桓階(かんかい)

【姓名】 桓階(かんかい) 【あざな】 伯緒(はくしょ)

【原籍】 長沙郡(ちょうさぐん)臨湘県(りんしょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第034話で初登場。
【演義】 第007回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・桓階伝』あり。

曹丕(そうひ)を推し続け、曹操(そうそう)父子の信任を得る。安楽郷貞侯(あんらくきょうのていこう)

父は桓勝(かんしょう)だが、母は不詳。桓超(かんちょう)は祖父。桓彝(かんい)と桓纂(かんさん)は弟(どちらが年長なのかは不明)。桓祐(かんゆう)と桓嘉(かんか)を始めとし、ほかにも息子がいたことがうかがえる。

桓階は初め郡の「功曹(こうそう)」を務めた。長沙太守(ちょうさたいしゅ)の孫堅(そんけん)により孝廉(こうれん)に推挙され「尚書郎(しょうしょろう)」となったものの、父の死に遭い郷里へ帰る。

192年(もしくは191年)、孫堅が襄陽(じょうよう)の劉表(りゅうひょう)を攻めて戦死すると、桓階は危険を冒し劉表のもとへ赴き、孫堅の遺体を乞い受けた。

199年、曹操と袁紹(えんしょう)が官渡(かんと)で対峙(たいじ)すると、劉表は荊州(けいしゅう)を挙げて袁紹に呼応した。桓階は長沙太守の張羨(ちょうせん)に、劉表に同調せず曹操に付くよう勧める。

同意した張羨は、長沙および近隣の3郡(武陵〈ぶりょう〉・零陵〈れいりょう〉・桂陽〈けいよう〉)をこぞって劉表に抵抗。曹操は非常に喜んだものの、まだ袁紹との戦が続いていて南進できずにいた。そのうち劉表の急襲を受け張羨が病死。長沙が陥落すると桓階は身を隠した。

しばらく経つと桓階は劉表に召され「従事祭酒(じゅうじさいしゅ)」に任ぜられる。さらに劉表から妻の妹の蔡氏(さいし)を娶るよう言われたが、すでに結婚しているとして拒否し、これを機に病気を理由に退官。

208年、曹操が荊州を平定すると、かつて桓階が張羨のために策を立てていたことを聞き、召し出して「丞相掾主簿(じょうしょうえんしゅぼ)」に任ずる。のち「趙郡太守(ちょうぐんのたいしゅ)」に昇進。

213年、魏が建国されると、桓階は「虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)・侍中(じちゅう)」となる。このころ「太子(たいし)」は決まっておらず、臨菑侯(りんしこう。214~221年)の曹植(そうしょく)が寵愛を受けていた。

しかし桓階は、五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう。211~217年)の曹丕の徳をたたえ、年齢も上であるから「太子」とすべきだと繰り返し上言。これは公の席での忠言だったり、内密の諫言だったりしたが、前後にわたり懇切を極めるものだったという。

また、毛玠(もうかい)や徐奕(じょえき)は剛直なため仲間が少なく、西曹掾(せいそうえん)の丁儀(ていぎ)によく思われていなかった。たびたび丁儀は彼らの欠点をあげつらったが、桓階が弁護することでふたりの安全を保っていた。

桓階は他人の美点を後押しして伸ばし、欠点を矯正し補うことが多かった。そのうち「尚書」に昇進し官吏の選抜を担当する。

219年、樊城(はんじょう)の曹仁(そうじん)が劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)に包囲されると、曹操は徐晃(じょこう)を救援に差し向けたが、なお包囲は解けなかった。

曹操は自ら南方へ赴こうと考え、群臣の意見を求める。みな賛成したが、桓階だけは、王(曹操)が六軍(りくぐん。天子〈てんし〉の軍)を押さえて余力を示されれば十分だと言う。そこで曹操は摩陂(まひ)に軍勢をとどめ、結局は関羽らも包囲を解いて引き揚げた。

翌220年、曹丕が帝位に即くと、桓階は「尚書令(しょうしょれい)」に昇進。「高郷亭侯(こうきょうていこう)」に封ぜられたうえ「侍中」の官位も加えられる。

桓階が病気になると、曹丕は自ら見舞って励ます。

「安楽郷侯(あんらくきょうこう)」に移封され封邑(ほうゆう)600戸を賜る。併せて桓階の3人の息子が「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられ、先に病没した嗣子の桓祐にも「関内侯」の爵位が追贈された。

やがて桓階が危篤に陥ると、曹丕は病床に勅使を遣わし「太常(たいじょう)」に任命。彼が死去(時期は不明)すると涙を流し、「貞侯(ていこう)」と諡(おくりな)した。息子の桓嘉が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

もし曹丕ではなく曹植のほうが「太子」になっていたら、漢(かん)の滅亡は少しだけ延びていたかもしれません。ただ、曹丕との間で暗闘が繰り広げられるのは確実ですから、魏の弱体化も早まったのでしょう。

群雄の跡継ぎ問題では両派に分かれての争いがよく見られますけど、やはり曹操は袁紹や劉表とは違いますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】