曹昂(そうこう)

【姓名】 曹昂(そうこう) 【あざな】 子脩(ししゅう)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~197年(?歳)

【吉川】 第064話で初登場。
【演義】 第016回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・豊愍王昂伝(ほうびんおうこうでん)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の異母兄、豊愍王

父は曹操、母は劉氏(りゅうし。劉夫人〈りゅうふじん〉)。

同母弟には曹鑠(そうしゃく)がおり、曹氏(清河長公主〈せいかちょうこうしゅ〉)も同母姉妹。

曹昂は劉氏が早くに亡くなったため、曹操の最初の妻である丁氏(ていし)に養育され、20歳のとき孝廉(こうれん)に推挙された。

197年、曹操の張繡(ちょうしゅう)討伐に付き従い戦死。息子はいなかった。

のち221年になり豊悼公(ほうのとうこう)の諡号(しごう)を追贈された。

翌222年、樊安公(はんあんこう)の曹均(そうきん)の息子である曹琬(そうえん)が跡を継ぎ中都公(ちゅうとこう)に封ぜられた。曹琬は同年に長子公(ちょうしこう)に移封された。

その後、224年には豊悼王(ほうのとうおう)、229年には豊愍王と、それぞれ諡号が改められた。

254年、曹琬が曹昂の爵位を継ぎ豊王に封ぜられた。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書・武帝紀〈ぶていぎ〉)と裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』や郭頒(かくはん)の『世語(せいご。魏晋世語〈ぎしんせいご〉)』には、「197年、張繡は宛(えん)で曹操に降伏したが、あとでそれを悔やみ再び背いた。曹操は張繡と戦ったものの敗れ、流れ矢に当たり負傷した。この際、息子の曹昂と甥の曹安民(そうあんみん)が戦死した」とあり、これは「武帝紀」の記事。

「このとき曹操は『絶影(ぜつえい)』という名の馬に乗っていたが、流れ矢に当たり頰と足を負傷。また、別の矢が右ひじにも当たった」ともあり、これは(王沈の)『魏書』の記事。

また、「曹昂は馬に乗れなくなったため曹操に自分の馬を譲った。そのおかげで曹操は逃れることができたが、曹昂は戦死してしまった」ともあり、これは『世語(魏晋世語)』の記事。

曹昂はきっと性格のいい人だったのですね……。しかし、よくわからなかったのが以下の『三国志』(魏書・張繡伝)の記事。

「いったん背いた張繡だったが、200年に曹操が官渡(かんと)で袁紹(えんしょう)と対峙していたとき、配下の賈詡(かく)の計に従い再び降伏した。曹操は到着した張繡の手を取って喜び、歓迎の宴会を催した。さらに、張繡の娘を自分の息子である曹均の妻に迎えたうえ、張繡には揚武将軍(ようぶしょうぐん)の位を授けた」とあるのです。

あれ? 197年に曹昂が戦死したあと、222年に曹均の息子の曹琬が曹昂の跡を継いだのでは――。だとすると、曹琬は張氏(張繡の娘)の生んだ子の可能性もあるのでは? ここはちょっと引っかかります。何だか意味ありげですよね。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました