274年(晋の泰始10年・呉の鳳皇〈鳳凰〉3年)の主な出来事

-274年- 甲午(こうご)
【晋】 泰始(たいし)10年 ※武帝(ぶてい。司馬炎〈しばえん〉)
【呉】 鳳皇(ほうおう。鳳凰)3年 ※帰命侯(きめいこう。孫晧〈そんこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【02月】「平州(へいしゅう)の設置」
晋(しん)の司馬炎が幽州(ゆうしゅう)を分割して平州を設置する。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【?月】
呉(ご)の会稽郡(かいけいぐん)で「章安侯(しょうあんこう)の孫奮(そんふん)が天子(てんし)になるだろう」という妖言が広まる。

呉の臨海太守(りんかいたいしゅ)の奚熙(けいき)は、会稽太守の郭誕(かくたん)に書簡を送って国政を非難した。郭誕は孫晧に、奚熙の(国政を非難した)書簡のことは上言したが、(孫奮が天子になるだろうという)妖言については上言しなかったということで建安(けんあん)へ送られ、船を造る労役に充てられた。

一方で孫晧は、三郡督(さんぐんとく)の何植(かしょく)を遣わし奚熙を捕らえようとしたが、奚熙は兵を徴用して守りを固め、海路を遮断した。ところが、奚熙の子飼いの兵が奚熙を殺害した。奚熙の首は建業(けんぎょう)へ送られ、その一族も皆殺しになった。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)

『会稽邵氏家伝(かいけいしょうしかでん)』…郭誕の功曹(こうそう)を務めていた邵疇(しょうちゅう)の忠節について。

【07月】
呉の孫晧が25人の使者を各地に遣わし、「その地に潜伏している逃亡者たちを摘発し、都(建業)へ送るように」と命ずる。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【07月】「陸抗(りくこう)の死」
呉の大司馬(だいしば)の陸抗が死去する。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【09月】
晋の司馬炎が陳騫(ちんけん)を太尉(たいい)に任ずる。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
晋の杜預(とよ)が富平津(ふへいしん)に河橋を造る。
『正史 三国志8』の年表

⇒09月
晋の杜預が富平津に河橋を造る。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

杜預については慣例として「どよ」と読まれるとのこと。

【?月】
呉では「建衡(けんこう)」を「鳳皇(鳳凰)」と改元(272年)してからこの年(274年)まで、疫病が大流行し絶えることがなかった。
『三国志』(呉書・孫晧伝)
272年(晋の泰始8年・呉の鳳皇〈鳳凰〉元年)の主な出来事
-272年- 壬辰(じんしん)【晋】 泰始(たいし)8年 ※武帝(ぶてい。司馬炎〈しばえん〉)【呉】 鳳皇(ほうおう。鳳凰)元年 ※帰命侯(きめいこう。孫晧〈そんこう〉)月別および季節別の主な出来事【01月】「呉(ご)の改元...

【?月】
この年、呉の孫晧が鬱林郡(うつりんぐん)を分割し桂林郡(けいりんぐん)を設置した。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【?月】「曹芳(そうほう)の死」
この年、魏(ぎ)の廃帝の曹芳が薨去(こうきょ)した。
『正史 三国志8』の年表

⇒?月
この年、魏の廃帝の曹芳が薨去した。このとき44歳だった。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【?月】
この年、石勒(せきろく)が生まれた。
『正史 三国志8』の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 270年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました