166年(漢の延熹9年)の主な出来事

-166年- 丙午(へいご)
【漢】 延熹(えんき)9年 ※桓帝(かんてい。劉志〈りゅうし〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
辛卯(しんぼう)の日(1日)、朔(さく)
日食が起こる。
『後漢書(ごかんじょ)』(桓帝紀〈かんていぎ〉)

【01月】
桓帝が、公卿(こうけい)や校尉(こうい)および郡国の刺史(しし)や太守(たいしゅ)に詔(みことのり)を下し至孝の者を推挙させる。
『後漢書』(桓帝紀)

【01月】
沛国(はいこく)の戴異(たいい)が、文字が刻まれていない金印を発見。広陵郡(こうりょうぐん)の龍尚(りょうしょう)らとともに井戸を祭って予言書を偽作し、太上皇(たいじょうこう)と称する。このためふたりとも誅殺された。
『後漢書』(桓帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注によると「戴異は沛国の賊。太上皇(『後漢紀〈ごかんき〉』では上皇帝)を自称し誅殺された」という。

同じく『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「龍尚は広陵郡の賊。戴異に組して反乱を起こしたため、誅殺された」という。また「李賢注(りけんちゅう)に引かれた『東観漢記(とうかんかんき)』を見る限り、この龍尚が首謀者とも取れるが、『後漢紀』には見えないことからやはり戴異のほうが太上皇であると推測できる」と指摘している。

【01月】
己酉(きゆう)の日(19日)
桓帝が詔を下し連年の不作による民の困窮ぶりに触れたうえ、「大司農(だいしのう)は今年の調度の徴発および昨年の未収分の徴収を打ち切るように。また、災異や盗賊の被害を受けた郡からは田租を徴収せず、そのほかの郡についてもすべて規定の半分を納めさせよ」とする。
『後漢書』(桓帝紀)

【01月】
荀爽(じゅんそう)が桓帝に上書を奉り、後宮の規模縮小を主張する。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【03月】
癸巳(きし)の日(4日)
洛陽(らくよう)に火の玉が現れ、人々を驚かせる。
『後漢書』(桓帝紀)

【03月】
司隷(しれい)と豫州(よしゅう)で多数の餓死者が出て、その数は10人に4、5人という惨状を呈する。このため一家ごと死に果てる者まで現れた。桓帝は三府の掾(えん)を遣わし賜与を行わせた。
『後漢書』(桓帝紀)

【03月】
陳留太守(ちんりゅうたいしゅ)の韋穀(いこく)が贈賄の罪により自殺する。
『後漢書』(桓帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「韋穀は陳留太守。蔵財(ぞうざい)の罪に問われて自殺した」という。この部分は贈賄の罪というふうに訳されていたが、不正蓄財の罪のようなニュアンスも感じられ、いくらか引っかかる。

【04月】
済陰(せいいん)・東郡(とうぐん)・済北(せいほく)・平原(へいげん)の4郡あたりの黄河(こうが)の水が澄む。
『後漢書』(桓帝紀)

【04月】
桓帝が司徒(しと)の許栩(きょく)を罷免する。
『後漢書』(桓帝紀)

【05月】
桓帝が太常(たいじょう)の胡広(ここう)を司徒に任ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【06月】
南匈奴(なんきょうど)および烏桓(うがん。烏丸)・鮮卑(せんぴ)が辺境の9郡に侵攻する。
『後漢書』(桓帝紀)

⇒06月
張奐(ちょうかん)が中央に召し還されたあと、鮮卑・南匈奴・烏丸が塞内に侵攻する。
『正史 三国志8』の年表

【07月】
沈氐羌(しんていきょう)が武威(ぶい)・張掖(ちょうえき)の両郡に侵攻する。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
桓帝が詔を下し、三公はそれぞれふたりずつ、九卿と校尉はそれぞれひとりずつ、武勇ある者を推挙するよう命ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【07月】
桓帝が太尉(たいい)の陳蕃(ちんはん)を罷免する。
『後漢書』(桓帝紀)

【08月】
庚午(こうご)の日(13日)
桓帝が濯龍宮(たくりょうきゅう)で黄帝(こうてい)と老子(ろうし)を祭る。
『後漢書』(桓帝紀)

【08月】
桓帝が、使匈奴中郎将(しきょうどちゅうろうしょう)の張奐に南匈奴・烏桓(烏丸)・鮮卑の討伐を命ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【09月】
桓帝が光禄勲(こうろくくん)の周景(しゅうけい)を太尉に任ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【09月】
南陽太守(なんようたいしゅ)の成瑨(せいしん)と太原太守(たいげんたいしゅ)の劉質(りゅうしつ)が、ともに誣告(ぶこく)を受けて公開処刑になる。
『後漢書』(桓帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「南陽太守の成瑨は宦官(かんがん)と結託していた郡内の張氾(ちょうはん)を、桓帝の赦令を無視してまで刑死させた。これにより宦官の劾奏(がいそう)を受けて彼も刑死した」という。また「この『後漢書』(陳蕃伝)などでは獄死であって、棄死(きし)ではないこと」を指摘している。

同じく『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「劉質は『後漢書』(王允伝〈おういんでん〉)などでは劉シツ(王+質)。太原太守。小黄門(しょうこうもん)の趙津(ちょうしん)を刑死させたことから、宦官の誣告を受けて彼も刑死した」という。また「『王允伝』などでは獄死、『後漢書』(襄楷伝〈じょうかいでん〉)の李賢注に引く謝承(しゃしょう)の『後漢書』では宗室であったため自殺を命ぜられたことになっており、こちらも棄死ではないこと」を指摘している。

【09月】
桓帝が司空(しくう)の劉茂(りゅうぼう)を罷免する。
『後漢書』(桓帝紀)

【09月】
大秦国王(だいしんこくおう。ローマ皇帝)の使者が漢(かん)に来朝し貢ぎ物を献ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

李賢注によると「このときローマ皇帝の安敦(あんとん。マルクス=アウレリウス=アントニヌス)が象牙・犀角(さいかく)・玳瑁(たいまい)などを献上した」という。

【12月】
洛陽城のそばにあった竹柏(ちくはく)が枯れる。
『後漢書』(桓帝紀)

【12月】
桓帝が光禄勲の宣酆(せんほう)を司空に任ずる。
『後漢書』(桓帝紀)

【12月】
南匈奴と烏桓(烏丸)が一族をひきい使匈奴中郎将の張奐に降る。
『後漢書』(桓帝紀)

【12月】「第一次党錮(とうこ)の禁」
司隷校尉(しれいこうい)の李膺(りよう)ら200余人が誣告を受け、党人(とうじん)と見なされる。彼らはみな投獄され、その名を朝廷の文書庫に書き付けられた。
『後漢書』(桓帝紀)

⇒12月
宦官の牢脩(ろうしゅう)が桓帝に上書し「李膺らが太学生(たいがくせい)たちと結び、党派を立てて政治を誹謗(ひぼう)しております」と告発する。これを受け桓帝は全国に党人に対する逮捕令を出す。逮捕の対象となった者は200余人。ある者は捕らえられ、ある者は地下に潜る。この際、皇甫規(こうほき)が「私も党人の一味だ」と自ら名乗り出たが、相手にされなかった。
『正史 三国志8』の年表

河内郡(かだいぐん)の牢脩が誣告したことについては李賢注でも触れられている。「事情は『後漢書』(劉淑伝〈りゅうしゅくでん〉)に詳しい」ともある。

【?月】
この年、桓帝が皇女の劉脩(りゅうしゅう)を陽翟長公主(ようたくちょうこうしゅ)に封じた。
『後漢書』(皇后紀〈こうごうき〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
160年代 正史年表
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました