264年(〈魏の景元5年〉→咸熙元年・〈呉の永安7年〉→元興元年)の主な出来事

-264年- 甲申(こうしん)
【魏】 (景元〈けいげん〉5年) → 咸熙(かんき)元年 ※元帝(げんてい。曹奐〈そうかん〉)
【呉】 (永安〈えいあん〉7年) → 元興(げんこう)元年 ※景帝(けいてい。孫休〈そんきゅう〉) → 帰命侯(きめいこう。孫晧〈そんこう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
壬戌(じんじゅつ)の日(1日)
魏(ぎ)の曹奐が囚人護送車を差し向け、太尉(たいい)の鄧艾(とうがい)を召還する。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・陳留王紀〈ちんりゅうおうぎ〉)

⇒01月
魏の曹奐が鄧艾の逮捕令を出し、鍾会(しょうかい)や賈充(かじゅう)に命じて軍を進めさせるとともに、司馬昭(しばしょう)も長安(ちょうあん)に向かわせる。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

⇒01月
魏の鍾会が「鄧艾に異志がある」と誣告(ぶこく)する。これを受けて鄧艾は檻車で召還されることになり、司馬昭も長安に向かった。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【01月】
甲子(こうし)の日(3日)
魏の曹奐が長安に行幸する。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【01月】
壬申(じんしん)の日(11日)
魏の曹奐が華山(かざん)に使者を遣わし、璧(へき)と絹を捧げて祭る。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【01月】「鄧艾・鍾会・姜維(きょうい)の死」
魏の司徒(しと)の鍾会が蜀(しょく)で反乱を起こしたものの、配下の兵士らによって殺害された。また、太尉の鄧艾も殺害された。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

⇒?月
魏の衛瓘(えいかん)が成都(せいと)に入り、鄧艾を捕縛する。鄧艾は都(洛陽〈らくよう〉)に護送された。
『正史 三国志8』の年表

⇒?月
魏の鍾会が姜維や蜀の残存勢力と結んで司馬昭に背く。しかし内輪もめを起こした末に、鍾会・姜維とも殺害された。
『正史 三国志8』の年表

⇒01月
15日
魏の鍾会が「郭太后(かくたいこう)の遺令あり」と偽って司馬昭を討つと宣言する。鍾会に魏将を殺害させたあと、その鍾会を殺害し蜀の再興を図ろうとした姜維も加わる。しかしこの計画は失敗し、鍾会・姜維ともに殺害された。また鄧艾も、衛瓘の命令を受けた田続(でんしょく)の手にかかって殺害された。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【01月】
呉(ご)の孫休が大赦を行う。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫休伝〈そんきゅうでん〉)

【02月】
辛卯(しんぼう)の日(1日)
魏の曹奐が益州(えきしゅう)に在任する者たちの罪を特に赦す。

庚申(こうしん)の日(30日)
魏の曹奐が明元郭后(めいげんかくこう。郭氏)の葬儀を執り行う。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

『三国志』(明元郭皇后伝〈めいげんかくこうごうでん〉)…このとき明元郭后は高平陵(こうへいりょう。曹叡〈そうえい〉の陵)の西に埋葬された。

【02月】
呉の鎮軍将軍(ちんぐんしょうぐん)の陸抗(りくこう)、撫軍将軍(ぶぐんしょうぐん)の歩協(ほきょう)、征西将軍(せいせいしょうぐん)の留平(りゅうへい)、建平太守(けんぺいたいしゅ)の盛曼(せいまん)らが軍勢をひきい、巴東(はとう)の守備隊長を務めていた羅憲(らけん)を包囲する。
『三国志』(呉書・孫休伝)

⇒?月
呉の孫休が蜀の亡国に乗じ、蜀の故地に兵を進めようとする。しかし、巴東太守(はとうたいしゅ)の羅憲がこれを阻止した。
『正史 三国志8』の年表

⇒02月
呉の陸抗・留平らが蜀の巴東監軍(はとうかんぐん)の羅憲を包囲する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【03月】「晋王(しんおう)司馬昭」
丁丑(ていちゅう)の日(17日)
魏の曹奐が、司空(しくう)の王祥(おうしょう)を太尉に、征北将軍(せいほくしょうぐん)の何曾(かそう)を司徒に、尚書左僕射(しょうしょさぼくや)の荀顗(じゅんぎ)を司空に、それぞれ任ずる。

己卯(きぼう)の日(19日)
魏の曹奐が、司馬昭の爵位を晋公(しんこう)から晋王に進めたうえ10郡を加増し、以前の領地と合わせて20郡とする。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…太尉の王祥、司徒の何曾、司空の荀顗の司馬昭への拝礼を巡るやり取り。

【03月】「安楽公(あんらくこう)劉禅(りゅうぜん)」
丁亥(ていがい)の日(27日)
魏の曹奐が先(263年11月)に降伏した劉禅を安楽公に封ずる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)
263年(魏の景元4年・〈蜀の景耀6年〉→炎興元年・呉の永安6年)の主な出来事
-263年- 癸未(きび)【魏】 景元(けいげん)4年 ※元帝(げんてい。曹奐〈そうかん〉)【蜀】 (景耀〈けいよう〉6年) → 炎興(えんこう)元年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉) → 魏に降伏し滅亡【呉】 永安(えい...

⇒03月
丁亥の日
魏の曹奐が劉禅を安楽県公に封ずる。領地は1万戸。さらに絹1万匹(びき)と奴婢(ぬひ)100人を与え、ほかの下賜品もこれに比例した。劉禅の子孫で三都尉(さんとい。奉車都尉〈ほうしゃとい〉・駙馬都尉〈ふばとい〉・騎都尉〈きとい〉)に任ぜられ、侯に封ぜられた者は50人余りに上った。

また、劉禅に仕えていた尚書令(しょうしょれい)の樊建(はんけん)、侍中(じちゅう)の張紹(ちょうしょう)、光禄大夫(こうろくたいふ)の譙周(しょうしゅう)、秘書令(ひしょれい)の郤正(げきせい)、殿中督(でんちゅうとく)の張通(ちょうとう)もみな列侯(れっこう)に封ぜられた。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【04月】
魏の新附督(しんふとく。呉から魏に寝返った者たちで編成された部隊の隊長)の王稚(おうち)が海から呉の句章(こうしょう)に侵入し、その地の長官を捕虜にしたうえ財貨や男女200余人を略奪する。これを呉の将軍の孫越(そんえつ)が迎え撃ち、船1隻を拿捕(だほ)して30人を捕虜にした。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【05月】
庚申の日(1日)
魏の相国(しょうこく)の司馬昭が「五等の爵位制度(公〈こう〉・侯〈こう〉・伯〈はく〉・子〈し〉・男〈だん〉)」の復活を求める上奏を行う。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

⇒?月
この年、魏の曹奐が「五等爵制」を創設。公・侯・伯・子・男という五等の爵位を全官僚の約1割に及ぶ600名以上に賜与する。官位が世襲できなかったのに対し、爵位は世襲が認められたため、こののち五等爵を得た名士が貴族階層を形成することになった。
『三国志事典』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉著 大修館書店)

【05月】「魏の改元」
甲戌(こうじゅつ)の日(15日)
魏の曹奐が「景元」を「咸熙」と改元する。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【05月】
癸未(きび)の日(24日)
魏の曹奐が、亡き舞陽宣文侯(ぶようせんぶんこう)の司馬懿(しばい)を晋宣王(しんのせんおう)に、同じく亡き舞陽忠武侯(ぶようちゅうぶこう)の司馬師(しばし)を晋景王(しんのけいおう)に、それぞれ改めて追封する。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【06月】
魏の鎮西将軍(ちんぜいしょうぐん)の衛瓘が、成都県(せいとけん)で手に入れた璧と玉(ぎょく)の印(いん)、各1顆(か)を曹奐に献上する。なお、この印に刻まれた文字は「成信」とあるようだった。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

ここで「孫盛(そんせい)はいう」として、「むかし公孫述(こうそんじゅつ)は成都から身を起こしたため、国号を『成(せい)』と号していた。このふたつの玉印の文字は、おそらく公孫述が刻ませたものであろう」とある。

【?月】
先に魏が蜀を平定したあと、呉の軍勢が侵入して永安(えいあん)に迫った。魏の曹奐は荊州(けいしゅう)・豫州(よしゅう)の両州の諸軍を救援に差し向けた。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【07月】
呉の海塩(かいえん)が海賊に襲われ、司塩校尉(しえんこうい)の駱秀(らくしゅう)が殺害される。孫休は中書郎(ちゅうしょろう)の劉川(りゅうせん)に命じ、廬陵(ろりょう)の兵を動かして海塩の救援に向かわせた。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【07月】
呉の平民の張節(ちょうせつ)らが豫章(よしょう)で反乱を起こし、これに加わる者が1万余にも上る。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【07月】
魏の永安に迫っていた呉軍がすべて退却する。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

⇒07月
魏の曹奐が将軍の胡烈(これつ)に命じ、歩騎2万で西陵(せいりょう)に侵入させ羅憲を援ける。このため西陵を包囲していた呉の陸抗らは軍をまとめて引き揚げた。
『三国志』(呉書・孫休伝)

⇒07月
魏の胡烈ひきいる援軍が来ることを知り、蜀の巴東監軍の羅憲を包囲していた呉の陸抗・留平らが退却する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』の『三国志』年表

【07月】「広州(こうしゅう)の再設置」
呉の孫休が、再び交州(こうしゅう)を分割して広州を設置する。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【07月】
壬午(じんご)の日(24日)
呉の孫休が大赦を行う。
『三国志』(呉書・孫休伝)

【07月】「孫休の崩御(ほうぎょ)」
癸未の日(25日)
呉の孫休が崩御する。このとき30歳だった。孫休は景皇帝(けいこうてい)と諡(おくりな)された。
『三国志』(呉書・孫休伝)

『江表伝(こうひょうでん)』…孫休が重体になった際、丞相(じょうしょう)の濮陽興(ぼくようこう)に皇太子(こうたいし)の孫ワン(そんわん。雨+單)と後事を託した話。

『抱朴子(ほうぼくし)』…孫休の時代、広陵(こうりょう)で掘り返された王公の墳墓から見つかったという遺骸の話。

『正史 三国志6』(小南一郎訳 ちくま学芸文庫)の訳者注によると「上にある『抱朴子』の記事は『太平御覧(たいへいぎょらん)』(55)などにも『抱朴子』の文として引用されるが、現行の『抱朴子』には見えない。また、20巻本『捜神記(そうじんき)』(巻15)にも同様の記事が見える」という。

【07月】「孫晧(そんこう)の即位と呉の改元」
呉の孫晧が帝位に即く。このとき23歳だった。孫晧は「永安」を「元興」と改元したうえ大赦を行った。
『三国志』(呉書・孫晧伝〈そんこうでん〉)

【08月】
庚寅(こういん)の日(3日)
魏の曹奐が中撫軍(ちゅうぶぐん)の司馬炎(しばえん)に相国(司馬昭)の補佐を命ずる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【08月】
癸巳(きし)の日(6日)
魏の曹奐が詔(みことのり)を下し、先の鍾会の反乱鎮圧に功績があった、相国左司馬(しょうこくさしば)の夏侯和(かこうか)と中領軍司馬(ちゅうりょうぐんしば)の賈輔(かほ)を郷侯(きょうこう)に、郎中(ろうちゅう)の羊琇(ようしゅう)と騎士曹属(きしそうぞく)の朱撫(しゅぶ)を関内侯(かんだいこう)に、それぞれ封じ、散将(さんしょう)の王起(おうき)を部曲将(ぶきょくしょう。部隊の将)に任ずる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【08月】
癸卯(きぼう)の日(16日)
魏の曹奐が衛将軍(えいしょうぐん)の司馬望(しばぼう)を驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)に任ずる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【08月】
呉の孫晧が、上大将軍(じょうだいしょうぐん)の施績(しせき。朱績〈しゅせき〉)と大将軍の丁奉(ていほう)を左右の大司馬(だいしば)に任じたうえ、張布(ちょうふ)を驃騎将軍に任じて侍中を加官する。このほかにも多くの者の位階が進められ、恩賞が下賜された。これは呉のこれまでの例と同じである。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【09月】
戊午(ぼご)の日(1日)
魏の曹奐が中撫軍の司馬炎を撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)に任ずる。

辛未(しんび)の日(14日)
魏の曹奐が詔を下す。魏への帰順を申し出ていた呉の呂興(りょこう)について触れ、「呂興を使持節(しじせつ)・都督交趾諸軍事(ととくこうししょぐんじ)・南中大将軍(なんちゅうだいしょうぐん)に任じ、定安県侯(ていあんけんこう)に取り立てたうえ、適切に判断を下して職務を処理し、その執行後に上奏することを許す」というもの。

だが、この詔が届かないうちに、呂興は部下によって殺害された。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【09月】
呉の孫晧が朱太后(しゅたいこう)の位を貶(おと)して景皇后(けいこうごう)とする一方、亡き父の孫和(そんか)に新たに文皇帝(ぶんこうてい)と諡したうえ、母の何氏(かし)の位を上げ皇太后(こうたいごう)とする。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

⇒?月
この年、孫晧は亡き父の孫和に文皇帝という諡号(しごう)を追贈し、烏程(うてい)に築いた明陵(めいりょう)に改葬した。また、その墓守りのために200戸からなる園邑(えんゆう)を設置し、令(れい)と丞(じょう)を任命して陵の守護を命じた。
『三国志』(呉書・孫和伝)

【10月】
丁亥(ていがい)の日(1日)
魏の曹奐が詔を下す。呉への南下について触れ、かつて寿春(じゅしゅん)で捕虜になった、もと呉の配下で魏の相国参軍事(しょうこくさんぐんじ)の徐紹(じょしょう)と水曹掾(すいそうえん)の孫彧(そんいく)に、南方(呉)への帰還を命ずるもの。

これは国家の恩恵を明らかにする措置だとされ、呉への帰国にあたり、徐紹を兼散騎常侍(けんさんきじょうじ)・奉車都尉に任じたうえ都亭侯(とていこう)に取り立て、孫彧を兼給事黄門侍郎(けんきゅうじこうもんじろう)に任じたうえ関内侯に取り立てた。さらに、徐紹らに下賜した侍婢(じひ)や家族の同行も許した。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

⇒?月
この年、魏の相国の司馬昭が、かつて呉の寿春城を守っていて魏に降った、部将の徐紹と孫彧を呉に遣わし時勢の成り行きを説かせ、孫晧に降伏するよう勧告した。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…このとき司馬昭が孫晧に送ったという手紙について。

【10月】
丙午(へいご)の日(20日)
魏の曹奐が、撫軍大将軍・新昌郷侯(しんしょうきょうこう)の司馬炎を晋王の司馬昭の世子(せいし。跡継ぎ)に任ずる。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【10月】
呉の孫晧が、孫休の皇太子であった孫ワンを豫章王(よしょうおう)に封じ、その弟たち3人を汝南王(じょなんおう)・梁王(りょうおう)・陳王(ちんおう)に、それぞれ封じた。また、滕氏(とうし)を皇后(こうごう)に立てた。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

『江表伝』…即位当初の孫晧は思いやりのある詔を下したため、呉の人々は口をそろえて明君だと称えていたという話。

【11月】
呉の孫晧が濮陽興と張布を誅殺する。ふたりは孫晧を迎え帝位に即けたことを密かに後悔していたが、そのことで讒言(ざんげん)を受け処刑された。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

⇒?月
突然、万彧(ばんいく)が「濮陽興と張布は陛下を即位させたことを悔やんでおります」と讒言した。これを受け11月朔(さく。丁巳〈ていし〉の日〈1日〉)、孫晧は朝会のため参内した濮陽興と張布を捕縛させ、広州に配流(はいる)するよう命じた。さらにその配流の途中、あとから使者を遣わしてふたりを殺害させ、その一族も皆殺しにした。
『三国志』(呉書・濮陽興伝)

【12月】
呉の孫晧が孫休を定陵(ていりょう)に葬る。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【12月】
呉の孫晧が、滕皇后(とうこうごう)の父の滕牧(とうぼく)を高密侯(こうみつこう)に封じ、舅(母方のおじ)の何洪(かこう)ら3人も列侯に封ずる。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

【?月】
この年、魏の曹奐が屯田の官を廃止し、賦税(ふぜい)と役務を均一化する。各郡に設置していた典農(てんのう。典農中郎将〈てんのうちゅうろうしょう〉)はみな太守(たいしゅ)とし、都尉(とい。典農都尉)もみな県令(けんれい)や県長(けんちょう)とした。

また、蜀の旧民の中から魏に移住可能な者を勧誘したり、募集したりもした。これに応ずる民には2年分の食糧を給付し、20歳の者の力役(りきえき)や租税を免除して優遇した。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【?月】
この年、魏の曹奐のもとに「安弥県(あんびけん)と福禄県(ふくろくけん)で嘉禾(かか。穂がたくさん付いた、おめでたい穀物)が生えた」との報告が届いた。
『三国志』(魏書・陳留王紀)

【?月】
この年、魏の曹奐が交趾太守(こうしのたいしゅ)を任命し、交趾郡に赴任させた。
『三国志』(呉書・孫晧伝)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 260年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました