NHK Eテレで放送中の「100分 de 名著」で陳寿(ちんじゅ)の『三国志』が採り上げられます

【この記事をシェアする】

「100分 de 名著」とは現在「NHK Eテレ」で放送されている番組で、タイトル通り古今の名著を100分(25分×4回)で紹介するものです。採り上げる名著を研究されている一流の講師が招かれ、ひと味違った切り口のお話が聴けるのも大きな魅力。

以前ほどテレビを見なくなりました(見るのはニュースやスポーツ関連、あとはドキュメンタリーとごく一部のアニメぐらい)が、それでも思わず見たくなるような、私にとって数少ない番組のひとつが「100分 de 名著」。

MC(司会)は、タレントの伊集院光(いじゅういん・ひかる)さんと島津有里子(しまづ・ゆりこ)アナウンサー。

この番組で、2017(平成29)年5月期の名著として陳寿の『三国志』が採り上げられる予定だというんですよ(記事冒頭のイメージ画像並みに驚きました)。

そして講師は、早稲田大学文学学術院教授の渡邉義浩(わたなべ・よしひろ)先生。これは見逃せませんね……。

放送予定

正式な放送予定等の情報につきましては、以下の番組サイトでご確認ください(この記事でも大まかな予定ぐらいは追記するつもりです)。

NHK Eテレ「100分 de 名著」番組トップページ

テキストについて

この番組にはテキストがありますので早めに入手しておきたいところです。モノによってはすぐに品薄になったりしますから、くれぐれもご注意を……。逸る管理人は、すでにAmazonで購入予約済みです(笑)。

NHKテキスト「100分 de 名著」 陳寿『三国志』 2017年5月
→ Amazonで見てみる 楽天ブックスで見てみる


※上の画像はAmazonへのリンク(この記事の公開時点〈2017/04/13〉では、まだ表紙画像が表示されていない状態でしたが、ほどなく更新されるものと思います)。

なお、こちらのテキストは「NHK出版の公式サイト」でも取り扱われています。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】