周魴(しゅうほう)

【姓名】 周魴(しゅうほう) 【あざな】 子魚(しぎょ)

【原籍】 呉郡(ごぐん)陽羨県(ようせんけん)

【生没】 ?~237年(?歳)

【吉川】 第287話で初登場。
【演義】 第096回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・周魴伝』あり。

巧妙な手紙を用いて魏(ぎ)の曹休(そうきゅう)をおびき出す

父母ともに不詳。周処(しゅうしょ)という息子がいた。

周魴は若いころから学問を好み、孝廉(こうれん)に挙げられて「寧国県長(ねいこくけんのちょう)」となり、のちに転じて懐安県(かいあんけん)を治める。

銭唐(せんとう)の頭目の彭式(ほうしょく)らが人数を集め略奪を働くと、周魴は「銭唐国相(せんとうこくのしょう)」に任ぜられ、ひと月ほどで彭式と一味を討ち果たす。この功により「丹楊西部都尉(たんようせいぶとい)」に昇進した。

225年、鄱陽(はよう)の頭目の彭綺(ほうき)が反乱を起こし、郡下の城を次々に攻め落とすと、周魴は「鄱陽太守(はようのたいしゅ)」に起用され胡綜(こそう)とともに討伐にあたる。

227年、彭綺を生け捕り身柄を武昌(ぶしょう)へ送ると、周魴は功により「昭義校尉(しょうぎこうい)」の官位を加えられた。

翌228年、孫権(そんけん)から、山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)の旧族や名のある頭目のうち、魏まで知られているような人物とひそかに連絡を取り、魏への内通者を装わせよ、との命令が届く。策を用い、魏の大司馬(だいしば)・揚州牧(ようしゅうぼく)の曹休をおびき寄せようとしたものだった。

このとき周魴は山越を使わず、自分の身内に7通の手紙を届けさせ、自ら曹休をおびき寄せたいと考える。その旨をひそかに上表したところ、孫権も彼の献策を認めた。

曹休は周魴の言い分を信じ、歩騎10万をひきいて皖(かん)まで進む。周魴は軍勢を総動員し、陸遜(りくそん)に付き従い魏軍の側面を攻める。その結果、魏軍は石亭(せきてい)で大敗を喫し、戦死したり捕虜となった者が1万を超えた。

実は周魴が孫権に献策を行ったころ、たびたび中央から郎官が遣わされ、詔(みことのり)をもって郡内の諸問題に関する詰問を受けていた。そこで周魴は郡府の門前で剃髪(ていはつ)し、謝罪の意思を示す。曹休はこの話を伝え聞いていたので、周魴の言い分を疑わなかったのだという。

呉軍が凱旋(がいせん)すると盛宴が催され、周魴は「裨将軍(ひしょうぐん)」に任ぜられたうえ「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられた。

のち不服従民の頭目の董嗣(とうし)が険阻に拠り略奪を働き、豫章(よしょう)と臨川(りんせん)の両郡が被害を受ける。吾粲(ごさん)と唐咨(とうし)が3千の兵をひきいて討伐にあたったものの、数か月を経ても鎮定できずにいた。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)によると、「臨川郡は孫亮(そんりょう)の太平(たいへい)2(257)年に初めて立てられたもので、この当時はなかった」という。確かに『三国志』(呉書・孫亮伝)には、257年春、孫亮が豫章郡の東部を分割し「臨川郡」を新設したとの記事が見える。

そこで周魴が上表し、いったん軍事行動は取りやめ、この件の処置を一任してほしいと願い出る。これが許可されると、周魴は策を授けた間諜(かんちょう)を遣り、隙をうかがい董嗣を暗殺させた。

董嗣の弟は恐れおののき、武昌まで出てきて陸遜に降伏し、今後は平地にあって行いを改めたいと申し出る。それ以降、周辺の数郡は平穏になった。

237年、周魴は「鄱陽太守」として在任すること13年目に死去。彼は信賞必罰の方針を貫いたため、その威厳と恩愛は郡内に広く行き渡ったという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には、周魴が曹休に届けさせた7通の手紙の全文が引用されていました。どれだけ魏への帰順を熱望しているかを訴えたもの、最近受けた理不尽な譴責(けんせき)について述べたもの、同調者に与えるための印綬(いんじゅ)を求めるものなどです。

これらはいずれも曹休を動かすに足る内容だったのでしょうが、彼ほどの魏の重鎮に頼りになる参謀がいなかったのだろうか? とも思いました。あまりにも見事にハマりすぎた感じがしますからね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】