向朗(しょうろう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 向朗(しょうろう) 【あざな】 巨達(きょたつ)

【原籍】 襄陽郡(じょうようぐん)宜城県(ぎじょうけん)

【生没】 ?~247年(?歳)

【吉川】 第199話で初登場。
【演義】 第063回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・向朗伝』あり。

80歳を超えても衰えぬ向学心

父母ともに不詳。向寵(しょうちょう)と向充(しょうじゅう)は甥。息子の向条(しょうじょう)は跡継ぎ。

向朗は若いころ司馬徽(しばき)に師事し、徐庶(じょしょ)・韓嵩(かんすう)・龐統(ほうとう)らとも親しかった。やがて荊州牧(けいしゅうぼく)の劉表(りゅうひょう)に仕え「臨沮県長(りんしょけんのちょう)」を務める。

そして、208年に劉表が死去すると劉備(りゅうび)に帰服した。この年、劉備が江南(こうなん)を平定すると、向朗は秭帰(しき)・夷道(いどう)・巫(ふ)・夷陵(いりょう)の4県の軍事と民政を統括。

214年、劉備が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降した後、向朗は「巴西太守(はせいのたいしゅ)」「牂牁太守(そうかのたいしゅ)」「房陵太守(ぼうりょうのたいしゅ)」を歴任する。

223年、劉禅(りゅうぜん)が帝位を継ぐと向朗は「歩兵校尉(ほへいこうい)」となり、王連(おうれん)に代わって「丞相長史(じょうしょうちょうし)」を務めた。

225年、丞相の諸葛亮(しょかつりょう)が南征に赴くと、向朗は成都にとどまり丞相府の業務を取り仕切る。

227年、向朗は諸葛亮に付き従い漢中(かんちゅう)へ行く。

翌228年、諸葛亮が軍勢をひきいて祁山(きざん)に向かうと、魏延(ぎえん)や呉壱(ごいつ。呉懿〈ごい〉)ら老練な将軍(しょうぐん)ではなく、馬謖(ばしょく)を先鋒に抜てきする。

ところが馬謖は街亭(がいてい)で魏(ぎ)の張郃(ちょうこう)に撃破され、配下の兵士は散りぢりになってしまう。諸葛亮も進軍を諦め漢中へ引き返した。

このとき馬謖は逃亡を図ったが、向朗は同郷で日ごろから彼と仲も良かったため、事情を知りつつ黙認する。このことで諸葛亮の不興を買い、免官のうえ成都へ送り還された。

結局、馬謖は投獄された末に死去した。しかし数年後、向朗のほうは「光禄勲(こうろくくん)」に任ぜられる。

234年、諸葛亮が死去したあと向朗は「左将軍(さしょうぐん)」に転じ、これまでの功績を採り上げられて「顕明亭侯(けんめいていこう)」に封ぜられ「特進(とくしん。三公に次ぐ待遇)」の位を賜った。

247年、向朗は死去し、息子の向条が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、向朗は若いころから幅広い学問を修めたものの、品行を整えようとせず、あくまで実務能力をもって評価されたといい、馬謖の件で「丞相長史」を辞めさせられた後はゆったりと過ごすようになったそう。

そして改めて典籍の研究に没頭し、80歳を超えてなお書物の校勘を続け、それらの誤謬(ごびゅう)を訂正したのです。また熱心に書物を収集したので、当時としては最大の蔵書規模を誇ったのだとも。

向朗は門戸を開き賓客と接し、後進を導きましたが、ただ古代の道義を説くだけで時事には触れず、そのような態度によって評価を受けます。上は政治に携わるような者から下は子どもに至るまで、みな彼を敬い尊重したということでした。

馬謖の逃亡を本当に黙認したのなら、その後の向朗の処遇には謎が残りますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】