223年(魏の黄初4年・〈蜀の章武3年〉→建興元年・呉の黄武2年)の主な出来事

-223年- 癸卯(きぼう)
【魏】 黄初(こうしょ)4年 ※文帝(ぶんてい。曹丕〈そうひ〉)
【蜀】 (章武〈しょうぶ〉3年) → 建興(けんこう)元年 ※昭烈帝(しょうれつてい。劉備〈りゅうび〉) → 後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 黄武(こうぶ)2年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
魏(ぎ)の曹真(そうしん)が軍勢を分け、その一隊が江陵(こうりょう)の中洲(なかす)を占領する。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【01月】
呉(ご)の孫権が夏口(かこう)の江夏山(こうかざん)に城壁を築かせる。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【01月】
呉の孫権が四分暦(しぶんれき)を改め、乾象暦(けんしょうれき)を用いることを決める。
『三国志』(呉書・呉主伝)

『正史 三国志6』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の訳者注によると「乾象暦は後漢末(ごかんまつ)に劉洪(りゅうこう)が作った暦法。月の運行の変動を加味した優れた暦法だったとされる。後漢王朝の使用していた四分暦を改めて新しい暦法を採用したことは、呉が新しい王朝として制度を改めたことを天下に示したことになる」

「なお三国時代、魏では景初暦(けいしょれき)が、呉では乾象暦が、そして漢(かん)の跡を継ぐと称する蜀(しょく)では四分暦が用いられた。『晋書(しんじょ)』(律暦志〈りつれきし〉)に詳しい」とある。

【01月】
魏の曹丕が詔(みことのり)を下す。「四海のうちは平定されたばかりである」として、「自分勝手に個人的な復讐(ふくしゅう)をする者はすべて族殺する」というもの。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)

【?月】
魏の曹丕が宛(えん)に南巡台(なんじゅんだい)を築く。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【02月】
蜀の丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が成都(せいと)から永安(えいあん)に到着する。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・先主伝〈せんしゅでん〉)

【03月】
魏の曹仁(そうじん)が将軍(しょうぐん)の常彫(じょうちょう。常雕か?)らを遣わし、兵5千を油船(ゆせん。油を塗った皮をかぶせた船)に乗せ、明け方に濡須(じゅしゅ)の中洲に渡らせる。

曹仁の息子の曹泰(そうたい)は、そこを足場に呉の朱桓(しゅかん)を激しく攻め立てた。朱桓は手勢で防戦する一方、将軍の厳圭(げんけい)らを遣わして常彫を討ち破った。この月(3月)のうちに魏軍はすべて撤退した。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【03月】
丙申(へいしん)の日(8日)
魏の曹丕が宛から洛陽宮(らくようきゅう)に還幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
癸卯(きぼう)の日(15日)
月が心宿(しんしゅく。さそり座の中央部)の中央の大星(大火〈たいか〉。さそり座のアンタレス)を犯す。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
丙午(へいご)の日(18日)
魏の曹丕が詔を下す。「呉の孫権が魏の民を殺害したため、猛将に命じて征討に向かわせた」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏書』

この詔の中で「征東(征東大将軍〈せいとうだいしょうぐん〉の曹休〈そうきゅう〉)の諸軍は孫権の一味である呂範(りょはん)らと水戦を行い、4万の首を斬り1万艘(そう)の船を捕獲した。大司馬(だいしば。曹仁)は濡須を本拠として守備し、得た捕虜の数は1万に上る。中軍(中軍大将軍〈ちゅうぐんだいしょうぐん〉の曹真)と征南(征南大将軍〈せいなんだいしょうぐん〉の夏侯尚〈かこうしょう〉)は江陵を攻めて包囲し、左将軍(さしょうぐん)の張郃(ちょうこう)らの艦隊はまっすぐに渡河し、その南渚(なんしょ。江中にある中州)を攻め、水に向かって逃げて溺死した賊は数千人に及んだ」

「また、地下道を掘って城を攻めた際、城内には雀(スズメ)や鼠(ネズミ)も出入りできないようにし、それこそまな板の上の肉だった。ところが賊軍の中にひどい疫病が流行して長江(ちょうこう)を挟む一帯の地を汚染し、伝染する恐れがあった」として、周(しゅう)の武王(ぶおう)、漢の光武帝(こうぶてい)、成湯(せいとう。殷〈いん〉の開祖)の例を挙げ、「いま江陵の包囲を解き、死ぬ運命にあった捕虜たちを大目に見ることにし、そのうえ労役をやめ、国境の守備を中止したり削減したりして、士民の力を養うため全員に休息させることを命じた」とある。

【03月】「曹仁の死」
丁未(ていび)の日(19日)
魏の大司馬の曹仁が死去する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
先に蜀で反乱を起こした黄元(こうげん)が、軍を進めて臨邛県(りんきょうけん)を攻める。蜀の将軍の陳コツ(ちんこつ。勿+日)が黄元討伐に向かう。黄元は敗れて捕らえられ、成都に送られたあと斬られた。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【03月】
魏で疫病が大流行する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【04月】
呉の群臣が、孫権に帝位に即くよう勧進する。しかし孫権は承知しなかった。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【04月】「劉備の崩御(ほうぎょ)」
癸巳(きし)の日(24日?)
蜀の劉備が永安宮で崩御する。このとき63歳だった。
『三国志』(蜀書・先主伝)

『正史 三国志5』(井波律子〈いなみ・りつこ〉訳 ちくま学芸文庫)の訳者注によると「あとの諸葛亮の上奏文によれば、先主(劉備)の死は4月24日のことである。潘眉(はんび)は、この4月の1日が戊午(ぼご)で、24日は辛巳(しんし)にあたり、癸巳ではない」という。

「『二十史朔閏表(にじゅっしさくじゅんひょう)』では、1日が戊午の翌日の己未(きび)であり、24日は壬午(じんご)になる。いずれにしても癸巳の日は4月になく、誤りだろう」とある。

【05月】
鵜鶘(ペリカン)が霊芝池(れいしち)に群がり、これを受けて魏の曹丕が詔を下す。「この鳥は『詩経(しきょう)』でいう汚沢(おたく)である」として、曹風(そうふう)の詩(候人〈こうじん〉)を挙げ、「天下にいる、優れた徳を持ち、立派な才能を持つ人物、ずば抜けた品行の君子を広く推挙し、曹国の人の風刺に応えよ」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【05月】
劉備の柩(ひつぎ)が永安から成都に戻り、昭烈皇帝と諡(おくりな)される。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【05月】「劉禅の即位と蜀の改元」
蜀の劉禅が成都で即位する。このとき17歳だった。劉禅は、劉備の皇后(こうごう)である呉氏(ごし)を尊んで皇太后(こうたいごう)と呼び、大赦を行ったうえ「章武」を「建興」と改元した。
『三国志』(蜀書・後主伝)

⇒05月
蜀の劉禅が即位し「章武」を「建興」と改元する。引き続き諸葛亮が丞相として蜀の政治を執ることになった。
『正史 三国志8』(小南一郎訳 ちくま学芸文庫)の年表

【05月】
呉の孫権のもとに「曲阿(きょくあ)で甘露(かんろ)が降った」との報告が届く。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
蜀の劉禅が張氏(ちょうし。張飛〈ちょうひ〉の娘)を皇后に立てる。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【06月】
辛酉(しんゆう)の日(4日)
魏の担当官吏が曹丕に上奏する。ふたつの廟(びょう)の造営を求めるもので、「太皇帝(たいこうてい。曹丕の祖父の曹嵩〈そうすう〉)の廟を建て、大長秋(だいちょうしゅう)・特進侯(とくしんこう。曹丕の曾祖父の曹騰〈そうとう〉)は高祖(こうそ。曹丕の祖父の祖父にあたる曹節〈そうせつ〉)と合祭し、近しい関係が断ち切れれば、順序に従って廃止されますように。特に武皇帝(ぶこうてい。曹操〈そうそう〉)の廟をお建てになり、季節ごとに供物を捧げて祭祀をされ、魏の太祖(たいそ)として1万年ののちまで廃止されませんように」というもの。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

【06月】「曹彰(そうしょう)の死」
甲戌(こうじゅつ)の日(17日)
魏の曹丕の弟で、任城王(じんじょうおう)の曹彰が都(洛陽)で薨去(こうきょ)する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】「賈詡(かく)の死」
甲申(こうしん)の日(27日)
魏の太尉(たいい)の賈詡が死去する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
太白星(たいはくせい。金星)が昼間に現れる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
大雨により伊水(いすい)と洛水(らくすい)があふれ、多くの民が亡くなり家屋も破壊される。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
呉の孫権が将軍の賀斉(がせい)に命じ、麋芳(びほう)と劉邵(りゅうしょう)らをひきいて魏の蘄春(きしゅん)を攻めさせる。劉邵らは、先に呉から魏に寝返り蘄春太守(きしゅんのたいしゅ)に任ぜられていた晋宗(しんそう)を生け捕りにした。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【夏】
蜀の牂牁太守(そうかたいしゅ)の朱褒(しゅほう)が郡を擁して反乱を起こす。これより先、益州郡(えきしゅうぐん)で豪族の雍闓(ようかい)の反乱があり、太守の張裔(ちょうえい)を呉に追放し郡を占拠して服従しなかった。これに呼応する形で、越嶲(えっすい)の蛮族の王である高定(こうてい)も蜀に背いた。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【07月】
乙未(いつび)の日(9日)
魏の大軍が曹丕の東方巡幸に従い出発するにあたり、曹丕は太常(たいじょう)を遣わし、大きな牡牛(おうし)1頭を捧げて郊外で天を祭り、軍勢の出発を報告させる。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

【08月】
丁卯(ていぼう)の日(11日)
魏の曹丕が廷尉(ていい)の鍾繇(しょうよう)を太尉に任ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

ここで「『魏書』にいう」として、魏の担当官吏の上奏が載せられている。「漢氏の宗廟(そうびょう)で奏されます安世楽(あんせいがく)を正世楽(しょうせいがく)に、嘉至楽(かしがく)を迎霊楽(げいれいがく)に、武徳楽(ぶとくがく)を武頌楽(ぶしょうがく)に、昭容楽(しょうようがく)を昭業楽(しょうぎょうがく)に、雲翹舞(うんぎょうぶ)を鳳翔舞(ほうしょうぶ)に、育命舞(いくめいぶ)を霊応舞(れいおうぶ)に、武徳舞(ぶとくぶ)を武頌舞(ぶしょうぶ)に、文始舞(ぶんしぶ)を大韶舞(たいしょうぶ)に、五行舞(ごぎょうぶ)を大武舞(たいぶぶ)に、それぞれ改称されますように」というもの。

【08月】
辛未(しんび)の日(15日)
魏の曹丕が滎陽(けいよう)で木柵を作って狩猟を行い、そのまま東へ巡幸。「その巡幸の間に孫権征討のときの論功行賞を実施し、諸将以下それぞれ働きに応じて爵位を進め、領邑(りょうゆう)の加増を行った」とある。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【08月】
蜀の劉禅が劉備を恵陵(けいりょう)に葬る。
『三国志』(蜀書・先主伝)

【09月】
甲辰(こうしん)の日(19日)
魏の曹丕が許昌宮(きょしょうきゅう)に到着する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【?月】
この年、蜀の尚書郎(しょうしょろう)の鄧芝(とうし)が呉に遣わされ好(よしみ)を固める。
『三国志』(蜀書・後主伝)

⇒11月
蜀の中郎将(ちゅうろうしょう)の鄧芝が使者として呉を公式に訪問する。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【12月】
丙寅(へいいん)の日(12日)
魏の曹丕が山陽公(さんようこう。漢の献帝〈けんてい〉の劉協〈りゅうきょう〉)の夫人(曹操の娘で曹丕の妹)に化粧料として領地を賜与し、同じくその娘の曼(まん。劉曼〈りゅうまん〉)を長楽郡公主(ちょうらくぐんこうしゅ)に封ずる。賜与された領地はそれぞれ500戸だった。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

【冬】
魏の芳林園(ほうりんえん)に甘露が降りる。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注に引く『魏書』

ここで「臣(わたくし)裴松之が調べるに」とあり、「芳林園は今(宋代〈そうだい〉)の華林園(かりんえん)である。斉王(せいおう)の曹芳(そうほう)が帝位に即くと華林と改称したのである」と注釈している。

「この年(223年)に亡くなったとされる人物」
賈詡(かく)邢顒(けいぎょう)蘇則(そそく)曹儼(そうげん)曹貢(そうこう)曹彰(そうしょう)曹仁(そうじん)孫桓(そんかん)張既(ちょうき)劉備(りゅうび)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 220年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました