孟光(もうこう)

【姓名】 孟光(もうこう) 【あざな】 孝裕(こうゆう)

【原籍】 河南郡(かなんぐん)洛陽県(らくようけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第278話で初登場。
【演義】 第080回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・孟光伝』あり。

あえて直言を繰り返し、嫌われ役に徹する

父母ともに不詳。

孟光は後漢(ごかん)で「太尉(たいい)」まで昇った孟郁(もういく)の一族で、霊帝(れいてい。在位168~189年)の末年に「講部吏(こうぶり)」となった。

190年、献帝(けんてい)が董卓(とうたく)の意向に従い長安(ちょうあん)への遷都を決めると、孟光は蜀へ逃げ込み、劉焉(りゅうえん)や劉璋(りゅうしょう)から客礼をもって遇された。

孟光は博学で古事に通じており、読んでいない書物などないほどだったが、特に「三史」の研究に注力し、漢の古い制度にも詳しかった。

三史は『史記(しき)』『漢書(かんじょ)』『東観漢記(とうかんかんき)』のこと。

そして『公羊春秋(くようしゅんじゅう)』を好み、『左氏春秋(さししゅんじゅう)』に批判的な立場を取る。来敏(らいびん)と両伝の意義について争うたび、いつも孟光は大声を上げたという。

214年、劉備(りゅうび)が成都(せいと)で劉璋を降すと、孟光は「議郎(ぎろう)」に任ぜられ、許慈(きょじ)らとともに諸制度の整備にあたる。

223年、劉禅(りゅうぜん)が帝位を継ぐと、孟光は「符節令(ふせつれい)」「屯騎校尉(とんきこうい)」「長楽少府(ちょうらくしょうふ)」を経て「大司農(だいしのう)」に昇進。

246年、劉禅が大赦を行うと、孟光は満座の中で大将軍(だいしょうぐん)の費禕(ひい)を責め、恩赦は世が治まっているときに採るべき政策ではないと述べた。

孟光が他人の痛いところをつく際は多くの場合でこのようなやり方だったため、重臣たちの心証が悪く爵位も進まなかった。また、憚(はばか)ることなく直言を繰り返したので、当時の人々から嫌われていたともいう。

のち孟光はある事件に連座して免官され、90余歳で死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

学者にもいろいろなタイプがあると思いますが、孟光は物言う学者でした。相手を問わずに意見をしまくって嫌われ、爵位が進まなかったともありましたけど、偏狭に見える心裏には蜀の行く末を案ずる気持ちが感じられます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】