221年(魏の黄初2年・蜀の章武元年)の主な出来事

-221年- 辛丑(しんちゅう)
【魏】 黄初(こうしょ)2年 ※文帝(ぶんてい。曹丕〈そうひ〉)
【蜀】 章武(しょうぶ)元年 ※昭烈帝(しょうれつてい。劉備〈りゅうび〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
魏(ぎ)の曹丕が天地の祭りと明堂(めいどう。政堂)の祭祀を執り行う。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)

【01月】
甲戌(こうじゅつ)の日(3日)
魏の曹丕が木柵を作って鳥獣の退路をふさぎ、狩猟を催す。この際、原陵(げんりょう)まで行き、使者を遣わして太牢(たいろう。牛・羊・豕〈イノコ〉)を捧げ、漢(かん)の世祖(せいそ。光武帝〈こうぶてい〉)を祭った。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【01月】
乙亥(いつがい)の日(4日)
魏の曹丕が洛陽(らくよう)の東の郊外で太陽を祭る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【01月】
魏の曹丕が孝廉(こうれん)の制度を見直す。これまで人口が10万未満の郡国では年にひとりの孝廉を推挙していたものを、格別に優秀な者がいるときには人口や戸数で限定することなく推挙できるものと改めた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【01月】
辛巳(しんし)の日(10日)
魏の曹丕が三公の領邑(りょうゆう)を分割し、その子弟ひとりずつを列侯(れっこう)に封ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【01月】
壬午(じんご)の日(11日)
魏の曹丕が潁川郡(えいせんぐん)の田租を1年間免除する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

『魏書』…このときの曹丕の詔(みことのり)。潁川郡の田租を免除する理由について。

【01月】
魏の曹丕が許県(きょけん)を許昌県(きょしょうけん)と改め、魏郡の東部を陽平郡(ようへいぐん)に、西部を広平郡(こうへいぐん)に、それぞれ改組する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏略(ぎりゃく)』にいう」として、「長安(ちょうあん)・譙(しょう)・許昌・鄴(ぎょう)・洛陽を改めて5つの都とし、石の標識を立てた。西は宜陽(ぎよう)を境界とし、北は太行山脈(たいこうさんみゃく)に沿い、東北は陽平を境界とし、南は魯陽(ろよう)に沿い、東は郯(たん)を境界とする地を中都(ちゅうと)の地域と定めた。天下の人民にその内部に移住することを許可し、5年間の租税を免除したが、のちにはさらに免除の期間を延長した」ともある。

【01月】
魏の曹丕が議郎(ぎろう)の孔羨(こうせん)を宗聖侯(そうせいこう)に取り立て、100戸の領邑を与え孔子(こうし)の祭祀を奉じさせる。また、魯郡(ろぐん)に命じて孔子の旧廟(きゅうびょう)を修復させ、100戸の吏卒を置いて守護させた。さらに廟の外に広大な屋敷を建てて学者たちを住まわせた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
魏の曹丕が、遼東太守(りょうとうたいしゅ)の公孫恭(こうそんきょう)に車騎将軍(しゃきしょうぐん)の官を加える。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
魏の曹丕が五銖銭(ごしゅせん。漢代に通行し、董卓〈とうたく〉によって廃止された、重さ5銖の銅貨)を復活させる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【04月】
魏の曹丕が車騎将軍の曹仁(そうじん)を大将軍(だいしょうぐん)に任ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「車騎将軍の曹仁を……」とあるが、一時的に車騎将軍の公孫恭とカブっているようだ。

【04月】「劉備の即位」
丙午(へいご)の日(6日)
蜀(しょく)の劉備が帝位に即き、大赦を行ったうえ年号を「章武」と定める。諸葛亮(しょかつりょう)を丞相(じょうしょう)に、許靖(きょせい)を司徒(しと)に、それぞれ任じ、百官を設置して宗廟(そうびょう)を建立し、高皇帝(こうこうてい。漢の高祖〈こうそ〉劉邦〈りゅうほう〉)以下をその廟に併せ祭った。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)

【04月】
孫権(そんけん)が公安(こうあん)から鄂(がく)に移り、その地を都に定め、鄂を武昌(ぶしょう)と改める。併せて武昌・下雉(かち)・尋陽(じんよう)・陽新(ようしん)・柴桑(さいそう)・沙羡(さい)の6県をもって武昌郡を設置した。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

地名の沙羡について、沙羡と沙羨(させん)は各所で混用が見られる。このサイトでは『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)に従い沙羡としておく。

【05月】
魏の鄭甘(ていかん)が再び反乱を起こす。曹仁が討伐にあたり鄭甘を斬った。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【05月】
蜀の劉備が、呉氏(ごし)を皇后(こうごう)に、劉禅(りゅうぜん)を皇太子(こうたいし)に、それぞれ立てる。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【05月】
孫権のもとに「建業(けんぎょう)で甘露(かんろ)が降った」との報告が届く。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【06月】
庚子(こうし)の日(1日)
魏の曹丕が五岳(ごがく。泰山〈たいざん〉・華山〈かざん〉・衡山〈こうざん〉・恒山〈こうざん〉・嵩山〈すうざん〉)と四瀆(しとく。長江〈ちょうこう〉・黄河〈こうが〉・淮水〈わいすい〉、済水〈せいすい〉)をそれぞれ格に応じて祭る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
甲辰(こうしん)の日(5日)
魏の曹丕が、まだ都(洛陽)の宗廟が完成していなかったため建始殿(けんしでん)で武皇帝(ぶこうてい。曹操〈そうそう〉)を祭る。「曹丕自身が供物を手にし、家庭の礼のように執り行った」ともある。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏書』

【06月】「甄氏(しんし)の死」
丁卯(ていぼう)の日(28日)
魏の曹丕の夫人である甄氏が死去する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒06月
魏の曹丕が甄夫人を殺害する。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【06月】
戊辰(ぼしん)の日(29日)、晦(かい)
日食が起こる。魏の担当官吏が曹丕に「太尉を罷免されますように」と上奏する。しかし曹丕は詔を下し、「災害異変は元首を譴責(けんせき)するものである」として、「今後は天災があっても二度と三公を弾劾しないように」と命じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
蜀の劉備が、息子の劉永(りゅうえい)を魯王(ろおう)に、劉理(りゅうり)を梁王(りょうおう)に、それぞれ封ずる。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【07月】「張飛(ちょうひ)の死」
蜀の車騎将軍の張飛が側近により殺害される。この事件の前、劉備は、孫権が関羽(かんう)を処刑したことに怒り東征に向かおうとしていた。結局、劉備は7月に諸軍を統率して孫権討伐に向かった。
『三国志』(蜀書・先主伝)

⇒07月
蜀の劉備が孫権討伐の軍を動かす。その出発に際し、張飛が部下に殺害される。
『正史 三国志8』の年表

【08月】
孫権が魏に使者を遣わして上奏し、領内に留めていた于禁(うきん)らを送り帰す。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒?月
孫権が、捕らえていた于禁らを魏に帰す。魏の曹丕が帝位に登って以後、孫権はその命令を奉じ藩臣(はんしん)と称していた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒08月
孫権が魏に使者を遣わして臣(しん)と称し、于禁・東里袞(とうりこん)らを送還する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【08月】「呉王(ごおう)孫権」
丁巳(ていし)の日(19日)
魏の曹丕が、太常(たいじょう)の邢貞(けいてい)に節(せつ。使者のしるし)を持たせて孫権のもとに遣わし、孫権を大将軍に任じたうえ呉王に封じ、九錫(きゅうせき)を加える。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【08月】
孫権が武昌(鄂)に城壁を築く。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【10月】
魏の曹丕が楊彪(ようひゅう)を光禄大夫(こうろくたいふ)に任ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏書』にいう」として、「己亥(きがい)の日(10月2日?)、魏の公卿(こうけい)は朔(さく)の朝の参朝を行った際、もとの漢(かん)の太尉である楊彪を招き、賓客の礼をもって待遇した。曹丕は詔の中で孔光(こうこう)と卓茂(たくぼう)の例を挙げ、『格別の恩寵を授けて、徳高き老人を表彰すべきである』とし、楊彪に長命の杖と床几(しょうぎ)を賜与した。そして、拝謁や請願の際に杖をついて入ることや、鹿皮冠(ろくひかん)を着けることを許した」とある。「楊彪は辞退したが認められず、結局、麻布のひとえに皮弁(ひべん)を着けて拝謁した」ともある。

また「『続漢書(しょくかんじょ)』にいう」として、「楊彪は漢朝の命運が尽きようとしているのを見、自分が代々三公の位を受けていたことから、魏の下臣となるのを恥と考えていた。結局、足の痙攣(けいれん)と称して、二度と出かけなかった。10余年が過ぎ帝(曹丕)が王位(魏王)に即くと、楊彪を太尉に取り立てたいと思い、近臣に宣旨を伝えさせた。しかし楊彪は辞退し、曹丕もその気持ちを尊重した」

「その後、黄初4(223)年に詔を下して光禄大夫に任じ、中二千石(せき)の禄を与え、孔光の旧例に倣って朝見の際の席次は三公に格付けされた。楊彪は上書して固辞したが、曹丕は許可しなかった。また、門に行馬(こうば。人馬の通行止めの柵)を設けて吏卒を置き、楊彪を優遇、崇拝した。楊彪は黄初6(225)年に84歳で死去した」ともある。

【?月】
魏の曹丕が、穀物の高騰により五銖銭を廃止する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【11月】
辛未(しんび)の日(5日)
魏の鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)の曹真(そうしん)が大勢の将軍や州郡の兵に命令を下し、反乱を起こした蛮族の治元多(ちげんた)・盧水(ろすい)・封賞(ほうしょう)らを討伐。5万余の首を斬り10万人の捕虜を得、111万匹の羊と8万頭の牛を捕獲する。こうして河西(かせい)は平定された。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

⇒11月
魏の涼州刺史(りょうしゅうしし)の張既(ちょうき)が異民族の反乱を鎮め、河西の地を安定させる。
『正史 三国志8』の年表

【11月】
己卯(きぼう)の日(13日)
魏の曹丕が大将軍の曹仁を大司馬(だいしば)に任ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「大将軍の曹仁を……」とあるが、一時的に大将軍・呉王の孫権とカブっているようだ。正式に任命されるまでの時期的なズレと見るべきか?

【11月】
魏の曹丕が孫権を呉王に封じ九錫を加える。
『三国志』(呉書・呉主伝)

8月19日に出された曹丕の詔が、使者の邢貞によって11月に孫権のもとに届けられたという解釈だろう。

【12月】
魏の曹丕が東方を巡幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【?月】
この年、魏の曹丕が陵雲台(りょううんだい)を築いた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【?月】
この年、魏の曹丕が息子の曹叡(そうえい)を斉公(せいこう)に封じた。
『三国志』(魏書・明帝紀〈めいていぎ〉)

⇒?月
この年、魏の曹丕が、弟で鄢陵侯(えんりょうこう)の曹彰(そうしょう)を鄢陵公に進めるなど、一族の多くを侯から公に進めた。しかし、弟で安郷侯(あんきょうこう)の曹植(そうしょく)については鄄城侯(けんじょうこう)に移封しただけだった。
『三国志』(魏書・任城威王彰伝〈じんじょういおうしょうでん〉)ほか

【?月】
この年、蜀の劉備が軍をひきいて孫権を攻め、巫山(ふざん)や秭帰(しき)まで侵出。劉備はその地から武陵(ぶりょう)の異民族に使者を遣わし、蜀に付くよう誘いかけて仮の官印と割り符を授け、恩賞と爵位を約束した。そのため、この一帯の諸県や五谿(ごけい。武陵近辺の谿谷。異民族が集まって住んでいた地域)の住民たちはみな呉に背き蜀に付いた。

孫権は陸遜(りくそん)に総指揮を執らせ、朱然(しゅぜん)や潘璋(はんしょう)らとともに蜀軍の侵出を防ぐよう命じた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、孫権が孫登(そんとう)を王太子(おうたいし)に立てた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、劉備が蜀で帝号を称し、また孫権も呉で自ら王を称した。ここに至り、天下はついに三分された。
『後漢書』(献帝紀〈けんていぎ〉)

「この年(221年)に亡くなったとされる人物」
于禁(うきん)甄氏(しんし)A ※曹丕(そうひ)の妻張飛(ちょうひ)麋竺(びじく)?劉廙(りゅうい)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 220年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました