246年(魏の正始7年・蜀の延熙9年・呉の赤烏9年)の主な出来事

-246年- 丙寅(へいいん)
【魏】 正始(せいし)7年 ※少帝(しょうてい。曹芳〈そうほう〉)
【蜀】 延熙(えんき)9年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)
【呉】 赤烏(せきう)9年 ※大帝(たいてい。孫権〈そんけん〉)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

月別および季節別の主な出来事

【02月】
魏(ぎ)の幽州刺史(ゆうしゅうしし)の毌丘倹(かんきゅうけん)が高句驪(こうくり。高句麗)を討伐する。
『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・斉王紀〈せいおうぎ〉)

⇒02月
魏の幽州刺史の毌丘倹が高句麗王(こうくりおう。高句麗王)の位宮(いきゅう)を討伐し、その都である丸都(がんと)を陥す。さらに毌丘倹は玄菟太守(げんとたいしゅ)の王頎(おうき)を追い、沃沮(よくしょ)から粛慎氏(しゅくしんし)の南界にまで軍を進めた。
『正史 三国志8』(小南一郎〈こみなみ・いちろう〉訳 ちくま学芸文庫)の年表

【02月】
呉(ご)の車騎将軍(しゃきしょうぐん)の朱然(しゅぜん)が魏の柤中(そちゅう)に軍を進め、1千余人を斬ったり捕虜にする。
『三国志』(呉書〈ごしょ〉・呉主伝〈ごしゅでん〉)

【04月】
呉の孫権のもとに「武昌(ぶしょう)で甘露(かんろ)が降った」との報告が届く。
『三国志』(呉書・呉主伝)

【05月】
魏の幽州刺史の毌丘倹が、高句驪に続き濊貊(わいばく)も討伐する。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【06月】
蜀(しょく)の費禕(ひい)が成都(せいと)に帰還する。
『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・後主伝〈こうしゅでん〉)

【?月】
東夷(とうい)の韓那奚(かんなけい)ら数十か国が、それぞれ部族をひきいて魏に降伏する。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【秋】
蜀の劉禅が大赦を行う。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【08月】
戊申(ぼしん)の日(6日)
魏の曹芳が詔(みことのり)を下す。「近ごろ市場で売り払われている奴婢(ぬひ)を見ると、みな70歳ほどであり、中には老衰や死にかけの病人までいる。そのうえ役所では、彼ら奴婢の体力が尽きてしまったために、これを再度売り払おうとしている」と指摘し、「これらすべての者を解放して平民とせよ。もし自活していけない者があれば、郡や県は救済してやるように」というもの。
『三国志』(魏書・斉王紀)

裴松之(はいしょうし)の調査…「帝(曹芳)が即位したてのころ(239年1月)、『官庁所属の奴婢で60歳以上の者は解放し平民とせよ』という詔を下していること」を指摘。

「これをそのまま永続的な制度とするのが当然なのに、それから7、8年のうちに、70歳にもなる者を売ったり、老衰や死にかけの病人といえば決して売れるような代物ではないのに、これを市場で売り払うと言っている。これらのことはどれもこれも理解しがたい」としている。

239年(魏の景初3年・蜀の延熙2年・呉の赤烏2年)の主な出来事
-239年- 己未(きび)【魏】 景初(けいしょ)3年 ※明帝(めいてい。曹叡〈そうえい〉) → 少帝(しょうてい。曹芳〈そうほう〉)【蜀】 延熙(えんき)2年 ※後主(こうしゅ。劉禅〈りゅうぜん〉)【呉】 赤烏(せきう)2年 ...

【08月】
己酉(きゆう)の日(7日)
魏の曹芳が詔を下す。19日(辛酉〈しんゆう〉の日?)に自ら祭祀を執り行うという予定について触れ、「先日、朕(ちん)が外出した際、すでに道路を整備しているのを目にした。もし雨が降れば、また改めて整備しなければならないのだから、これはいたずらに労力を費やしていることになる」と述べ、「老人や子どもを殴ったり鞭打ったりしてまで、道路整備をさせることがないようにせよ」というもの。
『三国志』(魏書・斉王紀)

【09月】
呉の孫権が、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん)の歩騭(ほしつ)を丞相(じょうしょう)に、車騎将軍の朱然を左大司馬(さだいしば)に、衛将軍(えいしょうぐん)の全琮(ぜんそう)を右大司馬(ゆうだいしば)に、鎮南将軍(ちんなんしょうぐん)の呂岱(りょたい)を上大将軍(じょうだいしょうぐん)に、威北将軍(いほくしょうぐん)の諸葛恪(しょかつかく)を大将軍(だいしょうぐん)に、それぞれ任ずる。
『三国志』(呉書・呉主伝)

⇒09月
呉の孫権が、歩騭を丞相に、朱然を左大司馬に、全琮を右大司馬に、それぞれ任ずる。また荊州(けいしゅう)をふたつに分け、呂岱と諸葛恪に軍事を委ねた。
『正史 三国志8』の年表

【11月】「蔣琬(しょうえん)の死」
蜀の大司馬の蔣琬が死去する。
『三国志』(蜀書・後主伝)

【?月】
蜀の劉禅が姜維(きょうい)を衛将軍に任じ、費禕とともに政治の枢にあたらせる。
『正史 三国志8』の年表

⇒12月
蜀の大司馬の蔣琬が病没。劉禅は姜維を衛将軍に任じ、費禕とともに政治の要にあたらせる。
『正史三國志群雄銘銘傳 増補・改訂版』(坂口和澄〈さかぐち・わずみ〉著 潮書房光人社)の『三国志』年表

【12月】
魏の曹芳が『礼記(らいき)』を終わりまで学び、太常(たいじょう)に命じて太牢(たいろう。牛・羊・豕〈イノコ〉)の犠牲(いけにえ)を捧げさせ、辟雍(へきよう。天子〈てんし〉が建てた太学〈たいがく〉)で孔子(こうし)を祭らせ、顔淵(がんえん)も併せて祭る。
『三国志』(魏書・斉王紀)

『漢晋春秋(かんしんしゅんじゅう)』…この年(246年)、呉の朱然が柤中に侵攻したため、柤中の官民1万余家が沔水(べんすい)を渡って避難した。その際、避難民の扱いを巡り司馬懿(しばい)と曹爽(そうそう)の意見が対立。曹爽は司馬懿の意見を聞き入れず、避難民を柤中へ帰した。すると朱然に背後から襲われ、討ち破られてしまった。

袁淮(えんわい)は曹爽に、江夏(こうか)より東にある淮南(わいなん)の諸郡を淮水(わいすい)の北へ移し、淮水・漢水(かんすい)以南の地を放棄するよう進言したが、曹爽は容れなかった。

【?月】
この年、呉の孫権が詔を下し、大銭(だいせん)の発行と通用をやめさせた。
『三国志』(呉書・呉主伝)の裴松之注に引く『江表伝(こうひょうでん)』

大銭については、先の236年春の記事および238年春の記事を参照。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
正史年表 240年代
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました