孫氏(そんし)A ※曹操(そうそう)の妻

【姓名】 孫氏(そんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の側室、孫姫(そんき)

父母ともに不詳。曹操との間に曹子上(そうしじょう)・曹彪(そうひゅう)・曹子勤(そうしきん)を儲けた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・臨邑殤公子上伝〈りんゆうしょうこうしじょうでん〉)によると、「曹子上は早くに亡くなり跡継ぎがいなかった」ということです。

それに続く「楚王彪伝(そおうひゅうでん)」には、「249年に兗州刺史(えんしゅうしし)の令狐愚(れいこぐ)が太尉(たいい)の王淩(おうりょう)と共謀し、曹彪を擁立しようと企んだ」とあり、曹芳(そうほう)から厳しく責任を問われた曹彪は、251年に自殺して果てることになります。

ただ、妃と子どもたちはみな刑を赦されて平民とされ、平原(へいげん。地名)に移住させられました。

さらに、それに続く「剛殤公子勤伝(ごうしょうこうしきんでん)」によると、「曹子勤も早くに亡くなり跡継ぎはいなかった」ということでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました