曹叡(そうえい)

【姓名】 曹叡(そうえい) 【あざな】 元仲(げんちゅう)

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 205?~239年(35歳?)

【吉川】 第277話で初登場。
【演義】 第091回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・明帝紀(めいていぎ)』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

魏(ぎ)の第2代皇帝、その出生には謎が残る

父は曹丕(そうひ)、母は甄氏(しんし。文昭甄皇后〈ぶんしょうしんこうごう〉)。同母兄弟はいないが、同母妹に曹氏(そうし。東郷公主〈とうきょうこうしゅ〉)がいる。

異母弟には曹協(そうきょう)・曹蕤(そうずい)・曹鑒(そうかん)・曹霖(そうりん)・曹礼(そうれい)・曹邕(そうよう)・曹貢(そうこう)・曹儼(そうげん)がいる。

祖父の曹操(そうそう)から期待されていたものの、実母の甄氏が曹丕に誅殺されたため、なかなか皇太子(こうたいし)には立てられなかった。

跡を継いだ曹芳(そうほう)および曹詢(そうしゅん)は養子。実子の曹冏(そうけい)・曹穆(そうぼく)・曹殷(そういん)は、いずれも早く亡くなった。

そのほかにも夭折(ようせつ)した娘の曹淑(そうしゅく。平原懿公主〈へいげんのいこうしゅ〉)や李韜(りとう)に降嫁(こうか)した曹氏(斉長公主〈せいのちょうこうしゅ〉)がいた。

臨汾公主(りんふんこうしゅ。名は不詳)や畢軌(ひつき)の息子(名は不詳)に降嫁した曹氏も、曹叡の娘の可能性が高い。

帝位を継いだ曹芳から明皇帝(めいこうてい)と諡(おくりな)された。

主な経歴

-205年(1歳)-
この年、誕生か?

-220年(16歳)-
5月、武徳侯(ぶとくこう)に封ぜられる。

-221年(17歳)-
6月、父の曹丕の意向により、生母の甄氏が誅殺される。

この年、斉公(せいこう)に移封される。

-222年(18歳)-
3月、平原王(へいげんおう)に移封される。

-226年(22歳)-
5月、魏の皇太子に立てられる。

5月、亡くなった父の曹丕の跡を継ぎ帝位に即き、大赦を行う。また、皇太后(こうたいごう)の卞氏(べんし)を太皇太后(たいこうたいごう)と、父の曹丕の皇后(こうごう)だった郭氏(かくし)を皇太后と、それぞれ尊称。諸臣にも格差をつけ封爵を行った。

6月、亡き生母の甄氏に文昭皇后(ぶんしょうこうごう)の諡号(しごう)を追贈。

6月、異母弟の曹蕤を陽平王(ようへいおう)に封ずる。

8月、呉(ご)の孫権(そんけん)が江夏郡(こうかぐん)に攻め寄せたものの、江夏太守(こうかたいしゅ)の文聘(ぶんぺい)が堅守する。

8月、息子の曹冏を清河王(せいかおう)に封ずる。

?月、呉の諸葛瑾(しょかつきん)と張霸(ちょうは)らが襄陽(じょうよう)に侵攻。撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)の司馬懿(しばい)がこれを撃破し、張霸を斬殺。

また、征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の曹休(そうきゅう)も尋陽(じんよう)で呉の別動部隊を討ち破った。これを受け論功行賞を行った。

10月、息子で清河王の曹冏が薨去(こうきょ)。

12月、太尉(たいい)の鍾繇(しょうよう)を太傅(たいふ)に、征東大将軍の曹休を大司馬(だいしば)に、中軍大将軍の曹真を大将軍(だいしょうぐん)に、司徒(しと)の華歆(かきん)を太尉に、司空(しくう)の王朗を司徒に、鎮軍大将軍の陳羣を司空に、撫軍大将軍の司馬懿を驃騎大将軍(ひょうきだいしょうぐん)に、それぞれ任ずる。

-227年(23歳)-
1月、洛陽(らくよう)の郊外で武帝(ぶてい。曹操)と天帝を併せて祭り、明堂(めいどう。政堂)で文帝(ぶんてい。曹丕)と上帝を併せて祭る。

1月、江夏郡の南部を分割し江夏南部都尉(こうかなんぶとい)の官を設置。

1月、西平(せいへい)の麴英(きくえい)が反乱を起こし、臨羌県令(りんきょうけんのれい)と西都県長(せいとけんのちょう)を殺害。郝昭(かくしょう)と鹿磐(ろくはん)を討伐に遣わし、麴英を斬殺させた。

2月、自ら籍田(せきでん。お供えの穀物を収穫する田)を耕す。

2月、亡き生母の文昭皇后(甄氏)の霊廟(れいびょう)を鄴(ぎょう)に建立。

2月、洛陽の東郊で太陽を祭る。

3月、亡き甄逸(しんいつ。文昭甄皇后の父)に中山郡(ちゅうざんぐん)の魏昌県(ぎしょうけん)安城郷(あんじょうきょう)の1千戸を追贈し、敬侯(けいこう)と諡する。爵位は甄逸の嫡孫の甄像(しんぞう)が継いだ。

8月、洛陽の西郊で月を祭る。

10月、洛陽の東郊で閲兵式を行う。

10月、焉耆王(えんきおう)の息子が入朝。曹叡に近侍することになる。

11月、毛氏(もうし)を皇后に立てる。この際、広く天下の男子に2等級の爵位を賜い、やもめ、寡婦、子のない老人、孤児で自立していけない者に扶持米(ふちまい)を下賜した。

12月、毛皇后の父の毛嘉(もうか)を列侯(れっこう)に封ずる。

12月、新城太守(しんじょうたいしゅ)の孟達(もうたつ)が反乱を起こす。驃騎将軍の司馬懿に詔(みことのり)を下し討伐を命じた。

-228年(24歳)-
1月、司馬懿が新城の孟達を攻め、これを斬殺したうえ、その首を洛陽に届けてくる。

1月、新城郡から上庸(じょうよう)・武陵(ぶりょう)・巫(ふ)の3県を分割し上庸郡としたうえ、錫県(せきけん)を錫郡とする。

?月、蜀の諸葛亮(しょかつりょう)が国境を越えて軍勢を進めてくる。天水(てんすい)・南安(なんあん)・安定(あんてい)の3郡の官吏と民衆が諸葛亮に呼応。大将軍の曹真を遣わして関右(かんゆう)の軍勢を統率するよう命じ、一斉に進発させた。

右将軍(ゆうしょうぐん)の張郃(ちょうこう)が街亭(がいてい)で蜀軍を大破し、諸葛亮は逃走。こうして蜀に呼応した3郡も再び平定された。

2月、長安(ちょうあん)に行幸。

4月、洛陽宮に還幸し、獄囚のうち死刑囚以下の者を赦免する。

4月、先の蜀軍撃退の勲功について、それぞれ格差をつけたうえ封爵と領地の加増を行う。

5月、大干ばつが起こる。

6月、詔を下す。「儒者を尊重し学問を大切にすることは、帝王の教化の根本である」として、「博士(はくし)を選りすぐり、その才能に応じて侍中(じちゅう)や常侍(じょうじ)に任命せよ。また郡国についても、貢士(こうし)には経学(けいがく)に優れた者を優先して起用するようにさせよ」というもの。

9月、大司馬の曹休が呉の周魴(しゅうほう)の佯降策(ようこうさく)に引っかかり誘い出される。曹休は石亭(せきてい)で陸遜(りくそん)らに大敗した。

9月、曹穆を繁陽王(はんようおう)に封ずる。

10月、大司馬の曹休が死去。

10月、詔を下す。公卿(こうけい)や側近らに対し、「優れた大将をそれぞれひとりずつ推挙せよ」というもの。

11月、司徒の王朗が死去。

12月、蜀の諸葛亮が陳倉(ちんそう)を包囲。大将軍の曹真は費曜(ひよう)らを遣わし蜀軍にあたらせた。

12月、公孫淵(こうそんえん)を遼東太守(りょうとうのたいしゅ)に任ずる。もともと遼東太守だった公孫恭(こうそんきょう)の兄の息子である公孫淵が、公孫恭から位を強奪したもの。

-229年(25歳)-
春、蜀の諸葛亮が陳式(ちんしょく)を遣わし、武都(ぶと)・陰平(いんぺい)の両郡が攻め落とされる。

4月、元城王(げんじょうおう)の曹礼(そうれい)が薨去。

4月、呉の孫権が帝位に即く。

6月、息子で繁陽王の曹穆が薨去。

6月、高祖父(こうそふ)にあたる大長秋(だいちょうしゅう)の曹騰(そうとう)に高皇帝(こうこうてい)の尊号を、その夫人だった呉氏(ごし)に高皇后(こうこうごう)の尊号を、それぞれ追贈。

7月、詔を下す。「万一、魏の跡継ぎが諸侯の中から出て入朝し、大いなる皇統を受け継ぐ場合。他家の跡取りの取るべき建前を明白にすべきである」として、「皇帝の亡き父を皇と呼び、亡き母を后と呼ぶようなことがあれば、たとえそうするよう勧めたのが補佐の大臣であっても誅殺し、決して許してはならない」というもの。

10月、平望観(へいぼうかん)を聴訟観(ちょうしょうかん)と改める。

11月、太常(たいじょう)の韓曁(かんき)に節(せつ。使者のしるし)を持たせて鄴に遣わし、高皇帝(曹騰)・太皇帝(たいこうてい。曹嵩〈そうすう〉)・武皇帝(ぶこうてい。曹操)・文皇帝(ぶんこうてい。曹丕)の位牌を洛陽に迎える。

12月、これら父祖の位牌が洛陽に到着し、完成した霊廟に安置される。

12月、大月氏国(だいげっしこく)の王の波調(はちょう)の使者が着き、貢ぎ物を献ずる。これを受け、波調を親魏大月氏王(しんぎだいげっしおう)に封じた。

-230年(26歳)-
1月、合肥新城(ごうひしんじょう)を築城。

2月、詔を下す。「戦乱の勃発以来、経学はまったく廃れ、若者たちの行動も古典によろうとはしなくなった」とし、「郎吏(ろうり)のうち一経に通暁している者や、民を治めるに足る才能の持ち主があれば、これを博士が試験して優秀な成績を収めた者を選び出し、速やかに起用せよ」としたうえ、「表面だけ華美で内実がなく、道理の根本に努めようとしない者はすべて罷免する」というもの。

2月、太傅と三公に詔を下し、文帝(曹丕)の『典論(てんろん)』を石に刻ませ、その石碑を霊廟の外に立てるよう命ずる。

2月、大将軍の曹真を大司馬に、驃騎将軍の司馬懿を大将軍に、遼東太守の公孫淵を車騎将軍(しゃきしょうぐん)に、それぞれ任ずる。

4月、太傅の鍾繇が死去。

6月、太皇太后の卞氏が崩御(ほうぎょ)。

6月、上庸郡を廃止。

7月、武宣卞后(ぶせんべんこう。卞氏)を高陵(こうりょう。曹操の陵)に合葬。

7月、大司馬の曹真と大将軍の司馬懿に詔を下し、蜀の討伐を命ずる。

8月、東方に巡幸し、使者を遣わして犠牲(いけにえ)の牛を捧げ、中岳(ちゅうがく。嵩山〈すうざん〉)を祭る。

8月、許昌宮(きょしょうきゅう)に行幸。

9月、大雨が降り伊水(いすい)・洛水(らくすい)・黄河(こうが)・漢水(かんすい)が氾濫。出征中の曹真らに詔を下し軍勢の帰還を命ずる。

10月、巡幸を終え洛陽宮(らくようきゅう)に還幸。

10月、詔を下す。「罪人のうち死刑囚以外の者を赦すが、その保釈金にはそれぞれ格差をつける」というもの。

11月、太白星(たいはくせい。金星)が歳星(さいせい。木星)を犯す。

12月、公卿に命じ賢良(けんりょう。才能や人格の優れた人物)を推挙させる。

12月、文昭甄后(ぶんしょうしんこう。曹丕の夫人で曹叡の生母)を朝陽陵(ちょうようりょう)に改葬。

-231年(27歳)-
1月、自ら籍田を耕す。

3月、大司馬の曹真が死去。

3月、蜀の諸葛亮が天水郡に侵攻。大将軍の司馬懿に詔を下し迎撃を命ずる。

3月、昨年(230年)10月から雨が降らなかったため、大がかりな雨乞いの儀式を執り行う。

4月、鮮卑族(せんぴぞく)の附義王(ふぎおう)の軻比能(かひのう)が、同部の族人と丁零(ていれい)の大人(たいじん。部族の有力者)の児禅(げいぜん)を引き連れて幽州(ゆうしゅう)に到着し名馬を献ずる。これを受け、再び護匈奴中郎将(ごきょうどちゅうろうしょう)の官を設置した。

6月、蜀の諸葛亮が撤退。追撃した張郃が青封(せいほう)で諸葛亮と交戦したものの、矢に当たり戦死する。

7月、蜀の諸葛亮を撤退させた功績に対し官位と封爵の引き上げを行う。これには功績の大小によって格差をつけた。

7月、息子の曹殷が誕生したため大赦を行う。

8月、詔を下す。「魏の諸王および親族の公侯は、それぞれ嫡子ひとりを朝廷に参内させるよう命ずる」というもの。

冬、詔を下す。「魏の諸王は翌年(232年)の正月に参内せよ」というもの。

11月、月が軒轅大星(けんえんたいせい。獅子座のアルファ星)を犯す。

11月、日食が起こる。

12月、月が塡星(ちんせい。鎮星とも。土星)を犯す。

12月、太尉の華歆が死去。

-232年(28歳)-
2月、詔を下す。「改めて魏の諸王侯に領地を与え、みな一郡をもって領国とさせる」というもの。

2月、叔父の曹植(そうしょく)を陳王(ちんおう)に封ずる。領邑(りょうゆう)は陳郡の4県の合わせて3,500戸。

3月、東方に巡幸し、通りかかった地の老人、連れ合いのない男女、孤児などを慰問し、穀物と白絹を下賜する。

3月、月が軒轅大星を犯す。

4月、許昌宮に行幸。

4月、初めて霊廟に新鮮な果物をお供えする。

5月、息子の曹殷が薨去。領地を追贈し安平哀王(あんぺいのあいおう)と諡する。

7月、衛尉(えいい)の董昭(とうしょう)を司徒に任ずる。

9月、摩陂(まひ)に行幸して許昌宮を修理させ、景福殿(けいふくでん)と承光殿(しょうこうでん)を造営する。

10月、殄夷将軍(てんいしょうぐん)の田豫(でんよ)が成山(せいざん)で呉の周賀(しゅうが)を討ち取る。周賀らは孫権の命を受け、遼東の公孫淵のもとへ遣わされていたもの。

11月、太白星が昼間に現れる。

11月、彗星が翼(よく。コップ座)に現れ、太微(たいび。星垣〈せいえん〉。しし座の西端にある10星)の上将星(じょうしょうせい)に接近する。

11月、叔父で陳王の曹植が薨去。

12月、行幸を終え許昌宮に還幸。

-233年(29歳)-
1月、郟(きょう)の摩陂の井戸の中に青い龍が現れる。

2月、摩陂に行幸し青い龍を見る。それを受け「太和(たいわ)」を「青龍(せいりょう)」と改元。また、摩陂を龍陂(りょうひ)と改め、男子に対して2等級の爵位を与え、「連れ合いのない男女、孤児、子のない老人は、この年の税を納めなくてもよい」とした。

3月、公卿に詔を下し、賢良篤行の士(けんりょうとっこうのし。才能や人格が優れ、行いが誠実な人物)をそれぞれひとりずつ推挙させる。

5月、詔を下し、亡き大将軍の夏侯惇(かこうとん)、大司馬の曹仁(そうじん)、車騎将軍の程昱(ていいく)を、太祖(曹操)の霊廟の園庭に祭らせる。

5月、北海王(ほっかいおう)の曹蕤が薨去。

閏5月、日食が起こる。

閏5月、詔を下し、諸王の娘ではない帝族の娘について、みな邑主(ゆうしゅ)と呼称させる。また郡国にも詔を下し、祠典(してん。祭の規定を著した書物)に名の記されていない山川を祭ることを禁じた。

6月、洛陽宮で蹴鞠(けまり)をするための部屋が焼ける。

?月、先に魏に帰順し、国境地帯を守っていた鮮卑族の大人の歩度根(ほどこん)と、反乱を起こした鮮卑族の大人の軻比能が密かに誼(よしみ)を通ずる。

幷州刺史(へいしゅうしし)の畢軌(ひつき)から上表があり、ただちに出兵して国境の外にいる軻比能を威嚇(いかく)し、国境の内にいる歩度根を鎮圧する旨を伝えてきた。

そこで畢軌に詔を下し、「両者の連合を防ぐため出兵する場合は、くれぐれも国境を越えて句注(こうちゅう)に立ち寄ってはならない」と戒めた。

この詔が届いたころ、畢軌は軍勢を進め陰館(いんかん)に駐屯し、将軍の蘇尚(そしょう)と董弼(とうひつ)を遣わし鮮卑を追撃させていた。

軻比能が、息子に1千騎あまりをひきいて歩度根の部落民を迎えに行かせたところ、楼煩(ろうはん)で蘇尚・董弼と出くわして戦闘になり、魏の両将が戦死した。

歩度根の部落民はこぞって反旗を翻して国境を出、軻比能と合流して一帯に害を加えた。そのため驍騎将軍(ぎょうきしょうぐん)の秦朗(しんろう)に討伐を命じ、ようやく賊徒は砂漠の北方に逃走した。

9月、先に魏に帰順し安定の国境地帯を守っていた匈奴(きょうど)の大人の胡薄居姿職(こばくきょししょく)らが反乱を起こす。司馬懿が将軍の胡遵(こじゅん)らを遣わし、これを討ち破り降伏させた。

10月、鮮卑族の歩度根の部落の大人である戴胡阿狼泥(たいこあろうでい)らが、幷州へ来て魏に降る。これにより秦朗は軍勢を引き揚げて帰還した。

12月、公孫淵から、呉の孫権の使者である張弥(ちょうび)・許晏(きょあん)の首が届けられる。これを受け、公孫淵を大司馬に任じたうえ楽浪公(らくろうこう)に封じた。

-234年(30歳)-
2月、太白星が熒惑星(けいわくせい。火星)を犯す。

2月、詔を下す。官吏に対する刑罰の鞭打ちについて、「最近、無実でありながら鞭打ちのため死に至る者が多数ある」として、「鞭打ちや杖打ちの刑罰を廃止せよ」というもの。

3月、山陽公(さんようこう)の劉協(りゅうきょう)が薨去。自ら白い服を着け喪に服し、節を持たせた使者を遣わして葬儀を執り行わせた。

3月、大赦を行う。

4月、疫病が大流行。

4月、崇華殿(すうかでん)が炎上。

4月、担当官吏に詔を下し、太牢(たいろう。牛・羊・豕〈イノコ〉)を捧げて文帝(曹丕)の霊廟に祭り、山陽公(劉協)の死を報告させる。また、山陽公に漢孝献皇帝(かんのこうけんこうてい)と諡し、漢の礼式によって葬るよう命じた。

4月、蜀の諸葛亮が、2月に斜谷(やこく)から出撃したあと渭南(いなん)に駐屯。司馬懿に諸軍の統率を命じ、蜀軍と対陣させた。このとき司馬懿に詔を下し、「ひたすら砦を固め、守ることにより相手の矛先をくじくように」と指示した。

5月、太白星が昼間に現れる。

5月、呉の孫権が居巣湖(きょそうこ)の入り口に攻め込み、合肥新城に向かって進軍してくる。また孫権は、陸議(りくぎ。陸遜)と孫韶(そんしょう)らにそれぞれ1万以上の軍勢を統率させ、淮水および沔河(べんが)へ進ませた。

6月、征東将軍(せいとうしょうぐん)の満寵(まんちょう)が呉の侵攻を防ぐため軍勢を進める。

7月、お召し船に乗り込み東方へ親征。しかし寿春(じゅしゅん)に到着する前、張穎(ちょうえい)の抵抗に遭った呉の孫権が合肥新城から退き、陸遜や孫韶らも撤退した。

7月、寿春まで軍勢を進め、諸将の勲功を調査するよう命ずる。この結果に応じ、それぞれ格差をつけて封爵や恩賞の沙汰を行った。

8月、六軍(りくぐん)の兵を供応するため使者に節を持たせて遣わし、合肥や寿春の諸軍に酒や食べ物を贈り、その労苦をねぎらう。

8月、山陽公(劉協)を山陽国に埋葬させ、陵を禅陵(ぜんりょう)と名付けたうえ、墓守りのための村落を設置する。

埋葬の当日、曹叡は錫衰(しさい)を着て弁絰(べんてつ)をつけ、山陽公のために慟哭(どうこく)した。また、山陽公の嫡孫で桂氏郷公(けいしきょうこう)の劉康(りゅうこう)を後継者として立て、新たに山陽公に封じた。

8月、許昌宮に還幸。

8月、司馬懿と対峙していた蜀の諸葛亮が陣没し、蜀軍も撤退。

10月、月が塡星と軒轅(けんえん。しし座)を犯す。

10月、月が太白星を犯す。

11月、洛陽で地震が起こる。

12月、担当官吏に詔を下し、死刑に該当する罪を減らすよう命ずる。

-235年(31歳)-
1月、大将軍の司馬懿を太尉に任ずる。

1月、再び朔方郡(さくほうぐん)を設置。

1月、洛陽で疫病が大流行。

2月、郭太后(かくたいこう)が崩御。

2月、寿光県(じゅこうけん)に隕石が落ちる。

3月、文徳郭后(ぶんとくかくこう。郭太后)を埋葬し、首陽陵(しゅようりょう。曹丕の陵)の谷川の西に御陵(みささぎ)を造営する。これらは生前に文帝(曹丕)が遺した定め通りに執り行われた。

?月、洛陽宮を大規模に修理させ、昭陽殿(しょうようでん)と太極殿(たいごくでん)を新造したうえ総章観(そうしょうかん)も築く。

これを受け民の不満が高まったため、楊阜(ようふ)や高堂隆(こうどうりゅう)らから何度も諫言されたが聞き入れなかった。

7月、洛陽の崇華殿が炎上。

8月、洛陽宮に還幸。担当官吏に崇華殿の再建を命じ、九龍殿(きゅうりょうでん)と改めた。

8月、息子の曹芳を斉王(せいおう)に、同じく曹詢を秦王(しんおう)に、それぞれ封ずる。

10月、中山王(ちゅうざんおう)の曹袞(そうこん)が薨去。

10月、太白星が昼間に現れる。

11月、許昌宮に行幸。

この年、幽州刺史(ゆうしゅうしし)の王雄(おうゆう)が刺客を送り軻比能を暗殺した。

-236年(32歳)-
2月、太白星が昼間に現れる。月が太白星を犯し、さらに軒轅を犯して、太微の領域に入ったあと出て行った。

4月、崇文観(すうぶんかん)を設置し、文章に秀でた者を召し出して任用する。

5月、司徒の董昭が死去。

5月、粛慎氏(しゅくしんし)が楛矢(こし)を献上してくる。

6月、詔を下す。「以前に死刑の条項を再検討させ、その多くを削除したにもかかわらず、郡国では獄死する者が年に数百人を超えている」とし、「担当官吏は裁判について論議し、死刑を緩和して、努めて寛大簡略な処置に従うように」というもの。

7月、高句驪王(こうくりおう。高句麗王)の位宮(いきゅう)から、呉の孫権の使者である胡衛(こえい)らの首が幽州に届けられる。

7月、太白星が軒轅大星を犯す。

10月、洛陽宮に還幸。

10月、彗星が大辰(たいしん。大火〈たいか〉。さそり座のアンタレス)に現れ、翌日にも東方に現れる。

11月、彗星が現れ、宦者天紀星(かんじゃてんきせい)を犯す。

12月、司空の陳羣が死去。

12月、許昌宮に行幸。

-237年(33歳)-
正月、山茌県(さんしけん)から「黄色い龍が現れた」との報告が届く。このとき担当官吏から上奏があり、「魏は地統(ちとう)を得ておりますので、建丑(けんちゅう)の月(12月のこと)を正月とされるべきです」と述べた。

3月、暦(こよみ)を改定。「青龍」を「景初(けいしょ)」と改元したうえ、この月(青龍5年3月)を(景初元年)4月とする。

衣服の色は黄色を尊び用いることにし、犠牲には白い獣を用い、軍事では頭が黒の白馬(?)に乗り、大きな赤い旗を立て、朝廷の会合には大きな白い旗を立てた。また太和暦(たいわれき)を改め景初暦と名付けた。

5月、洛陽宮に還幸。

5月、大赦を行う。

6月、尚書令(しょうしょれい)の陳矯(ちんきょう)を司徒に、尚書右僕射(しょうしょゆうぼくや)の衛臻(えいしん)を司空に、それぞれ任ずる。

6月、魏興郡(ぎこうぐん)から魏陽県(ぎようけん)を、錫郡から安富(あんふ)・上庸の両県を、それぞれ分割し、上庸郡を設置する。また、錫郡を廃止し、錫県を魏興郡に併せた。

6月、洛陽で地震が起こる。

6月、担当官吏から上奏がある。「太祖(たいそ。曹操)・高祖(こうそ。曹丕)・烈祖(れっそ。曹叡自身)の三祖の霊廟は万世(ばんせい)ののちまで壊さずにおかれ、そのほかの四廟(天子〈てんし〉の廟は七廟)は近い関係が絶えれば順次取り壊されて、周(しゅう)の后稷(こうしょく)・文王(ぶんおう)・武王(ぶおう)の三祖の霊廟の制度と同じようになさいますように」というもの。

7月、司徒の陳矯が死去。

7月、呉の孫権が朱然(しゅぜん)らに2万の兵を付けて遣わし、江夏郡を包囲。荊州刺史(けいしゅうしし)の胡質(こしつ)らが反撃し朱然は退却した。

7月、以前、呉の孫権は高句驪に使者を遣わし誼を通じ、遼東を攻めようとしていた。そこで幽州刺史の毌丘倹(かんきゅうけん)に諸軍および鮮卑と烏丸(うがん)の軍勢も統率させ、遼東の南境に駐屯するよう命じた。さらに、詔によって公孫淵を召し寄せた。

7月、遼東の公孫淵が背く。幽州刺史の毌丘倹は軍勢を進めて討伐しようとしたが、ちょうど10日間も雨が続き、遼水(りょうすい)が満ちあふれる。そのため毌丘倹に詔を下し、右北平(ゆうほくへい)への引き揚げを命じた。

7月、烏丸の単于(ぜんう。王)の寇婁敦(こうろうとん)と遼西(りょうせい)の烏丸都督王(うがんととくおう)の護留(ごりゅう)らが、住んでいた遼東から部族をひきい帰順。

7月、詔を下し、遼東の将校・軍吏・兵士・庶民のうち、公孫淵に脅迫されてやむなく従った者たちをみな赦す。

7月、太白星が昼間に現れる。

?月、毌丘倹が引き揚げたあと、遼東の公孫淵が自立して燕王(えんおう)と称し、独自の百官を設置する。また、年号を建てて「紹漢(しょうかん)元年」と称した。

?月、詔を下し、青州(せいしゅう)・兗州(えんしゅう)・幽州・冀州(きしゅう)の4州に大々的に海船の建造を命ずる。

9月、冀州・兗州・徐州(じょしゅう)・豫州(よしゅう)の4州が洪水に見舞われたため侍御史(じぎょし)を遣わし巡行視察を命じ、洪水で溺死した者や財産をなくした者に対して官倉を開き救済を図る。

9月、毛皇后が崩御。

10月、月が熒惑星を犯す。

10月、悼毛后(とうもうこう。毛氏)を愍陵(びんりょう)に葬る。

10月、洛陽の南にある委粟山(いぞくざん)に円丘(えんきゅう。冬至に天を祭る場所)を造営。

12月、初めて冬至に祭祀を執り行う。

12月、襄陽郡から臨沮(りんしょ)・宜城(ぎじょう)・セイ陽(せいよう)・キ県(きけん。己+阝)の4県を分割し、襄陽南部都尉(じょうようなんぶとい)の官を設置。

12月、担当官吏から上奏があり、「都(洛陽)に文昭皇后(甄氏)の霊廟を建立されますように」と求められる。

12月、襄陽郡から鄀葉県(じゃくようけん)を分割し義陽郡(ぎようぐん)に併せる。

-238年(34歳)-
1月、詔を下し、太尉の司馬懿に軍勢を統率させ、遼東の公孫淵討伐を命ずる。

2月、太中大夫(たいちゅうたいふ)の韓曁(かんき)を司徒に任ずる。

2月、月が心宿(しんしゅく。さそり座の中央部)の距星(きょせい。アル・ニヤト)を犯したうえ、心宿の中央の大星(大火〈たいか〉。さそり座のアンタレス)も犯す。

4月、司徒の韓曁が死去。

4月、沛国(はいこく)から蕭県(しょうけん)・相県(しょうけん)・竹邑(ちくゆう)・符離(ふり)・蘄県(きけん)・銍県(ちつけん)・龍亢(りょうこう)・山桑(さんそう)・洨県(こうけん)・虹県(こうけん)の10県を分割し、汝陰郡(じょいんぐん)を設置。また、宋県(そうけん)と陳郡(ちんぐん)の苦県(こけん)を譙郡に併せる。

さらに、沛県・杼秋(ちょしゅう)・公丘(こうきゅう)の3県と彭城郡(ほうじょうぐん)の豊国(ほうこく)・広戚(こうせき)の両県を併せて沛国とした。

4月、大赦を行う。

5月、月が再び心宿の距星を犯し、心宿の中央の大星も犯す。

6月、司馬懿の軍勢が遼東に到着。

6月、漁陽郡(ぎょようぐん)から狐奴県(こどけん)を廃止し、再び安楽県(あんらくけん)を設置。

8月、焼当(しょうとう)の羌王(きょうおう)の芒中(ぼうちゅう)や注詣(ちゅうけい)らが反乱。涼州刺史(りょうしゅうしし)が諸郡の軍勢をひきいて討伐にあたり、注詣を斬った。

8月、長さ数十丈(じょう)もある大流星が、首山(しゅざん)の東北から襄平城(じょうへいじょう)の東南の方向に落ちる。

8月、公孫淵の軍勢が総崩れとなる。公孫淵は息子の公孫脩(こうそんしゅう)とともに、数百の騎兵をひきいて魏軍の包囲を突破し東南に逃亡。魏の大軍はこれを急襲し、ちょうど先に流星が落ちた地点で公孫淵父子を斬り殺した。

8月、彗星が張宿(ちょうしゅく。うみへび座の中央部)に現れる。

9月、司馬懿が襄平で公孫淵を討ち破り、その首を洛陽に送ってくる。これにより海東(かいとう。遼東)の諸郡が平定された。

9月、蜀の陰平太守(いんぺいたいしゅ)の廖惇(りょうとん)が謀反を起こし、守善羌侯(しゅぜんきょうこう)の宕蕈(とうしん)の陣へ攻めてくる。

雍州刺史(ようしゅうしし)の郭淮(かくわい)が、広魏太守(こうぎたいしゅ)の王贇(おういん)と南安太守(なんあんたいしゅ)の游奕(ゆうえき)を遣わし、廖惇の討伐にあたらせた。

郭淮からの上奏を受け、魏軍がふた手に分かれて敵を包囲していることを知り、配置を変えるよう詔を下したものの、この詔が届く前に游奕は廖惇に敗れ、王贇も流れ矢に当たり戦死していた。

11月、公孫淵討伐の勲功の大小に応じ、太尉の司馬懿以下に領邑の加増や封爵を行う。

11月、司空の衛臻を司徒に、司隷校尉(しれいこうい)の崔林(さいりん)を司空に、それぞれ任ずる。

閏11月、月が心宿の中央の大星を犯す。

12月、病の床に就く。

12月、郭氏(明元郭皇后〈めいげんかくこうごう〉)を皇后に立てる。この際、天下の男子に爵位を2等級ずつ授けて、やもめ、未亡人、孤児、子のいない老人に穀物を下賜した。また、燕王の曹宇(そうう)を大将軍に任じた。

12月、大将軍の曹宇を罷免し、武衛将軍(ぶえいしょうぐん)の曹爽(そうそう)を大将軍に任ずる。

12月、そのむかし(青龍3〈235〉年)寿春の農民の妻が、「私は天の神から登女(仙女)となるよう命ぜられた者だ」と言い出した。女が病人に水を飲ませたり、ケガ人の傷口を洗ってやったりすると治癒する者が多数あった。

そこで曹叡は彼女のため奥御殿に屋敷を建てて厚遇した。しかし自身が病床に伏すに及び、彼女の水を飲んでも効き目がなかったため、このとき殺害した。

この年、倭(わ)の女王である卑弥呼(ひみこ)の使者がやってくる。これを受け、卑弥呼を親魏倭王(しんぎわおう)に封じた。

この件については、翌239年の可能性もあるという。

-239年(35歳)-
1月、早馬を出し、遼東の公孫淵討伐を終え河内(かだい)まで戻っていた司馬懿を召し寄せる。危篤状態の中で後事を託し、曹爽とともに幼い息子(曹芳のこと。同日ようやく皇太子に立てられた)を補佐するよう命じ、その日のうちに嘉福殿(かふくでん)で崩御。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(魏書・明帝紀)に、景初3(239)年に亡くなったとき36歳だったと書かれていることが疑問の始まり。

曹叡の生母とされる甄氏は大変な美貌の持ち主で、初め袁紹(えんしょう)の次男の袁熙(えんき)に嫁いでいました。建安(けんあん)9(204)年8月に曹操が鄴を陥した際に捕らえられ、のちに曹丕が娶り、曹叡と娘の東郷公主を儲けたそうです。

なぜか『三国志』には、正統とする魏の皇帝である曹叡の生年が書かれておらず、享年から逆算すると建安9(204)年の生まれということになってしまいます。袁熙の息子を曹家の子として育てるわけがないので、これはあり得ない――。

そこで裴松之(はいしょうし)は注の中で、「明帝(曹叡)は建安10(205)年に生まれたはずだ」としたうえ、当時の暦の改定の影響を考慮しても(享年は)35歳にしかならず、36歳にはならないと指摘しています。

この疑問についてはいろいろな文献を読みましたが、まだ決定的な解釈に出会えていません。ほかに隠された事情があるのか謎が残りますね。

関連してもうひとつ引っかかっているのが、曹叡が武徳侯に封ぜられたという記事。

『三国志』(魏書・文帝紀)には、黄初(こうしょ)元(220)年5月に曹叡が武徳侯に取り立てられたという記事があります。そして『三国志』(魏書・明帝紀)には、曹叡は15歳のとき武徳侯に封ぜられたという記事があります。

ここも15歳から逆算するとどうも計算が合いません。黄初元(220)年に15歳だったのなら、生年は建安11(206)年ということになってしまいますけど……。

いずれにせよ、曹叡が若くして亡くなったことは確か。頭の回転が速く、臣下を厚遇して国内をまとめたものの、無茶な宮殿造営を繰り返したりもしました。

曹叡の跡は曹芳・曹髦(そうぼう)・曹奐(そうかん)と3人の少帝が立てられ、魏は次第に傾いていくことになりました。魏に限ったことではありませんが、跡継ぎの扱いというのは難しいですね。
「魏の曹氏」収録人物一覧
魏(ぎ)の曹操(そうそう)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント ※「コメントを書き込む」ボタンをクリック(タップ)していただくと入力フォームが開きます

タイトルとURLをコピーしました