魏の曹氏人物データ

郭氏(かくし)A ※曹叡(そうえい)の妻、明元郭皇后(めいげんかくこうごう)

【姓名】 郭氏(かくし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 西平郡(せいへいぐん)

【生没】 ?~263年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 第105回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・明元郭皇后伝(めいげんかくこうごうでん)』あり。

スポンサーリンク

魏(ぎ)の曹叡(そうえい)の正室、明元郭皇后

父は郭満(かくまん)、母は杜氏(とし)。郭立(かくりゅう)は叔父、郭芝(かくし)は従父(おじ)。

郭家は代々河右(かゆう。現在の甘粛〈かんしゅく〉・青海〈せいかい〉両省の黄河〈こうが〉以西の地域)の豪族だった。黄初(こうしょ)年間(220~226年)に西平郡で反乱が起こったため、身分を剝奪された郭氏は後宮に入れられた。

曹叡の即位後に寵愛を受け夫人(ふじん。女官の位)となり、238年に曹叡が危篤に陥った際、ついに皇后に立てられた。

翌239年に曹芳(そうほう)が即位すると皇太后(こうたいごう)として尊ばれ、永寧宮(えいねいきゅう)と呼ばれた。

こののち曹髦(そうぼう)を経て曹奐(そうかん)の時代まで存命し、263年に崩御(ほうぎょ)。翌264年に高平陵(こうへいりょう。曹叡の陵)の西に葬られた。

スポンサーリンク

管理人「かぶらがわ」より

この郭氏が皇太后となってから、魏では249年に正始(せいし)の政変(司馬懿〈しばい〉によるクーデター)があり、255年には毌丘倹(かんきゅうけん)・文欽(ぶんきん)の反乱。

そして257年には諸葛誕(しょかつたん)の反乱と、これに絡む曹髦の親征。さらに263年には蜀(しょく)の劉禅(りゅうぜん)の降伏といった出来事がありました。

司馬懿やその息子の司馬師(しばし)・司馬昭(しばしょう)は、重要な局面において郭氏の命令(と称するもの)を効果的に使い、実権を固めていきました。

また255年の反乱では、毌丘倹と文欽が郭氏の命令を奉じて司馬師を討伐すると称しており、郭氏の死後である264年に蜀で反乱を起こした鍾会(しょうかい)も、郭氏の遺令を奉じて司馬昭を討伐すると称しています。生前も死後も、都合よく使われまくってますね……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
このページをシェアする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※下部にある「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました