177年(漢の熹平6年)の主な出来事

-177年- 丁巳(ていし)
【漢】 熹平(きへい)6年 ※霊帝(れいてい。劉宏〈りゅうこう〉)

月別および季節別の主な出来事

【01月】
辛丑(しんちゅう)の日(15日)
霊帝が大赦を行う。
『後漢書(ごかんじょ)』(霊帝紀〈れいていぎ〉)

【02月】
南宮の平城門(へいじょうもん)および武庫の東垣(とうえん)の屋根が自然に壊れる。
『後漢書』(霊帝紀)

李賢注(りけんちゅう)によると「平城門は洛陽城(らくようじょう)の南門である。蔡邕(さいよう)は『平城門は正陽(せいよう。真南)の門であり、宮殿に真っすぐに連なっており、郊祀の際には皇帝の法駕(ほうが)がこの門から出る。門の中で最も尊いものである』としている」という。

「また、武庫は禁中の武器を収める場所。東垣は武庫の外障(外側の塀)である。(京房〈けいぼう〉の)『易伝(えきでん)』に『小人が位にあると、その障りで城門が自然に壊れる』とある」という。

【04月】
大規模な日照りの被害が出る。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
7州で蝗(イナゴ)の被害が出る。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
鮮卑(せんぴ)が三辺(東西および北辺)から侵攻する。
『後漢書』(霊帝紀)

【04月】
霊帝が、宣陵(せんりょう。桓帝〈かんてい〉の陵)で喪に服していた数十人の商人をみな「太子舎人(たいししゃじん)」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
このころ蔡邕がしばしば封事(ほうじ)を行い、「政治と軍事全般について改革を行われますように」と主張するが、霊帝は聞き入れなかった。
『参考年表』

【07月】
霊帝が司空(しくう)の劉逸(りゅういつ)を罷免し、衛尉(えいい)の陳球(ちんきゅう)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【08月】
霊帝が、破鮮卑中郎将(はせんぴちゅうろうしょう)の田晏(でんあん)を雲中郡(うんちゅうぐん)から、使匈奴中郎将(しきょうどちゅうろうしょう)の臧旻(そうびん)と匈奴の南単于(なんぜんう)を雁門郡(がんもんぐん)から、護烏桓校尉(ごうがんこうい)の夏育(かいく)を高柳県(こうりゅうけん)から、それぞれ出撃させ、鮮卑の討伐を命ずる。しかし田晏らは大敗した。
『後漢書』(霊帝紀)

⇒08月
漢(かん)の軍勢が3方向から塞外に出て鮮卑の討伐を行う。しかし檀石槐(たんせきかい)のため大敗した。
『参考年表』

【10月】
癸丑(きちゅう)の日(1日)、朔(さく)
日食が起こる。
『後漢書』(霊帝紀)

【10月】
霊帝が太尉(たいい)の劉寛(りゅうかん)を罷免する。
『後漢書』(霊帝紀)

【10月】
霊帝が辟雍(へきよう)に臨む。
『後漢書』(霊帝紀)

【11月】
辛丑の日(20日)
洛陽で地震が起こる。
『後漢書』(霊帝紀)

【11月】
辛亥(しんがい)の日(30日)
霊帝が未決囚について、縑(きぬ)を納めることでその罪を購わせる。
『後漢書』(霊帝紀)

【11月】
霊帝が司空の陳球を罷免する。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
甲寅(こういん)の日(3日)
霊帝が太常(たいじょう)の孟戫(もういく)を「太尉」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
庚辰(こうしん)の日(29日)
霊帝が司徒の楊賜(ようし)を罷免する。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
霊帝が太常の陳耽(ちんたん)を「司空」に任ずる。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
鮮卑が遼西郡(りょうせいぐん)に侵攻する。
『後漢書』(霊帝紀)

【12月】
永安太僕(えいあんたいぼく)の王旻(おうびん)が投獄され獄死する。
『後漢書』(霊帝紀)

【?月】
この年、曹操が「頓丘県令(とんきゅうけんのれい)」に就任したあと、召し還されて「議郎(ぎろう)」に任ぜられた。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

【?月】
この年、王粲(おうさん)が生まれた(~217年)。
『参考年表』

「この年(177年)に生まれたとされる人物」
王粲(おうさん)・陳武(ちんぶ)・孫瑜(そんゆ)。
『正史三國志群雄銘銘傳(増補版)』(『三国志』年表)

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】