265年(晋の泰始元年・魏の咸熙2年・〈呉の元興2年〉→甘露元年)の主な出来事

-265年- 乙酉(いつゆう)
【晋】 泰始(たいし)元年 ※武帝(ぶてい。司馬炎〈しばえん〉)
【魏】 咸熙(かんき)2年 ※元帝(げんてい。曹奐〈そうかん〉) → 晋に禅譲し滅亡
【呉】 (元興〈げんこう〉2年) → 甘露(かんろ)元年 ※帰命侯(きめいこう。孫晧〈そんこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【02月】
甲辰(こうしん)の日(19日)
魏(ぎ)の曹奐に、胊䏰県(くじんけん)で捕獲された神秘的な亀が献上される。曹奐はこの亀を相国府(しょうこくふ)に収めさせた。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・陳留王紀〈ちんりゅうおうぎ〉)

【02月】
庚戌(こうじゅつ)の日(25日)
魏の曹奐が、かつて鍾会(しょうかい)が反乱を起こした際、成都(せいと)の諸陣営に鍾会の反逆を知らせて回り、命を落とすことになった虎賁(こほん)の張脩(ちょうしゅう)について触れ、その弟の張倚(ちょうい)を関内侯(かんだいこう)に取り立てる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【03月】
呉(ご)の孫晧が、光禄大夫(こうろくたいふ)の紀陟(きちょく)と五官中郎将(ごかんちゅうろうしょう)の弘璆(こうきゅう)らを魏へ遣わし、先(264年)に魏の司馬昭(しばしょう)から送られた手紙の返書を届けさせる。このとき紀陟と弘璆は、魏の使者として来ていた徐紹(じょしょう)と孫彧(そんいく)を伴い魏へ向かった。

しかし、徐紹だけは濡須(じゅしゅ)まで行ったところで呼び戻され、孫晧によって処刑されたうえ、一家眷属(けんぞく)は建安(けんあん)へ強制移住させられた。「もともと呉の臣下である徐紹が中原(ちゅうげん。魏)を称賛している」と、孫晧に言上した者がいたためである。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫晧伝)
264年(〈魏の景元5年〉→咸熙元年・〈呉の永安7年〉→元興元年)の主な出来事
-264年- 甲申(こうしん)【魏】 (景元〈けいげん〉5年) → 咸熙(かんき)元年 ※元帝(げんてい。曹奐〈そうかん〉)【呉】 (永安〈えいあん〉7年) → 元興(げんこう)元年 ※景帝(けいてい。孫休〈そんきゅう〉) → 帰命...

『江表伝(こうひょうでん)』…このとき孫晧が届けさせた返書の様式について。

『呉録(ごろく)』…紀陟と弘璆について。

『晋紀(しんき)』…紀陟と弘璆の洛陽における振る舞いについて。

⇒04月
呉の孫晧が、紀陟と弘璆を魏に遣わし和親を求める。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【04月】
魏の曹奐のもとに「南深沢県(なんしんたくけん)で甘露が降った」との報告が届く。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【04月】「呉の改元」
呉の孫晧のもとに「蔣陵(しょうりょう。蔣山陵〈しょうざんりょう〉。孫権〈そんけん〉の陵)で甘露が降った」との報告が届く。そこで孫晧は「元興」を「甘露」と改元したうえ大赦を行った。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【05月】
魏の曹奐が詔(みことのり)を下し、呉の孫晧から献上された品々を相国・晋王(しんおう)の司馬昭に届けさせようとする。しかし、司馬昭が固辞したため沙汰やみになった。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【05月】
魏の曹奐が詔を下し、相国・晋王の司馬昭に「冠に12の玉飾りを付けること」「天子(てんし)の旗を立て、出入りの際に先払いの役を配置し、ほかの者を通行禁止とすること」「金根車(きんこんしゃ)に乗り、これを6頭立ての馬に引かせ、五時車(ごじしゃ。5色ある季節の色を塗った車)を副車(そえぐるま)として備えること」「旄頭(ぼうとう)と雲罕(うんかん)を備えること」「八佾(はちいつ。天子の舞楽。8人が8列になって舞う)の舞楽を演ずること」「宮殿に鐘をつるす台を設置すること」を許す。

また晋国の王妃を王后(おうこう)に、世子(せいし。跡継ぎ)を王太子(おうたいし)に、それぞれ昇格させ、王子・王女・王孫の爵号を旧例に従って改めさせた。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【05月】
癸未(きび)の日(30日)
魏の曹奐が大赦を行う。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【07月】「朱皇后(しゅこうごう)の崩御(ほうぎょ)」
呉の孫晧が、先に皇太后(こうたいごう)から景后(けいこう。景皇后〈けいこうごう〉)に位を貶(おと)した朱氏(しゅし)を死に追いやる。さらに孫休(そんきゅう)の4人の息子たちを呉郡の小城へ閉じ込めたうえ、その後まもなく年長のふたりを殺害した。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

ここで孫晧が殺害したのは年長のふたりとだけあった。『三国志』(呉書・孫休伝)および(呉書・孫晧伝)の記事から、豫章王(よしょうおう)に封ぜられていた孫ワン(そんわん。雨+單)と汝南王(じょなんおう)に封ぜられていた孫コウ(そんこう。雷+大)のふたりだと思われる。

【08月】「司馬昭の死」
辛卯(しんぼう)の日(9日)
魏の相国・晋王の司馬昭が薨去(こうきょ)する。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【08月】「晋王司馬炎」
壬辰(じんしん)の日(10日)
魏の司馬炎が父の官職と領地を受け継ぎ、政治万端を取り仕切る。司馬炎の調度や礼式についても司馬昭の待遇と同じとされた。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【08月】
魏の曹奐のもとに「襄武県(じょうぶけん)で3丈(じょう)余りもある巨人が現れた」との報告が届く。この巨人は足跡が3尺(せき)2寸もあった。白髪で黄色の単衣(ひとえ)を身に着けており、黄色の頭巾をかぶり、杖に寄りかかっていた。巨人は王始(おうし)という平民に声をかけ、「今に呉が平定され、太平になるぞ」と言ったともある。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【09月】
乙未(いつび)の日(?日)
魏の曹奐が再び大赦を行う。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

『正史 三国志1』(今鷹真〈いまたか・まこと〉、井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま学芸文庫)の訳者注によると「ここは乙卯(いつぼう)の日(4日)の誤りか」という。

【09月】
戊午(ぼご)の日(7日)
魏の司徒(しと)の何曾(かそう)が晋の丞相(じょうしょう)に任ぜられる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【09月】
癸亥(きがい)の日(12日)
魏の曹奐が、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の司馬望(しばぼう)を司徒に、征東大将軍(せいとうだいしょうぐん)の石苞(せきほう)を驃騎将軍に、征南大将軍(せいなんだいしょうぐん)の陳騫(ちんけん)を車騎将軍(しゃきしょうぐん)に、それぞれ任ずる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【09月】
乙亥(いつがい)の日(24日)
魏の曹奐が司馬昭の葬儀を執り行う。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

司馬昭の葬儀を執り行った人物については曹奐としたほうがいいのか、それとも司馬炎としたほうがいいのか? 普通に考えれば息子の司馬炎でいいはずだが、本紀(ほんぎ)に記すくらいだから国葬扱いなのだろうし――。ここはよくわからなかった。

【09月】「呉の遷都」
呉の孫晧が西陵督(せいりょうとく)の歩闡(ほせん)の建議に従い、建業(けんぎょう)から武昌(ぶしょう)へ遷都する。その際、御史大夫(ぎょしたいふ)の丁固(ていこ)と右将軍(ゆうしょうぐん)の諸葛靚(しょかつせい)が旧都の建業に留まって守りにあたった。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【11月】
呉の孫晧が魏へ遣わしていた紀陟と弘璆が帰国する。ふたりが魏の洛陽(らくよう)に着いたときたまたま司馬昭が亡くなったため、すぐに戻ってきたもの。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【11月】
呉の孫晧が武昌に遷り、再び大赦を行う。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【11月】
呉の孫晧が零陵郡(れいりょうぐん)の南部を始安郡(しあんぐん)とし、桂陽郡(けいようぐん)の南部を始興郡(しこうぐん)とする。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【閏11月】
庚辰(こうしん)の日(?日)
魏の曹奐に康居(こうきょ)と大宛(だいえん)から名馬が献上される。曹奐は献上された馬を相国府に届けさせたうえ、すべての国々をなつけ、遠方からの使者を招き寄せた司馬炎の勲功を顕彰した。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【12月】「曹奐の禅譲と魏の滅亡」
壬戌(じんじゅつ)の日(13日)
魏の曹奐が百官に詔を下し、晋王の司馬炎に帝位を譲る。その際の礼式は漢・魏の交代の例に倣った。

甲子(こうし)の日(15日)
魏の曹奐が晋王の司馬炎に使者を遣わし、策(さく。命令を書き付けるふだ)を捧げ持たせる。こうして曹奐は金墉城(きんようじょう)に移ることになったが、のち鄴(ぎょう)に屋敷を構えた。禅譲したとき20歳だった。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

『魏世譜(ぎせいふ)』…司馬炎は曹奐を陳留王(ちんりゅうおう)に封じた。曹奐は晋の大安(たいあん)元(302)年に58歳で薨去した。その諡(おくりな)を「元皇帝(げんこうてい)」という。

ここでは(原文にも)大安とあったが、太安とすべきか?

⇒12月
晋の司馬炎が魏の曹奐の禅譲を受け、新たな王朝を開く。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

⇒12月
晋の司馬炎が帝位に即き「咸熙」を「泰始」と改元する。これが晋(西晋)の武帝。司馬炎は景初暦(けいしょれき)も改め太始暦(たいしれき。泰始暦)を用いた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 260年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました