劉氏(りゅうし)K ※劉禅(りゅうぜん)の娘

【姓名】 劉氏(りゅうし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 涿郡(たくぐん)涿県(たくけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第117回で初登場。
【正史】 登場人物。

蜀(しょく)の劉禅(りゅうぜん)の娘

父は劉禅だが、母は不詳。

劉璿(りゅうせん)・劉瑶(りゅうよう)・劉ソウ(りゅうそう。王+宗)・劉瓚(りゅうさん)・劉シン(りゅうしん。言+甚)・劉恂(りゅうじゅん)・劉虔(りゅうけん。劉璩〈りゅうきょ〉)は兄弟。ほかに姉妹がふたりはいたことがうかがえる。

劉氏は、諸葛亮(しょかつりょう)の息子の諸葛瞻(しょかつせん)に嫁いだ。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・諸葛亮伝)に付された「諸葛瞻伝」によると、諸葛瞻は17歳のときに公主(こうしゅ)を娶り、「騎都尉(きとい)」に任ぜられたということです。

同じく「諸葛瞻伝」に出てくる、234年に諸葛亮が武功(ぶこう)へ出陣した際、兄の諸葛瑾(しょかつきん)に送ったという手紙の中に、諸葛瞻が8歳であることが書かれています。

そうなると諸葛瞻は227年生まれということになり、彼に嫁いだ劉氏の生年もある程度は想像できると思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】