司空の盧毓が死去。

4月、詔を下す。玄菟郡(げんとぐん)高顕県(こうけんけん)における官民の反乱により、県長の鄭熙(ていき)が殺害された件について触れ、「鄭熙の遺骸を背負い、夜を日に継いで郷里まで運んだという平民の王簡(おうかん)を特に『忠義都尉(ちゅうぎとい)』に任じ、この優れた行為を表彰せよ」というもの。

4月、征東大将軍の諸葛誕を「司空」に任ずる。

5月、辟雍(へきよう。天子が建てた太学)に行幸して群臣を集め、みなに詩を作るよう命ずる。

侍中の和逌(かゆう)や尚書(しょうしょ)の陳騫(ちんけん)らは詩を作るのが遅かったため、担当官吏から「罷免されますように」との上奏があった。だが、「このようなもめごとが起こるのは、わが意に反する」と応え、和逌らを赦した。

5月、司空の諸葛誕が麾下(きか)の軍勢をこぞって反乱を起こし、揚州刺史の楽綝(がくりん)を殺害する。

5月、淮南の将兵や官民のうち、諸葛誕にだまされて反乱に加わった者に対し恩赦を与える。

5月、詔を下し、淮南で反乱を起こした諸葛誕の討伐のため、郭太后(かくたいこう)とともに親征することを表明。

5月、詔を下し、淮南で反乱を起こした諸葛誕に脅迫されたものの、側近を引き連れ城門から斬って出た、平寇将軍(へいこうしょうぐん)・臨渭亭侯(りんいていこう)の龐会(ほうかい)と騎督(きとく)・偏将軍(へんしょうぐん)の路蕃(ろはん)について触れ、「その忠義ぶりと勇敢さを称賛し、龐会の爵位を『郷侯(きょうこう。臨渭郷侯〈りんいきょうこう〉)』に進め、路蕃を『亭侯(ていこう)』に取り立てよ」というもの。

6月、詔を下し、呉から降ってきた呉の使持節(しじせつ)・都督夏口諸軍事(ととくかこうしょぐんじ)・鎮軍将軍(ちんぐんしょうぐん)・沙イ侯(さいこう)の孫壱(そんいつ)を、魏の「侍中・車騎将軍・仮節(かせつ)・交州牧(こうしゅうのぼく)」に任じたうえ「呉侯(ごこう)」に封ずる。

また、官からの呼び出しの際の儀礼は三公と同じとし、古代の侯伯を任命する際の「八命の礼(はちめいのれい)」に基づき、天子の着物と冠に赤い靴を添えて下賜した。

「沙イ侯」について、「沙イ」と「沙羨(させん)」は各所で混用が見られる。『後漢書(ごかんじょ)』(郡国志〈ぐんこくし〉)に従い「沙イ」としておく。

6月、詔を下し、むかし相国(しょうこく)や大将軍が討伐に出向く際には、いつも尚書が随行していたことに触れ、「昔の通りにするように」と命ずる。

これを受け、散騎常侍(さんきじょうじ)の裴秀(はいしゅう)と給事(きゅうじ)黄門侍郎(こうもんじろう)の鍾会が大将軍(司馬昭)に随行することになった。

8月、詔を下し、諸葛誕が反乱を起こした際、事前に強く反対して殺害された主簿(しゅぼ)の宣隆(せんりゅう)と部曲督(ぶきょくとく)の秦ケツ(しんけつ。丰+刀+糸)について触れ、「このふたりの息子を『騎都尉(きとい)』に取り立て、品物を下賜したうえ、このことを遠近に明示し、忠義に対する格別の沙汰とするように」と命ずる。

9月、大赦を行う。

12月、呉の全端(ぜんたん)と全懌(ぜんえき)らが軍勢を引き連れ降伏してくる。

この年、諸葛誕の反乱を聞き蜀の姜維が駱谷(らくこく)から出陣。蜀軍は芒水(ぼうすい)に至ったものの、司馬望(しばぼう)やトウ艾(登+阝)が撃退した。

-258年(18歳)-
2月、大将軍の司馬昭が寿春城を陥し、諸葛誕を斬る。

3月、詔を下し、大将軍の司馬昭が諸葛誕の反乱を鎮圧した功を称え、本営を置いていた「丘頭(きゅうとう)」を「武丘(ぶきゅう)」と改める。

5月、大将軍の司馬昭を「相国」に任じたうえ、「晋公(しんこう)」に封じて領邑(りょうゆう)8郡を与え、九錫(きゅうせき)を加えようとする。しかし、司馬昭が前後9度にわたって辞退したため沙汰やみになる。

6月、詔を下す。先(218年)に南陽郡(なんようぐん)の山賊が騒動を起こし、もとの太守(たいしゅ)の東里袞(とうりこん)を人質にしようとした際、功曹(こうそう)の応余(おうよ)が東里袞を守り命を落とした件に触れ、「応余の孫の応倫(おうりん)を官吏に取り立て、応余の忠節に殉じた賞を受けさせるように。この処置を司徒に命ずる」というもの。

6月、先の淮南討伐(諸葛誕の反乱鎮圧)における功績の査定を命じ、それぞれに格差をつけて爵位や恩賞を授ける。

8月、詔を下し、三代(夏・殷〈いん〉・周〈しゅう〉)の例に則り「三老(さんろう)」と「五更(ごこう)」の官を設置することにし、関内侯(かんだいこう)の王祥(おうしょう)を「三老」に、同じく関内侯の鄭小同(ていしょうどう)を「五更」に、それぞれ任ずる。曹髦は大勢の臣下をひきい、自らその儀式を執り行った。

8月、驃騎将軍の王昶を「司空」に任ずる。

9月、呉の孫亮(そんりょう)が廃位される。

10月、呉の孫休(そんきゅう)が帝位に即く。

この年、頓丘(とんきゅう)・冠軍(かんぐん)・陽夏(ようか)の3県にある井戸の中に、青い龍と黄色い龍が続けて現れた。

この年、曹璜(そうこう。曹奐)を安次県(あんじけん)の「常道郷公」に封じた。

-259年(19歳)-
1月、寧陵県(ねいりょうけん)の井戸の中に2匹の黄色い龍が現れる。

6月、司空の王昶が死去。

7月、陳留王(ちんりゅうおう)の曹峻(そうしゅん)が薨去。

10月、新城郡(しんじょうぐん)を分割し、再び「上庸郡(じょうようぐん)」を設置。

11月、車騎将軍の孫壱が女中(じょちゅう)に殺害される。

-260年(20歳)-
1月、日食が起こる。

4月、詔を下し、先に沙汰やみとなっていた命令を実施させ、大将軍の司馬昭を「相国」に任じたうえ、「晋公」に封じて九錫を加えようとする。しかし、またも司馬昭は固辞する。

5月、洛陽で崩御。

管理人「かぶらがわ」より

曹髦は先代の曹芳とは異なり、より積極的に実権を取り戻そうと動いたため痛ましい最期を迎えることになりました。

学問に熱心で、学者たちと議論を戦わせるほどの聡明さを備えていた曹髦でしたが、司馬氏を抑え込めるような腹心もおらず、すでに大勢は決していた感があります。悲愴(ひそう)な決起ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】