尹黙(いんもく) ※あざなは思潜(しせん)

【姓名】 尹黙(いんもく) 【あざな】 思潜(しせん)

【原籍】 梓潼郡(しとうぐん)涪県(ふうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第247話で初登場。
【演義】 第080回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・尹黙伝』あり。

スポンサーリンク

『左氏春秋(さししゅんじゅう)』に精通した学者

父母ともに不詳。尹宗(いんそう)という息子がいた。

益州(えきしゅう)には今文(きんぶん)の学(秦代〈しんだい〉以降の新字体のテキストを用いる解釈学)を貴ぶ者が多く、文字の正確な読み方や文章の区切りについては重視しない風潮があった。

尹黙はそうした学問に不足を感じ、荊州(けいしゅう)へ遊学して司馬徽(しばき)や宋忠(そうちゅう)らから古文の学(蝌蚪〈かと。古代文字〉や大篆〈だいてん。篆書の一種〉で書かれたテキストを用いる解釈学)を教わる。こうしてあらゆる経書や史書に通じたが、特に『左氏春秋』の研究に注力した。

劉歆(りゅうきん)の「条例(じょうれい。『左伝』の凡例を述べたもの)」を始め、鄭衆(ていしゅう)・賈徽(かき)・賈逵(かき)・陳元方(ちんげんほう)・服虔(ふくけん)の注説に至るまでほぼ暗唱でき、書物を調べ直す必要がなかったという。

214年、劉備(りゅうび)が成都(せいと)で劉璋(りゅうしょう)を降して益州牧(えきしゅうのぼく)を兼ねると、尹黙は勧学従事(かんがくじゅうじ)に任ぜられる。

219年、劉禅(りゅうぜん)が王太子(おうたいし)に立てられると、尹黙は太子僕(たいしぼく)に転じ『春秋左氏伝』を教授した。

ここでは「劉備が(劉禅を)太子に立てるに及び……」とだけあり、221年に劉禅が皇太子(こうたいし)に立てられたときのことなのかイマイチはっきりしなかった。

223年、劉禅が帝位を継ぐと、尹黙は諫議大夫(かんぎたいふ)に任ぜられた。

227年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が北伐のため漢中(かんちゅう)に進駐した際、尹黙も軍祭酒(ぐんさいしゅ)として随行する。

234年、諸葛亮の陣没後、尹黙は成都へ帰り太中大夫(たいちゅうたいふ)に任ぜられ、のち死去(時期は不明)した。息子の尹宗が尹黙の学問を伝え、やがて博士(はくし)になったという。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

尹黙への突っ込みどころは特になかったのですけど、劉禅のことが気になりました。劉禅はそれぞれの分野でしかるべき人物に就いて学んだようなのに、そういった分野の逸話がほとんど残っていないのはなぜなのかなと……。

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました