陳羣(ちんぐん)A ※陳寔(ちんしょく)の孫

【姓名】 陳羣(ちんぐん) 【あざな】 長文(ちょうぶん)

【原籍】 潁川郡(えいせんぐん)許昌県(きょしょうけん)

【生没】 ?~236年(?歳)

【吉川】 第182話で初登場。
【演義】 第058回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・陳羣伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹氏(そうし)3代(曹操〈そうそう〉・曹丕〈そうひ〉・曹叡〈そうえい〉)に仕えた人格者、潁陰靖侯(えいいんのせいこう)

父は陳紀(ちんき)だが、母は不詳。陳寔(ちんしょく)は祖父。陳諶(ちんしん)は叔父。息子の陳泰(ちんたい)は跡継ぎで、ほかにも息子がいたことがうかがえる。

194年、陳羣は豫州刺史(よしゅうしし)の劉備(りゅうび)に召され別駕(べつが)を務めた。この年、陶謙(とうけん)が病死し、徐州(じょしゅう)は劉備を迎えようとする。

陳羣は、いまだ袁術(えんじゅつ)が強力であるとし、東方へ行けば必ず戦争になると指摘。そのとき呂布(りょふ)に背後から襲われれば、たとえ将軍(しょうぐん。劉備)が徐州を手に入れても決して事は成功しないと忠告した。

だが、劉備は聞き入れずに徐州へ行き、196年には袁術と戦うことになる。すると呂布が下邳(かひ)を襲撃し、袁術も兵を出して助けたため、劉備軍は大破されてしまう。劉備は陳羣の忠告を容れなかったことを悔やんだという。

のち陳羣は茂才(もさい)に推挙され、柘県令(しゃけんのれい)に任ぜられたものの就任せず、父の陳紀に付いて徐州へ避難した。

198年、曹操が下邳で呂布を処刑すると、陳羣を召し出し司空西曹掾属(しくうせいそうえんぞく)に任ずる。

曹操が司空を務めていた期間は196~208年。

その後、陳羣は蕭県令(しょうけんのれい)、賛県令(さんけんのれい)、長平県令(ちょうへいけんのれい)を歴任し、父が亡くなったことから官を離れた。

やがて司徒掾(しとのえん)として再び登用されたが、好成績によって推挙され治書侍御史(ちしょじぎょし)となり、参丞相軍事(さんじょうしょうぐんじ)に転じた。

曹操が丞相を務めていた期間は208~220年。

213年、魏が建国された後、陳羣は御史中丞(ぎょしちゅうじょう)に昇進。

このころ曹操が肉刑(身体を傷つけたり切断したりする刑)の復活を論ずる。陳羣は、殺人の罪による死刑はやむを得ないが、そのほかに死刑判決を受ける罪については減刑すべきだとして、現在の鞭(むち)で打ち殺す法による死刑以外の刑罰の代用をやめ、肉刑をもってこれに代えるよう主張。

鍾繇(しょうよう)は賛成したが、王朗(おうろう)ら多くの者は、まだ肉刑を用いるべきではないとの意見を述べた。曹操は陳羣や鍾繇の考えに深い賛意を表したものの、軍事行動も終わっていないからと、多数派の意見を顧慮してひとまず沙汰やみとした。

陳羣は侍中(じちゅう)に転じ、丞相の東西の曹掾を配下に置く。彼は朝廷において好悪で判断することがなく、いつも名誉と道義に依拠し、道義に外れたことを人に押しつけなかった。王太子(おうたいし。217~220年)の曹丕から深い敬意をもって重んぜられ、友人としての礼遇を受けた。

220年2月、曹丕が魏王(ぎおう)を継ぐと、陳羣は昌武亭侯(しょうぶていこう)に封ぜられ尚書(しょうしょ)に転ずる。

同年10月、曹丕が帝位に即くと、尚書僕射(しょうしょぼくや)に昇進し侍中の官位を加えられた。

この年、曹丕は「九品官人法(きゅうひんかんじんほう)」を施行したが、これは陳羣の建議にかかるものだった。のち尚書令(しょうしょれい)に昇進し潁郷侯(えいきょうこう)に爵位が進む。

224年9月、曹丕が孫権(そんけん)討伐のため広陵(こうりょう)まで親征した際、陳羣は中領軍(ちゅうりょうぐん)を兼ねる。また、曹丕の帰還時には節(せつ。権限を示すしるし)を賜り水軍を統率した。

同年10月、曹丕が許昌に帰還。

翌225年、陳羣は鎮軍大将軍(ちんぐんだいしょうぐん)に任ぜられ中護軍(ちゅうごぐん)を兼ね、尚書の事務も取り扱うこと(行尚書事〈こうしょうしょじ〉)になる。

翌226年1月、曹丕が洛陽(らくよう)に還幸。

同年5月、曹丕の病が重くなると、陳羣は曹真(そうしん)や司馬懿(しばい)らとともに遺詔を受け、政治を補佐することになる。この月のうちに曹丕は崩じ、曹叡が帝位を継ぐ。陳羣は潁陰侯に爵位が進み、500戸の加増を受ける。以前と合わせ封邑(ほうゆう)は1,300戸となった。

さらに征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の曹休(そうきゅう)、中軍大将軍(ちゅうぐんだいしょうぐん)の曹真、撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)の司馬懿とともに、独自に府(役所)を開設し属官を置くことが許された。

同年12月、陳羣は司空に昇進し、引き続き尚書の事務も取り扱う。

太和(たいわ)年間(227~233年)、曹真が上奏文を奉り、数本の道から蜀(しょく)の討伐に向かい、自身は斜谷(やこく)から進みたいと願い出る。

陳羣は、以前(215年)の張魯(ちょうろ)攻めの折、兵糧が欠乏し苦労したことに触れて熟慮を求めた。このとき曹叡は陳羣の意見に従い、出兵は見合わせとなった。

230年、曹真が再び上奏文を奉り、子午道(しごどう)から蜀へ進みたいと願い出る。

陳羣は不都合を論じ、軍事行動に必要な費用を計算して上言。詔(みことのり)により、陳羣の意見は曹真に下げ渡されたが、同年7月、曹真は出兵を強行する。

ほどなく大雨のため各地で河川が氾濫すると、陳羣は曹真を帰還させるべきだと主張。同年9月、曹叡は詔を下し、曹真に帰還を命じた。

232年、皇女の曹淑(そうしゅく)が生後1年も経たずに亡くなったが、封邑を追贈されたうえ平原懿公主(へいげんのいこうしゅ)と諡(おくりな)される。この際、曹叡に礼の規範を逸脱した行いが目立ち、陳羣らは上奏文を奉り諫めたものの聞き入れてもらえなかった。

青龍(せいりょう)年間(233~237年)、宮殿造営の労役により、民は農耕の時期を奪われる。陳羣は上奏文を奉り、呉(ご)や蜀が滅亡しないうちは国家も安定しないとし、彼らが行動を起こす前に軍事訓練を行ったり農事を奨励したりし、それに備えるのが当然だと指摘。

こうした緊急の事をおき、先に宮殿の造営を行えば民は困苦してしまう。これではどのように敵に対応するのか懸念されると諫めた。曹叡は計画の一部を縮小したものの、宮殿の造営を取りやめることはなかった。

236年、陳羣が死去すると靖侯と諡され、息子の陳泰が跡を継ぐ。曹叡は彼の功績と徳義を思い起こして封邑を分け、別の息子ひとりを列侯(れっこう)に封じた。

管理人「かぶらがわ」より

陳羣は特に曹丕から礼遇され、曹休・曹真・司馬懿とともに後事を託されるほどでしたけど、国家の安定を第一に考えた手堅い進言が目立ちます。そのぶん対外戦略は消極的に見えますが、蜀や呉としては、魏が積極的に動いてくれないと付け入る隙もないのですよね……。

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く王沈(おうしん)の『魏書』によると、たびたび陳羣は政治の得失について密奏したが、封緘(ふうかん)した上奏文を奉るときいつも草稿を破棄したそうで、当時の人々や彼の子弟は内容を知ることができなかったのだと。論者のうちには、陳羣は官にありながら何もせず沈黙していると非難する者もあったという。

のち曹芳(そうほう)の正始(せいし)年間(240~249年)、詔によって群臣の上書を編纂(へんさん)した『名臣奏議(めいしんそうぎ)』が作られると、朝廷の人士は初めて陳羣の諫草(天子〈てんし〉を諫める上奏文の原稿)を見て、みな感嘆したのだとか。陳羣の人柄をよく表した記事だと思います。

そして意外だったのは、彼が初め劉備に仕えていたこと。本伝の記事だけではイマイチわかりにくかったのですが、わずか数年で劉備を見限ったということでしょうか? 別駕と言えば州の次官クラスなのに――。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の重臣 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました