太史慈(たいしじ)

【姓名】 太史慈(たいしじ) 【あざな】 子義(しぎ)

【原籍】 東萊郡(とうらいぐん)黄県(こうけん)

【生没】 166~206年(41歳)

【吉川】 第055話で初登場。
【演義】 第011回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・太史慈伝』あり。

一騎討ちから生まれた孫策(そんさく)との絆

父母ともに不詳。太史享(たいしきょう)という息子がいた。

太史慈は若いころから学問を好み、郡に仕えて「奏曹史(そうそうし)」を務める。

186年、東萊郡と青州(せいしゅう)との間で問題が持ち上がり、どちらの言い分が正しいのか判断がつかず、早く朝廷に上聞したほうが有利という状況になった。

このとき太史慈が東萊郡の使者に選ばれ、昼夜兼行で洛陽(らくよう)を目指す。すでに青州側の上章文は発送されていた。

洛陽到着後、太史慈は役所に取り次ぎを願い出ていた青州の使者を見つけ、言葉巧みに上章文を見せてもらうと、それを小刀で切り裂いてしまう。

こうして東萊郡の上章文だけが受理され、この件では青州に不利な処分が下った。自分の名は知られるようになったものの、太史慈は青州の役所から恨まれたので、災いを避けようと考え遼東(りょうとう)へ赴く。

北海国相(ほっかいこくしょう)の孔融(こうゆう)は太史慈のことを伝え聞いて人柄を評価し、たびたび彼の母のところへ贈り物を届けさせるようになる。

このころ孔融は黄巾(こうきん)討伐のため、軍勢をひきい都昌(としょう)に駐屯していたが、そこで管亥(かんがい)に包囲された。太史慈は遼東から戻ると、母の言葉に従って都昌に駆けつけ、夜陰に紛れ城内へ入る。

そして孔融の意向を受け、一計を案じて城外の包囲を見事に突破し、平原国相(へいげんこくしょう)の劉備(りゅうび)に救援を頼みに行く。劉備は太史慈の話に心を動かされ、3千の精兵を繰り出す。援軍の到着を聞いた賊軍は四散し、孔融は窮地を脱した。

しばらくして太史慈は長江(ちょうこう)を渡り、曲阿(きょくあ)で揚州刺史(ようしゅうしし)の劉繇(りゅうよう)と会う。そこへ孫策の軍勢が押し寄せたので、太史慈は敵情偵察に出た。

太史慈が騎兵ひとりを連れ神亭(しんてい)の辺りを駆けていたところ、ちょうど韓当(かんとう)・宋謙(そうけん)・黄蓋(こうがい)ら13騎を従えた孫策が姿を現す。

太史慈は臆することなく挑みかかり、自分の手戟(しゅげき)を奪われながらも、孫策から兜(かぶと)を奪ってみせる。ほどなく敵味方の歩騎が集まってきたので、ふたりは左右に分かれた。

太史慈は孫策に敗れた劉繇と豫章(よしょう)へ逃げようとしたが、途中の蕪湖(ぶこ)で行方をくらませ、山中に入って「丹楊太守(たんようのたいしゅ)」を称する。

太史慈がケイ県(けいけん)まで進出し屯府を置くと、多くの山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)が帰属した。それでも孫策自身が討伐に乗り出したことで、ついに太史慈は捕らえられてしまう。

だが孫策は太史慈の縄目を解き、すぐさま「門下督(もんかとく)」として起用。さらに呉県に戻ると兵を預け「折衝中郎将(せっしょうちゅうろうしょう)」に任じた。

195年、劉繇が豫章で病死し、配下の兵や民ら1万余人が行き場をなくしたとき、太史慈は孫策の命を受け安撫(あんぶ)にあたる。

側近たちは太史慈が戻ってくることはないと案じたが、孫策は疑いを抱かず彼の出発を見送った。太史慈はふた月以内に戻ると言い残し、約束どおり戻ってきた。

劉表(りゅうひょう)の従子(おい)の劉磐(りゅうはん)は勇猛で、しばしば艾(がい)や西安(せいあん)といった諸県を荒らしていた。

そこで孫策は海昬(かいこん)および建昌(けんしょう)近辺の6県を分割し、太史慈を「建昌都尉(けんしょうとい)」に任じて統治を委ね、海昬に役所を置かせる。太史慈が部将の指揮を執るようになると、劉磐が侵攻してくることもなくなった。

200年、急逝した孫策の跡を孫権(そんけん)が継ぐと、太史慈は劉磐の動きを抑えてきたことが評価され、南方地域の諸事を任せられた。

206年、太史慈は41歳で死去した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、太史慈は身長が7尺(せき)7寸(すん)あり、美しいひげと長い腕を持ち、その弓は百発百中だったそう。孫策に付き従い麻保(まほ)の賊を討伐した際、砦(とりで)の楼上で悪口を言っていた賊の手を射て柱に縫い付けたこともあったのだとか。

また、彼の評判を聞きつけた曹操(そうそう)から手紙が届いたこともあったといい、太史慈が文箱を開けてみると、手紙には何も書かれておらず、薬草の当帰(とうき)だけが入っていました。これは「当(まさ)に帰すべし」との謎かけだったという。

太史慈ほどの逸材ならみなが欲しがって当然ですけど、そのような中での孫策との出会いは本当に奇縁でしたね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】