222年(魏の黄初3年・蜀の章武2年・呉の黄武元年)の主な出来事

-222年- 壬寅(じんいん)
【魏】 黄初(こうしょ)3年 ※文帝(ぶんてい。曹丕〈そうひ〉)
【蜀】 章武(しょうぶ)2年 ※昭烈帝(しょうれつてい。劉備〈りゅうび〉)
【呉】 黄武(こうぶ)元年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
丙寅(へいいん)の日(1日)
日食が起こる。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)

【01月】
庚午(こうご)の日(5日)
魏(ぎ)の曹丕が許昌宮(きょしょうきゅう)に行幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【01月】
魏の曹丕が詔(みことのり)を下す。現在の上計吏(じょうけいり)と孝廉(こうれん)について触れ、郡国に対して「選抜者の年齢にこだわらないように」と命ずるもの。「経学(けいがく)に通じている儒者や法律に通じている者は全員を試用する」とした。また担当官吏には「故意に事実に合わない推挙をした者があれば糾弾せよ」とも命じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【01月】
孫権配下の陸遜(りくそん)が、将軍(しょうぐん)の宋謙(そうけん)らを引き連れて蜀(しょく)の5つの駐屯地を攻め、これらをすべて討ち破り蜀の部将たちを斬る。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【02月】
癸亥(きがい)の日(28日)
孫権が魏の曹丕に上書する。劉備の軍勢4万と馬2、3千頭が秭帰(しき)を出たことを伝えたうえ、これを掃討する意思を示したもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏書』

【02月】
鄯善(ぜんぜん)・亀茲(きゅうじ)・于闐(うてん)(いずれも西域の都市国家)の王が、それぞれ魏に使者を遣わして献上品を奉る。曹丕は詔を下し、「服属してきた外民族をいたわり、ねぎらうように」と命じた。これ以後、西域との交通がなされるようになり戊己校尉(ぼきこうい)が設置された。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【02月】
蜀の劉備が巫峡(ふきょう)から夷道(いどう)まで軍営を連ね、孫権の軍勢と対峙する。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

⇒02月
蜀の劉備が秭帰から夷道の猇亭(おうてい)に進駐し、配下の馬良(ばりょう)に五谿蛮(ごけいばん)の慰撫を命ずる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【03月】
乙丑(いっちゅう)の日(1日)
魏の曹丕が、息子で斉公(せいこう)の曹叡(そうえい)を平原王(へいげんおう)に封じ、弟で鄢陵公(えんりょうこう)の曹彰(そうしょう)ら一族11人もみな王に封ずる。

また、封王(ほうおう。最初に位に即いた王)の庶子(しょし。ここでは、継嗣以外の息子)を郷公(きょうこう)とし、嗣王(しおう)の庶子を亭侯(ていこう)とし、公の庶子を亭伯(ていはく)とする制度を定めた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
甲戌(こうじゅつ)の日(10日)
魏の曹丕が息子の曹霖(そうりん)を河東王(かとうおう)に封ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
甲午(こうご)の日(30日)
魏の曹丕が襄邑(じょうゆう)に行幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
孫権のもとに「鄱陽郡(はようぐん)で黄色い龍が現れた」との報告が届く。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【04月】
戊申(ぼしん)の日(14日)
魏の曹丕が、弟で鄄城侯(けんじょうこう)の曹植(そうしょく)を鄄城王に封ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【04月】
癸亥の日(29日)
魏の曹丕が許昌宮に還幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【05月】
魏の曹丕が、荊州(けいしゅう)および揚州(ようしゅう)の江南(こうなん)にある8郡をもって荊州と定める。これは荊州牧(けいしゅうのぼく)を兼ねていた呉王(ごおう)の孫権に配慮した措置で、荊州の江北(こうほく)にある諸郡は郢州(えいしゅう)と定めた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】「夷陵(いりょう)の戦い」
蜀の劉備が猇亭で孫権配下の陸議(りくぎ。陸遜)に大敗し、蜀の将軍の馮習(ふうしゅう)や張南(ちょうなん)らが戦死する。劉備は猇亭から秭帰に戻り、離散した兵を収容。船を捨てて陸路で魚復(ぎょふく)に帰り、魚復県を永安(えいあん)と改めた。

孫権配下の将軍の李異(りい)と劉阿(りゅうあ)らが、劉備の軍勢を追撃して南山(なんざん)に駐屯した。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)

⇒閏06月
孫権が夷陵で蜀軍を撃破する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒?
この年、蜀軍は分散して険阻な地に拠り、合わせて50余りもの軍営を築いていた。孫権配下の陸遜は、相手の兵力に応じた兵を繰り出して対抗し、1月から閏6月までの間にそれらの軍営に決定的な打撃を与えた。一連の戦闘で斬首したり、蜀から投降してきた者は数万に上った。劉備は敗走し、その身ひとつでかろうじて逃げ帰った。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒閏06月
蜀の劉備が呉軍に大敗。その後、劉備は永安(魚復を改名)に駐営するが、やがて病にかかる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄著 潮書房光人社)の『三国志』年表

【07月】
魏の冀州(きしゅう)で大規模な蝗(イナゴ)の被害が発生し民が飢える。曹丕は尚書(しょうしょ)の杜畿(とき)に節(せつ。使者のしるし)を持たせ、官倉を開いて救済するよう命じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【?月】
魏の曹丕が、孫権に息子を人質として差し出すよう要求する。しかし孫権は言を左右にし、この要求に応じようとしなかった。
『正史 三国志8』の年表

【08月】
蜀の黄権(こうけん)が軍勢をひきいて魏に降る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏書』にいう」として、「黄権および領南郡太守(りょうなんぐんたいしゅ)の史郃(しこう)ら318人は、荊州刺史(けいしゅうのしし。ここでは魏の夏侯尚〈かこうしょう〉)のもとに出向き、仮に持っていた印綬(いんじゅ)・棨戟(けいげき。木で作った儀式用のほこ)・幢麾(どうき。指揮に用いる旗)・牙門(がもん。大将の軍門)・鼓車(こしゃ。陣太鼓を載せる車)を奉上した」

「さらに黄権らは曹丕の行在所(あんざいしょ。ここでは許昌)にも出向いた。曹丕は宴席をしつらえて音楽を奏でさせ、承光殿(しょうこうでん)で黄権らを引見。黄権や史郃らはそれぞれ曹丕の前に進み出てあいさつした。そこで曹丕は軍事における成功と失敗や去就の建前について論説し、諸将はみな歓喜した」

「曹丕は黄権に金帛(きんぱく)・車馬・衣服・帷帳(いちょう)・妻妾(さいしょう)を賜与したうえ、下位の者たちにもその副将に及ぶまで、全員に格差をつけて下賜の品を授けた」

「また、曹丕は黄権を侍中(じちゅう)・鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)に任じ列侯(れっこう)に取り立て、その日のうちに召し寄せ驂乗(さんじょう。天子〈てんし〉の車に同乗すること)させた。さらに史郃ら42人もみな列侯に取り立て、将軍や郎将になった者は100余人もあった」ともある。

【08月】
蜀の劉備が兵を収めて巫に帰る。このころ蜀の司徒(しと)の許靖(きょせい)が死去した。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【09月】
甲午の日(3日)
魏の曹丕が詔を下す。「婦人が政治に関与することは乱の本源である」として、「今後、群臣は太后(たいこう)に政事を奏上してはならない」というもの。

また「后(きさき)の一族は政事を補佐する任務を引き受けてはならない」とし、「ほしいままに領地を伴った爵位を受けてはならない」とした。そして「もし違反する者があれば、天下は協力してその者を誅滅せよ」とも命じた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【09月】
庚子(こうし)の日(9日)
魏の曹丕が郭氏(かくし)を皇后(こうごう)に立てる。この際、天下の男子にそれぞれ2級ずつ爵位を授けた。また、連れ合いのない男女や重病人、貧窮して自立できない者には穀物を下賜した。
『三国志』(魏書・文帝紀)

前にも同じような記述があったが、「天下の男子にそれぞれ2級ずつ爵位を授けた」というくだり、ここでもよくわからなかった。

『後漢書(ごかんじょ)』や『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注を読み、「民に爵号を下賜した」という意味がわかった。

漢では国家に慶事もしくは凶事が起こったとき、民の男子(長男限定など、場合によって対象者は異なる)に爵位を賜与する制度があったという。当然、魏にも同じような制度があったということだった。このあたりのことについては215年1月の記事を参照。

215年(漢の建安20年)の主な出来事
-215年- 乙未(いつび)【漢】 建安(けんあん)20年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)月別および季節別の主な出来事【01月】献帝が、曹操(そうそう)の真ん中の娘を皇后(こうごう)に立てる。『三国志』(魏書〈...

【09月】
魏の曹丕が曹休(そうきゅう)・張遼(ちょうりょう)・臧霸(そうは)らを遣わし、洞口(どうこう)まで軍を進めさせる。さらに曹仁(そうじん)には濡須(じゅしゅ)まで軍を進めさせ、曹真(そうしん)・夏侯尚・張郃(ちょうこう)・徐晃(じょこう)には南郡(なんぐん)を包囲するよう命ずる。

これに対し孫権は呂範(りょはん)らに命じ、五軍を指揮して水軍をもって魏の曹休らの侵出を食い止めさせ、諸葛瑾(しょかつきん)・潘璋(はんしょう)・楊粲(ようさん)を南郡の救援に向かわせ、朱桓(しゅかん)を濡須督(じゅしゅのとく)に任じて曹仁の侵攻を食い止めようとした。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【10月】
甲子(こうし)の日(3日)
魏の曹丕が首陵山(しゅりょうざん)の東に寿陵(じゅりょう。生前に造る陵墓)を築かせ、葬礼の制度をあらかじめ定める。
『三国志』(魏書・文帝紀)

このくだりで「山を利用して寿陵の本体を造り、土盛りや植樹をしてはならない」としたり、「寝殿(しんでん。陵墓の上の正殿)を建て、園邑(えんゆう。陵墓を守るための村落)を造り、神道(しんどう。陵墓への道)を通じてはならない」ともした。

また、「骨には痛みやかゆみといった知覚はなく、塚穴は精神を住まわす住み家ではない。棺槨(かんかく。内棺と外棺)は骨を朽ちさせ、衣衾(いきん。衣服としとね)は肉を朽ちさせるだけのもので十分だと考える」と述べている。

「乾燥材として葦(アシ)や炭を置かず、金銀や銅鉄を副葬することなく、すべて瓦器(がき)を用い、塗車(としゃ。泥の車)・芻霊(すうれい。茅〈カヤ〉で作った人馬)を用い、古代の建前に合致させるように」と命じた。

「柩(ひつぎ)は、ただ漆(うるし)を用いて板の継ぎ目の3か所の留めに塗り、口に含ませるものとして珠玉を用いることなく、珠の肌着と身体を包む玉の匣(はこ)を施すことのないように」といい、「そういったものは愚かな風俗のなせる業だ」とした。

このあとのくだりで、「動乱以来、漢氏(漢の帝室である劉氏)の諸陵墓には発掘されないものはなく、身体にまとっている玉の匣と、それをつづる金の縷(いと)を焼き取るため骸骨も一緒に滅び去るに至っている。これは火あぶりの刑であって、いったい激しい痛みを感じないでおれようか」ともある。この部分だけは、先に述べたことと一部矛盾するように思えるが……。

さらに、皇后から貴人(きじん。女官の位)以下に及ぶまで、王に付き従って領国に赴かない者は亡くなった場合、「みな澗水(かんすい)の西の前方(洛陽〈らくよう〉寄りの地域)に埋葬したうえ、その場所に標識を立てるだけとせよ」とした。

【10月】
孫権が再び魏の曹丕に背く。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【10月】
魏の曹丕が先に設置した郢州を廃止し、もとの荊州に戻す。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【10月】
魏の曹丕が南方征討のため許昌から出撃する。孫権は長江(ちょうこう)を前にして抵抗し守りを固めた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【10月】
蜀の劉備が丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)に詔を下し、成都(せいと)に南郊北郊(天地を祭る場所。南郊では冬至に天を祭り、北郊では夏至に地を祭る)の造営を命ずる。

孫権が、劉備が白帝(はくてい)に留まっていることを聞き、使者を遣わして和睦を求める。劉備もこの申し出を受け入れ、太中大夫(たいちゅうたいふ)の宗瑋(そうい)を遣わし返事を伝えさせた。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【?月】「孫権の自立」
孫権が年号を「黄武」と定め、長江沿いの防備を固める。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒10月
孫権が「黄武」の年号を建てる。
『正史 三国志8』の年表

【11月】
大風が吹き、呉の呂範の兵に数千の溺死者が出る。このため残った呉軍は江南(こうなん)へ引き揚げた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【11月】
魏の曹休が臧霸に命じ、決死隊1万と快速船500艘(そう)により丹徒(たんと)の徐陵(じょりょう)を襲撃させる。臧霸は呉の攻城車を焼き、数千人を殺したり捕虜にした。呉の将軍の全琮(ぜんそう)と徐盛(じょせい)は、これを追撃して魏の部将の尹盧(いんろ)を斬り、数百人を殺したり捕らえたりした。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【11月】
辛丑(しんちゅう)の日(11日)
魏の曹丕が宛(えん)に行幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒?月
魏の文帝(曹丕)が宛に行幸し、夏侯尚に諸軍を統率させ、曹真と協力して呉の江陵(こうりょう)を包囲させた。呉の諸葛瑾は長江の中流にある中洲(なかす)に渡り、別に水軍を江上に待機させた。

魏の夏侯尚は、夜中にこっそり下流から長江を渡って諸葛瑾の諸軍を攻め、船に火をかけたあと水陸両軍で一斉に攻め立てて撃破した。しかし、江陵城を陥落させる前に疫病が大流行したため、曹丕は夏侯尚に引き揚げを命じた。
『三国志』(魏書・夏侯尚伝)

【11月】
庚申(こうしん)の日(30日)、晦(かい)
日食が起こる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【12月】「呉蜀の和睦」
呉の孫権が太中大夫の鄭泉(ていせん)を遣わして白帝の劉備を聘問させ、呉と蜀は再び友好関係を回復する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【12月】
蜀の漢嘉太守(かんかたいしゅ)の黄元(こうげん)が、劉備の病状を聞き知って反乱を起こす。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【?月】
この年、魏の曹丕が霊芝池(れいしち)を掘らせた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【?月】
この年、呉の孫権が夷陵を西陵(せいりょう)と改めた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

「この年(222年)に亡くなったとされる人物」
王甫(おうほ)許靖(きょせい)張南(ちょうなん)A ※劉備(りゅうび)配下の将軍(しょうぐん)張遼(ちょうりょう)程畿(ていき)鄧方(とうほう)?馬超(ばちょう)馬良(ばりょう)傅肜(ふゆう)馮習(ふうしゅう)楊俊(ようしゅん)A ※あざなは季才(きさい)李朝(りちょう)劉巴(りゅうは)A ※あざなは子初(ししょ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 220年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました