朱拠(しゅきょ)

【姓名】 朱拠(しゅきょ) 【あざな】 子範(しはん)

【原籍】 呉郡(ごぐん)呉県(ごけん)

【生没】 194~250年(57歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・朱拠伝』あり。

正論を主張して孫権(そんけん)に遠ざけられ、報われぬ最期

父母ともに不詳。息子の朱熊(しゅゆう)は跡継ぎで、朱損(しゅそん)も同じく息子。娘の朱氏(しゅし)は孫休(そんきゅう)の正室。妻は孫権の娘の孫魯育(そんろいく。朱公主〈しゅこうしゅ〉)。

朱拠は優れた容貌と腕力を備えており、人との議論にも長けていた。

222年、朱拠は召されて「五官郎中(ごかんろうちゅう)」に任ぜられ、「侍御史(じぎょし)」の職務にあたる。

このころ選曹尚書(せんそうしょうしょ)の曁豔(きえん)は、貪欲な汚職官吏を一掃しようと考えていた。

朱拠は曁豔に意見を述べ、まだ天下が定まっていない現状では、功を立てさせることで過失を補わせ、いくらかの欠点があっても起用し続けるべきだとし、清潔な人物を登用することでそうでない者を発奮させるのがよく、もし性急に(清潔でない者を)降格させたりしたら、のちに災いが起こる恐れがあるとも指摘した。

しかし曁豔は聞き入れず、やがて讒言(ざんげん)に遭い自殺に追い込まれた(224年のこと)。

孫権は部将の力量に不満を感ずるようになり、怒ったりため息をついたりし、かつて活躍した呂蒙(りょもう。219年没)や張温(ちょうおん。230年没)のことを思い起こしていた。

そのうち朱拠が文武の才を兼ね備えており、彼になら呂蒙らの跡を継がせられると考えるようになる。そこで朱拠は「建義校尉(けんぎこうい)」に任ぜられ、兵をひきいて湖熟(こじゅく)に駐屯することになった。

呂蒙はわかるが、230年に死去した張温の名が、なぜここで出てくるのかよくわからず。続く建業(けんぎょう)への遷都後の記事との兼ね合いも微妙な感じ。

229年、孫権が建業に都を遷(うつ)すと、朱拠は召し還されて孫魯育を娶り、「左将軍(さしょうぐん)」に任ぜられたうえ「雲陽侯(うんようこう)」に封ぜられた。

236年、孫権が「大銭(だいせん)」の鋳造を命じ、この大銭ひとつが500銭の価値を持つものと定める。

のちに朱拠の部曲(ぶきょく。私兵)が受け取りに行った3万緡(びん。1緡は銭さしに通した1千枚の銭)を、工人の王遂(おうすい)がだまし取るという事件が起こった。

典校(てんこう)の呂壱(りょいつ)は朱拠の横領を疑い、部曲を拷問にかけ打ち殺してしまう。朱拠は無実の罪で死ぬことになった部曲を哀れみ、手厚く葬った。

すると呂壱が上表し、部曲が朱拠のために黙秘し続けて死んだから、朱拠は手厚く葬ったのだと述べる。これを受け孫権が何度も問責したので、朱拠は弁明できないまま草の上に座って処罰を待った。

数か月後、典軍吏(てんぐんり)の劉助(りゅうじょ)が事の真相をつかみ、王遂が銭をだまし取ったのだと上言する。孫権は朱拠を陥れた呂壱の罪を厳しく問いただし、劉助には褒美として100万銭を下賜した。

246年、朱拠は「驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)」に昇進。

皇太子(こうたいし)の孫和(そんか)と魯王(ろおう)の孫霸(そんは)との間で確執が起こると、朱拠は孫和を擁護して正しい道理を守ろうとしたため「新都郡丞(しんとぐんのじょう)」に左遷された。

250年、朱拠が新都に到着する前、中書令(ちゅうしょれい)の孫弘(そんこう)が讒言(ざんげん)を繰り返し、偽の詔書を使って朱拠に自殺を命ずる。このとき57歳だったという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると朱拠は謙虚な態度で士人に接し、財産を軽んじ施しを好んだため、俸禄や下賜品に恵まれていながら暮らし向きは楽ではなかったそうです。

「驃騎将軍」といえば国の柱のひとりなのに、主君にまともな意見を述べただけで左遷されるとは……。晩年の孫権の自滅ぶりはひどすぎますね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】