225年(魏の黄初6年・蜀の建興3年・呉の黄武4年)の主な出来事

-225年- 乙巳(いつし)
【魏】 黄初(こうしょ)6年 ※文帝(ぶんてい。曹丕〈そうひ〉)
【蜀】 建興(けんこう)3年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 黄武(こうぶ)4年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【02月】
魏(ぎ)の曹丕が使者を遣わし、許昌(きょしょう)以東、沛郡(はいぐん)の全域を巡行させ「民の困苦を慰問し貧民に救済策を施すように」と命ずる。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・文帝紀〈ぶんていぎ〉)

【02月】
魏の曹丕が詔(みことのり)を下す。尚書令(しょうしょれい)・潁郷侯(えいきょうこう)の陳羣(ちんぐん)を鎮軍大将軍(ちんぐんだいしょうぐん)に、尚書僕射(しょうしょぼくや)・西郷侯(せいきょうこう)の司馬懿(しばい)を撫軍大将軍(ぶぐんだいしょうぐん)に、それぞれ任ずる」というもの。

そして「もし朕(ちん)が長江(ちょうこう)に向かい諸将に策略を授ける場合には、撫軍将軍(司馬懿)は許昌に留守し後部にいる諸軍を統率せよ。留守の尚書台において文書の事をつかさどるように。鎮軍将軍(陳羣)は御車(みくるま)に随行し、衆軍を統率して行尚書事(こうしょうしょじ)を受け持つように」と命じ、ふたりを仮節(かせつ)としたうえ鼓吹(こすい。軍楽隊)を与え、中軍の歩騎600人を護衛として支給した。
『三国志』(魏書・文帝紀)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『魏略(ぎりゃく)』

【03月】
魏の曹丕が召陵(しょうりょう)に行幸し、討虜渠(とうりょきょ。運河の名)の開通を視察する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
乙巳(いつし)の日(28日)
魏の曹丕が許昌宮に還幸する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【03月】
蜀(しょく)の丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)が南方の4郡(益州〈えきしゅう〉・永昌〈えいしょう〉・牂牁〈そうか〉・越嶲〈えっすい〉)を征討し、この4郡が平定される。

蜀の劉禅は益州郡を建寧郡(けんねいぐん)と改め、建寧と永昌の両郡から一部を分割し雲南郡(うんなんぐん)を設置した。また、建寧と牂牁の両郡から一部を分割して興古郡(こうこぐん)を設置した。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

⇒?月
蜀の諸葛亮が南中(なんちゅう)に軍を進め、孟獲(もうかく)を降して滇池(てんち)まで至る。これにより益州(益州郡)・永昌・牂柯・越嶲が蜀の勢力下に入った。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【03月】
魏の幷州刺史(へいしゅうしし)の梁習(りょうしゅう)が鮮卑(せんぴ)の軻比能(かひのう)を討伐し、これを散々に討ち破る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【閏03月】
辛未(しんび)の日(24日)
魏の曹丕が水軍を整え、東方征討に赴く。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【05月】
戊申(ぼしん)の日(2日)
魏の曹丕が譙(しょう)に到着する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【05月】
壬戌(じんじゅつ)の日(16日)
熒惑星(けいわくせい。火星)が太微(たいび。星垣〈せいえん〉。しし座の西端にある10星)に入る。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【05月】「孫邵(そんしょう)の死」
呉(ご)の丞相の孫邵が死去する。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【06月】
魏の利成郡(りせいぐん)の兵士である蔡方(さいほう)らが郡を挙げて背き、利成太守(りせいたいしゅ)の徐質(じょしつ)を殺害する。曹丕は屯騎校尉(とんきこうい)の任福(じんふく)と歩兵校尉(ほへいこうい)の段昭(だんしょう)を遣わし、青州刺史(せいしゅうのしし。王淩〈おうりょう〉)と協力して討伐にあたらせた。

この反乱に加わった者のうち、脅迫されたり無理やり引き込まれた者、および反乱の発生によって亡命した者については全員の罪を赦した。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【06月】
呉の孫権が太常(たいじょう)の顧雍(こよう)を丞相に任ずる。
『三国志』(呉書・呉主伝)

また「『呉書』にいう」として、「尚書令の陳化(ちんか)を太常に任じた」ともある。

【07月】
魏の曹丕が息子の曹鑒(そうかん)を東武陽王(とうぶようおう)に封ずる。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【08月】
魏の曹丕が水軍をひきいて譙を発ち、渦水(かすい)を通って淮水(わいすい)に入り、陸路を進み徐(じょ)に到着する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【09月】
魏の曹丕が東巡台(とうじゅんだい)を築く。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【10月】
魏の曹丕が広陵(こうりょう)の古城に赴き、長江を前にして閲兵を行う。このとき魏の兵は10余万にも上り、数百里にわたって軍旗がはためいた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

『魏書』…曹丕が馬上で作った詩。

【10月】
魏の曹丕が軍を引き揚げる。この年は寒さが厳しく、水路が凍結したため長江に船を進めることができなかった。
『三国志』(魏書・文帝紀)

⇒冬
魏の曹丕自ら広陵まで軍を進めるが、厳しい寒さのため長江に船を入れられず、そのまま軍を引き揚げる。その帰路で呉の高寿(こうじゅ)らの夜襲を受け、副車(そえぐるま)と羽蓋(うがい。羽根で飾った馬車のかさ)を奪われた。
『三国志』(呉書・呉主伝)の裴松之注に引く『呉録(ごろく)』

⇒10月
魏の曹丕が再び呉討伐の軍を動かす。魏軍は広陵まで至るが、戦果のないまま軍を退いた。
『正史 三国志8』の年表

【11月】
魏の曹丕の息子で東武陽王の曹鑒が薨去(こうきょ)する。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【12月】
蜀の丞相の諸葛亮が南征を終え成都(せいと)に帰還する。
『三国志』(蜀書・後主伝)

⇒?月
蜀の諸葛亮が「七縦七擒の策(しちしょうしちきんのさく)」をもって南方の異民族を平定する。
『三国志全人名事典』(『中国の思想』刊行委員会編著 徳間書店)の関連略年表

【12月】
魏の曹丕が譙を発ち、梁(りょう)に行幸する。ここで使者を遣わして太牢(たいろう。牛・羊・豕〈イノコ〉)の犠牲(いけにえ)を捧げさせ、もとの漢(かん)の太尉(たいい)である橋玄(きょうげん)を祭らせた。
『三国志』(魏書・文帝紀)

【12月】
呉の鄱陽(はよう)の賊である彭綺(ほうき)が勝手に将軍を名乗り、周辺の諸県を攻め落とす。この一味に加わる者は数万に上った。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、呉の孫権のもとに「皖口(かんこう)で連理の木(れんりのき。根がふたつあり、上で枝がひとつに交わっている木。瑞祥〈ずいしょう〉のひとつ)が見つかった」との報告が届いた。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【?月】
この年、呉でたびたび地震が起こった。
『三国志』(呉書・呉主伝)

「この年(225年)に亡くなったとされる人物」
王士(おうし)夏侯尚(かこうしょう)龔禄(きょうろく)曹鑒(そうかん)孫邵(そんしょう)李邵(りしょう)A ※あざなは永南(えいなん)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 220年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました