潘璋(はんしょう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 潘璋(はんしょう) 【あざな】 文珪(ぶんけい)

【原籍】 東郡(とうぐん)発干県(はつかんけん)

【生没】 ?~234年(?歳)

【吉川】 第136話で初登場。
【演義】 第038回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・潘璋伝』あり。

関羽(かんう)らの捕縛で大功を立てる

父母ともに不詳。潘平(はんぺい)という息子がいた。

潘璋は孫権(そんけん)が「陽羨県長(ようせんけんのちょう)」を務めていたとき、目通りを願い出て配下に加わる。彼は気ままで酒を好んだものの、貧しかったためいつもツケで酒を買う。掛け取りが家まで押しかけると、いずれ金持ちになったら返すと言っていた。

孫権が「陽羨県長」に任ぜられたのは196年のこと。

孫権は潘璋には見どころがあるとしてかわいがり、彼に兵士を募らせ100余人が集まると、そのまま部隊を指揮させる。潘璋は山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)の不服従民の討伐で功を立て「別部司馬(べつぶしば)」に任ぜられた。

のち呉県の中央市場の「刺奸(しかん。監督官)」を務めたが、潘璋の働きで市場から盗賊が姿を消す。このことで彼の名が知られるようになり「西安県長(せいあんけんのちょう)」に昇進した。

西安県は劉表(りゅうひょう)の手勢の侵入に悩まされていたが、潘璋の赴任後はそうした動きも見られなくなる。隣の建昌県(けんしょうけん)で反乱が起こると、潘璋はこの県の統治を任され「武猛校尉(ぶもうこうい)」の官位を加えられた。

潘璋は不服従民の討伐を進め、ひと月ほどですべて平定してしまう。離散した者を800人集めると、彼らをひきいて建業(けんぎょう)に戻った。

215年、潘璋は孫権の合肥(ごうひ)遠征に参加。このとき撤退の途中で曹操(そうそう)配下の張遼(ちょうりょう)の急襲を受けたが、孫権側の備えは不十分だったため、陳武(ちんぶ)が戦死したうえ宋謙(そうけん)や徐盛(じょせい)の手勢も逃げ出すありさま。

ここで潘璋が後陣から駆けつけるや、逃げかけている兵士ふたりを斬る。これを見た孫権軍の兵士はみな戻って戦った。孫権は潘璋の勇猛さを高く評価して「偏将軍(へんしょうぐん)」に任じ、「百校(ひゃくこう)」の役を兼ねさせ半州(はんしゅう。九江〈きゅうこう〉付近)に駐屯させた。

219年、孫権が荊州(けいしゅう)の関羽討伐に乗り出すと、潘璋は朱然(しゅぜん)とともに敵の退路を断つべく臨沮(りんしょ)まで進み、夾石(きょうせき)に軍勢をとどめる。

やがて潘璋配下の馬忠(ばちゅう)が関羽と息子の関平(かんぺい)、さらに都督(ととく)の趙累(ちょうるい)らを捕らえた。

孫権は大いに喜び、宜都郡(ぎとぐん)から巫(ふ)と秭帰(しき)の両県を分割して固陵郡(こりょうぐん)を新設し、潘璋を「固陵太守(こりょうのたいしゅ)・振威将軍(しんいしょうぐん)」に任じたうえ「溧陽侯(りつようこう)」に封じた。

その後、甘寧(かんねい)の死去(時期は不明)に伴い、潘璋が甘寧配下の軍勢の指揮を引き継ぐ。

222年、蜀(しょく)の劉備(りゅうび)が夷陵(いりょう)まで侵出すると、潘璋は陸遜(りくそん)と力を合わせ防戦にあたり、潘璋の配下が蜀将の馮習(ふうしゅう)らを討ち取るなど多数の敵兵を死傷させた。この功により、潘璋は「平北将軍(へいほくしょうぐん)・襄陽太守(じょうようのたいしゅ)」に任ぜられた。

この年、魏(ぎ)の曹真(そうしん)や夏侯尚(かこうしょう)らが南郡(なんぐん)を包囲すると、先鋒から3万人を分けて浮橋を作らせ、百里洲(ひゃくりす。長江〈ちょうこう〉の中州)に軍営を設けた。

救援に来た諸葛瑾(しょかつきん)や楊粲(ようさん)も対応を決めかねたが、潘璋は上流から大きな筏(いかだ)を流し、これに火を放ち敵の浮橋を焼き払おうと考える。

筏ができ上がり、長江の増水を待って流そうとしていたとき、この動きを察した魏軍は引き揚げた。のち潘璋は長江を下り、陸口(りくこう)の守備にあたる。

229年、孫権が帝位に即くと、潘璋は「右将軍(ゆうしょうぐん)」に任ぜられた。

234年、潘璋は死去したが、息子の潘平は素行が悪く、会稽郡(かいけいぐん)へ強制移住させられる。それでも潘璋の妻は建業に住むことを許され、田宅や租税免除の小作人50戸を賜ったという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると潘璋は粗暴ながら、配下の者によく禁令を守らせたそうです。功を立てることに熱心で、彼の指揮する数千の兵馬が、まるで1万の兵馬のごとき働きを見せたのだとも。

加えて利に聡(さと)い一面も持ち合わせ、ある討伐が一段落すると自軍の管理する市場を開設し、ほかの軍へ不足品を供給する役割も担ったという。

一方で潘璋はぜいたくを好み、晩年にはそうした傾向がますます強まり、身分不相応な衣服を用いるようになります。それどころか、役人や兵士の中に比較的豊かな者がいれば殺害して財物を奪うなど、たびたび法を犯しました。

担当官吏がこの件を採り上げ上奏したこともありましたが、孫権は潘璋の功績を考慮し、いつも不問に付していたのだと。潘璋が大功を立てたのは間違いないのですけど、さすがにこれはお目こぼしの度が過ぎるのでは……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】