208年(漢の建安13年)の主な出来事

-208年- 戊子(ぼし)
【漢】 建安(けんあん)13年 ※献帝(けんてい。劉協〈りゅうきょう〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【01月】
曹操(そうそう)が鄴(ぎょう)に帰還し、玄武池(げんぶち)を造って水軍の訓練(肄〈い〉)を行う。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・武帝紀〈ぶていぎ〉)

ここで裴松之(はいしょうし)が「肄は『イ』の音である」としたうえ「『三蒼(さんそう)』にいう。肄は習(訓練)の意味である」と注釈している。

【01月】
献帝が司徒(しと)の趙温(ちょうおん)を罷免する。
『後漢書(ごかんじょ)』(献帝紀〈けんていぎ〉)

⇒?月
この年、曹操の息子の曹丕(そうひ)が司徒の趙温から招聘される。曹操がこの件を献帝に上奏し、「趙温は私におもねり、故意に実質を無視した選抜を行っております」と述べた。献帝は侍中(じちゅう)・守光禄勲(しゅこうろくくん。光禄勲代行)の郗慮(ちりょ)に節(せつ。使者のしるし)を持たせ、趙温に免職の辞令を伝えさせた。
『三国志』(魏書・文帝紀〈ぶんていぎ〉)の裴松之注に引く『献帝起居注(けんていききょちゅう)』

【春】
孫権(そんけん)が再び軍を動かし、劉表(りゅうひょう)配下の黄祖を攻める。黄祖は水軍を使って孫権軍を阻もうとしたが、孫権配下の都尉(とい)の呂蒙(りょもう)がその先鋒を討ち破り、淩統(りょうとう)や董襲(とうしゅう)らが精鋭を投入して攻め立てたため、ついに黄祖の城は攻め落とされた。

黄祖は身ひとつで逃走したが、孫権配下の騎兵の馮則(ふうそく)がこれを追って首級(くび)を挙げ、さらし物にした。黄祖配下の男女数万人は捕虜になった。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【?月】
献帝が三公を廃止し、丞相(じょうしょう)と御史大夫(ぎょしたいふ)の官を設置する。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒06月
献帝が三公を廃止し、丞相と御史大夫の官を設置する。
『後漢書』(献帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』(渡邉義浩〈わたなべ・よしひろ〉、岡本秀夫〈おかもと・ひでお〉、池田雅典〈いけだ・まさのり〉編 汲古書院)の補注によると「丞相は秦官(しんかん)。前漢(ぜんかん)も秦を継承して、丞相を行政の長としていたが、後漢(ごかん)は三公を設置して丞相を廃止していた。董卓(とうたく)は、相国(しょうこく)に就任して全権を掌握したが、三公は廃止しなかった。これに対して曹操は、丞相の官を復活させるとともに、三公を廃止して全権を掌握したのである」という。

同じく『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「御史大夫は秦官。百官の監察や弾劾を担当する。後漢の初めに丞相を廃止した際、御史大夫も廃止されていた」という。

【06月】
曹操が丞相に任ぜられる。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒06月
癸巳(きし)の日(9日)
曹操が自ら丞相に就任する。
『後漢書』(献帝紀)

【07月】
曹操が劉表討伐のため南方へ向かう。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒07月
曹操が南征し劉表を攻める。
『後漢書』(献帝紀)

【08月】「劉表の死」
劉表が死去し、息子の劉琮(りゅうそう)が代わって襄陽(じょうよう)に駐屯する。このとき劉表のもとにいた劉備(りゅうび)は樊(はん)に駐屯していた。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒08月
劉表が死去し息子の劉琮が跡を継ぐ。劉琮は荊州(けいしゅう)を挙げて曹操に降伏した。
『後漢書』(献帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「劉琮は劉表の息子。劉表の死後、長子を差し置いて跡を継いだ。曹操の南征を受けて降伏。青州刺史(せいしゅうのしし)・諫議大夫(かんぎたいふ)・参同軍事(さんどうぐんじ)に任ぜられた」という。

【08月】
丁未(ていび)の日(24日)
献帝が光禄勲の郗慮を御史大夫に任ずる。
『後漢書』(献帝紀)

李賢注(りけんちゅう)によると「『続漢書(しょくかんじょ)』に『郗慮はあざなを鴻豫(こうよ)といい、山陽郡(さんようぐん)高平県(こうへいけん)の人である。若くして鄭玄(ていげん)から経学(けいがく)を学んだ』とある」という。

【08月】
壬子(じんし)の日(29日)
曹操が太中大夫(たいちゅうたいふ)の孔融(こうゆう)を殺害し、一族も皆殺しにする。
『後漢書』(献帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「孔融は魯国(ろこく)の人、あざなを文挙(ぶんきょ)。孔子(こうし)の20世孫。博覧強記(はくらんきょうき)で高い文才を備えていたが、やや尊大の風があり、たびたび曹操を侮蔑(ぶべつ)していた。(このとき)ついに大逆の汚名を着せられて処刑された」という。

【09月】「劉琮の降伏」
曹操が新野(しんや)に到着する。ここで劉琮が曹操に降伏し、これを知った劉備は夏口(かこう)に逃走した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

『後漢書』(献帝紀)ではすでに8月の劉表死去の記事で、この劉琮降伏にも触れていた。

⇒08月
劉備が荊州から逃亡し、当陽(とうよう)の長坂(ちょうはん)で曹操に敗北を喫しながらも夏口にたどり着く。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

⇒?月
劉備が当陽の長坂で曹操に惨敗し、夏口に逃走する。
『三国志全人名事典』(『中国の思想』刊行委員会編著 徳間書店)の関連略年表

【?月】
曹操が江陵(こうりょう)に軍を進め、荊州の官民に布告を出す。過去を洗い流し、新たに出発することを宣言したもの。

曹操は荊州の降伏に功績があった15人を列侯(れっこう)に封じ、劉表の配下だった文聘(ぶんぺい)を江夏太守(こうかのたいしゅ)に取り立て旧来の兵を指揮させた。また、荊州の名士である韓嵩(かんすう)や鄧義(とうぎ)らを取り立てて任用した。

さらに益州牧(えきしゅうぼく)の劉璋(りゅうしょう)が初めて役夫(えきふ)の徴集要請を受け入れ、兵を遣わし曹操に助力した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

【?月】
劉備が夏口で孫権配下の魯粛(ろしゅく)と会い、孫権と結ぶことを決める。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
劉備の使者として諸葛亮(しょかつりょう)が柴桑(さいそう)に赴き、孫権と会見する。
『正史 三国志8』の年表

【?月】
曹操が孫権に書翰(しょかん)を送り降伏を勧める。孫権配下の張昭(ちょうしょう)らは曹操への帰順を主張したが、孫権は魯粛や周瑜(しゅうゆ)らの意見を用い、抗戦を決意した。
『正史 三国志8』の年表

【10月】
癸未(きび)の日(1日)、朔(さく)
日食が起こる。
『後漢書』(献帝紀)

【12月】
孫権が劉備に助力し合肥(ごうひ)の曹操軍を攻める。曹操は江陵から劉備討伐のために出撃し、巴丘(はきゅう)まで進む。その一方、張憙(ちょうき)を遣わして合肥を救援させた。合肥を攻めていた孫権は、張憙が来ると聞き逃走した。
『三国志』(魏書・武帝紀)

⇒12月
孫権が自ら合肥を包囲し、張昭に九江(きゅうこう)の当塗(とうと)を攻撃させたものの戦果はなかった。
『正史 三国志8』の年表

【12月】「赤壁(せきへき)の戦い」
曹操が赤壁に到着し、劉備らと戦うが敗れる。このとき疫病が大流行し、多くの官吏や士卒が死んだ。そのため曹操は軍を引き揚げて帰還した。こうして劉備は荊州の江南(こうなん)諸郡を支配することになった。
『三国志』(魏書・武帝紀)

『山陽公載記(さんようこうさいき)』…曹操の退却時の様子について。

ここで裴松之が「孫盛(そんせい)の『異同評(いどうひょう)』による」として、「(『三国志』の)『呉志(ごし。呉書)』には『劉備が曹操軍を討ち破ったあと、孫権が合肥を攻めた』とある。しかしここでは『孫権が合肥を攻めたあと、赤壁の戦いがあった』と記している。これは『呉志』にある順番が正しい」と指摘している。

⇒10月
曹操が船団をひきいて孫権の討伐に向かったものの、烏林(うりん)・赤壁で孫権配下の部将の周瑜に敗れる。
『後漢書』(献帝紀)

『全譯後漢書 第2冊』の補注によると「赤壁は湖北省(こほくしょう)赤壁の西北。長江(ちょうこう)を挟んで北が烏林、南が赤壁である。曹操の中国統一はこの敗戦により実現しなかった」という。

『後漢書』(献帝紀)では、曹操が船団をひきいて孫権の討伐に向かった時期は記しているが、烏林・赤壁で両軍が激突した時期については具体的に触れていないようだ。

【?月】
孫権配下の周瑜・程普(ていふ)らが、江陵を守っていた曹操配下の曹仁(そうじん)を攻める。
『正史 三国志8』の年表

⇒?月
孫権配下の周瑜らが、江陵で曹操配下の曹仁を包囲する。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 光人社)の『三国志』年表

【?月】
この年、孫権が賀斉(がせい)を遣わし黟県(いけん)と歙県(しょうけん)を攻めさせる。そして歙県を分割し、始新県(ししんけん)・新定県(しんていけん)・犁陽県(りようけん)・休陽県(きゅうようけん)の4県を設置したうえ、これらの6県を併せて新都郡(しんとぐん)を新設した。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒?月
この年、孫権が(丹陽郡〈たんようぐん〉から分割して)新都郡を設置した。
『後漢書』(郡国志〈ぐんこくし〉)

【?月】
この年、献帝が(漢中郡〈かんちゅうぐん〉の房陵県〈ぼうりょうけん〉を)新城郡(しんじょうぐん)に付けた。
『後漢書』(郡国志)の劉昭注(りゅうしょうちゅう)に引く『巴漢志(はかんし)』

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 200年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました