曹鑠(そうしゃく)

【姓名】 曹鑠(そうしゃく) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・相殤王鑠伝(しょうしょうおうしゃくでん)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹操(そうそう)の息子で曹丕(そうひ)の異母弟? 相殤王

父は曹操、母は劉氏(りゅうし。劉夫人〈りゅうふじん〉)。

同母兄には曹昂(そうこう)がおり、曹氏(清河長公主〈せいかちょうこうしゅ〉)も同母姉妹。息子の曹潜(そうせん)は跡継ぎ。

曹鑠は早くに亡くなり、229年に相殤王(しょうのしょうおう)の諡号(しごう)を追贈された。

233年になり息子の曹潜が跡を継いだものの、同年に薨去(こうきょ)した。

翌234年に曹潜の息子の曹偃(そうえん)が跡を継ぎ、このときの封邑(ほうゆう)は2,500戸だった。

ところが、236年に曹偃が薨去。曹偃には息子がなく封国は没収された。

その後、255年になり、楽陵王(らくりょうおう)の曹茂(そうぼう)の息子である陽都郷侯(ようときょうこう)の曹竦(そうしょう)が、曹鑠の跡継ぎとして立てられた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

しかし、引っかかるところは多かったです。本伝を見た限りでは、曹潜の跡を継いだ曹偃が、曹鑠の息子(つまり曹潜の弟)なのか曹潜の息子なのかがイマイチわかりにくい。

『三国志全人名事典』(『中国の思想』刊行委員会編著 徳間書店)を見ると、「曹偃は曹潜の子」とありました。ですが、同書の「曹氏系譜」を見ると、曹偃は曹潜の下(息子)ではなく、隣(弟?)に置かれていました。

曹鑠の生没年がはっきりしないので想像するのも難しいですが――。曹鑠の同母兄の曹昂が戦死したのは197年のことで、これは確か。また、曹昂は20歳のとき孝廉(こうれん)に推挙されたともあるので、戦死時に20歳以上だったことも確か。

で、曹昂は生母の劉氏(曹鑠の生母でもある)が早くに亡くなったため、曹操の最初の妻である丁氏(ていし)に養育されたという。曹鑠も丁氏に養育されたのかわかりませんけど……。

でもここで、劉氏は早くに亡くなったとあるとはいえ、少なくとも曹鑠を生んだあと亡くなったことだけはわかりました。

曹鑠は生年に加え没年も不明なので、187年生まれの曹丕の異母兄なのか異母弟なのかも断定できないと思います。

上では一応「曹丕の異母弟?」としてみましたが、自信はないです。異母兄と考えたほうが自然なのかもしれません。曹鑠と曹潜は親子でいいわけですが、曹潜と曹偃も親子とみていいのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました