来敏(らいびん)

【姓名】 来敏(らいびん) 【あざな】 敬達(けいたつ)

【原籍】 義陽郡(ぎようぐん)新野県(しんやけん)

【生没】 ?~?年(97歳)

【吉川】 第278話で初登場。
【演義】 第091回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・来敏伝』あり。

学識と人格の高さは別物

父は来豔(らいえん)だが、母は不詳。来忠(らいちゅう)という息子がいた。

来敏は後漢(ごかん)の来歙(らいきゅう)の後裔(こうえい)で、後漢末の大乱の折、姉に付き従い荊州(けいしゅう)へ避難した。

姉の夫である黄琬(こうえん)が劉璋(りゅうしょう)の祖母の甥にあたったため、劉璋は黄琬の妻に迎えを遣る。このとき来敏も姉とともに蜀へ入り、賓客の待遇を受けた。

来敏は書物を読みあさり『左氏春秋(さししゅんじゅう)』をよくする。特に『三倉(さんそう)』や『広雅(こうが)』の訓詁学(くんこがく)に精通し、文字の校正を好んだという。

214年、劉備(りゅうび)が成都(せいと)で劉璋を降すと、来敏は「典学校尉(てんがくこうい)」に任ぜられる。

219年、劉禅(りゅうぜん)が「王太子(おうたいし)」に立てられると「太子家令(たいしかれい)」に転じた。

ここでは「劉備が(劉禅を)『太子』に立てるに及び…」とだけあり、221年に劉禅が「皇太子(こうたいし)」に立てられたときのことなのかイマイチはっきりしなかった。

223年、劉禅が帝位を継ぐと、来敏は「虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)」に任ぜられた。

227年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が北伐のため漢中(かんちゅう)に進駐した際、来敏は「軍祭酒(ぐんさいしゅ)・輔軍将軍(ほぐんしょうぐん)」となって随行するも、ある事件に関わり辞職した。

234年、諸葛亮が死去した後、来敏は成都へ召し還されて「大長秋(だいちょうしゅう)」に任ぜられたが、またも免職となる。のち再起用され「光禄大夫(こうろくたいふ)」まで昇ったものの、過失によりみたび退けられた。

その後、改めて「執慎将軍(しっしんしょうぐん)」に任ぜられたが、この称号には来敏に官位の重さを自覚させ、自戒の気持ちを抱かせたいとの思いが込められていたという。

来敏は景耀(けいよう)年間(258~263年)に97歳で死去した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、来敏がたびたび免職や降格の処分を受けたのは、彼の言葉に節度がなく、普通の人と挙動が異なっていたからだという。

それでも来敏が名家の出身で、劉禅が東宮(とうぐう)にいたころの臣下でもあったため、免職となっても再起用されたのだとか。学識の高さと人格の高さというのは必ずしも比例しないものなのですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】