孫嘿(そんもく)

【姓名】 孫嘿(そんもく) 【あざな】 ?

【原籍】 ?

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

呉(ご)の孫亮(そんりょう)配下の中書令(ちゅうしょれい)

父母ともに不詳。呉の孫権(そんけん)の一族なのか不明。

253年4月、諸葛恪(しょかつかく)が魏(ぎ)の合肥新城(ごうひしんじょう)を包囲。しかし、このとき疫病が大流行したため呉の兵士の大半が死んでしまった。

同年8月、諸葛恪は帰還を促す孫亮の詔(みことのり)を受け、ようやく軍勢を返す。

孫嘿は、諸葛恪が都に帰るなり呼び出され、「なぜ詔をでっちあげてまで帰還を促したりしたのか?」と激しく叱責された。すると孫嘿は病を理由に屋敷に引きこもってしまったという。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事(広告を含む)

関連記事(広告を含む)

人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました