張臶(ちょうせん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 張臶(ちょうせん) 【あざな】 子明(しめい)

【原籍】 鉅鹿郡(きょろくぐん)

【生没】 136~240年(105歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・管寧伝(かんねいでん)』に付された「張臶伝」あり。

105歳まで生きた在野の学者

父母ともに不詳。

張臶は若くして太学(たいがく)に学び、讖緯(しんい。前兆や災異などの神秘的な事象の解釈)の学と経典(けいてん)の学とを兼ね備えた。郷里に帰った後、袁紹(えんしょう)から何度も召されたが応じず、上党(じょうとう)へ移住。

ここでも、幷州牧(へいしゅうぼく)の高幹(こうかん)から「楽平県令(らくへいけんのれい)」に任じられたが応じず、今度は常山(じょうざん)へ行って隠れ住む。彼の門弟は数百人もおり、みな任県(じんけん)に移ってきた。

208年、曹操(そうそう)が「丞相(じょうしょう)」となり張臶を招聘(しょうへい)したものの、やはり応じず。

太和(たいわ)年間(227~233年)、曹叡(そうえい)は詔(みことのり)を下し、まだ世に出ていない学者で、災厄を除き変異を正常に戻せる人物を求めた。

このとき広平郡(こうへいぐん)は、しきりに張臶を推挙し出発を促したが、彼は老い(90歳代)と病を理由に行かなかった。

240年、張臶の家の門の陰に戴コウ(カッコウ。任+鳥)が巣を作る。

これを見た張臶は門人に言った。

「戴コウは陽鳥なのに門の陰に巣を作った。これは凶兆じゃ」

そして琴を手に歌い、2編の詩を作ると10日後に亡くなった。このとき105歳だった。

管理人「かぶらがわ」より

この時代、学問を修めた者がみな官途に就くわけではありませんでした。張臶は具体的な事績についての記事が少なく、コメントしにくいですけど……。彼のような在野の学者も正史で採り上げられるあたり、こういった生き方も一定の評価を得ていたということですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】