陳氏(ちんし)A ※曹操(そうそう)の妻

【姓名】 陳氏(ちんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 ?

【生没】 ?~218年?(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の側室、陳妾(ちんしょう)

父母ともに不詳。曹操との間に曹幹(そうかん。曹良〈そうりょう〉)を儲けた。陳氏は曹幹が3歳のときに亡くなったため、代わって王氏(おうし)が曹幹を養育したという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・趙王幹伝〈ちょうおうかんでん〉)によれば、曹幹を養育した王氏が曹操の寵愛を受けていたうえ、曹丕(そうひ)を世継ぎとすることにも尽力したので、曹幹が、曹操・曹丕・曹叡(そうえい)から目をかけられていた様子がうかがえます。

陳氏が曹幹(曹良)を生んだことについては「趙王幹伝」の本文に書かれておらず、裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるものです。

それには、「曹良(曹幹)が生まれたあと生母の陳氏は亡くなった。そこで曹操は王氏に彼を養育させた」とあり、さらに「曹操は病が重くなったとき、太子(たいし)の曹丕に遺令を与えた。『この子は3歳で母を亡くし、5歳で父をも亡くすことになる。この子を頼むぞ』」ともあり、「そのため曹丕はほかの弟たちより曹良(曹幹)に目をかけた」ともあります。

曹操が崩じたのは220年ですから、そこから逆算すると曹幹が216年に生まれたことや、陳氏が218年に亡くなったことが想定されます。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました