董允(とういん)

【姓名】 董允(とういん) 【あざな】 休昭(きゅうしょう)

【原籍】 南郡(なんぐん)枝江県(しこうけん)

【生没】 ?~246年(?歳)

【吉川】 第259話で初登場。
【演義】 第085回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・董允伝』あり。

諸葛亮(しょかつりょう)の信任を得て、厳格な態度で劉禅(りゅうぜん)を支える

父は董和(とうか)だが、母は不詳。息子についても不詳だが、孫として董宏(とうこう)の名が見えている。

董允は、劉備(りゅうび)が劉禅を「太子(たいし)」に立てた際に「舎人(しゃじん。太子舎人)」となり、のち「洗馬(せんば。太子洗馬)」に移った。

219年に劉禅が(漢中王〈かんちゅうおう〉の)「王太子(おうたいし)」に立てられたときのことなのか、221年に(蜀の)「皇太子(こうたいし)」に立てられたときのことなのかイマイチわからず。おそらく後者だと思われるが……。

223年、劉禅が帝位を継ぐと、董允は「黄門侍郎(こうもんじろう)」に昇進。

227年、丞相(じょうしょう)の諸葛亮が「出師表(すいしのひょう)」を奉呈し、北伐に着手。このとき董允は特に指名され、侍中(じちゅう)の郭攸之(かくゆうし)や費禕(ひい)らとともに宮中の諸事を取り仕切ることになる。

次いで諸葛亮が費禕を「参軍(さんぐん)」に起用したため、代わって董允が「侍中」に昇進し「虎賁中郎将(こほんちゅうろうしょう)」を兼ねた。

同僚の郭攸之はおとなしい性格で、劉禅に献言するのはもっぱら董允の役目だった。劉禅は後宮を美女で満たしたがったが、董允は、天子(てんし)の后妃は12人にすぎなかったという古代の建前を持ち出し、あくまで承知しなかった。

のちに尚書令(しょうしょれい)の蔣琬(しょうえん)が「益州刺史(えきしゅうのしし)」を兼ねた際、上疏して費禕や董允に地位を譲ろうとする。また別に上表し、董允に爵土を賜り、彼の勲功を褒賞してほしいと述べたものの、董允は固辞して受けなかった。

やがて劉禅は宦官(かんがん)の黄皓(こうこう)を寵愛するようになる。そこで董允は主君を矯正しようと考え、たびたび黄皓を責め立てた。そのため黄皓は董允を恐れ、悪事を働くこともできず、董允の存命中は「黄門丞(こうもんじょう)」にすぎなかった。

243年、董允は「輔国将軍(ほこくしょうぐん)」の官位を加えられる。

翌244年、董允は「侍中・守尚書令」のまま大将軍(だいしょうぐん)の費禕の次官となり、246年に死去した。

管理人「かぶらがわ」より

『三国志』(蜀書・費禕伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『費禕別伝(ひいべつでん)』によると、235年に蔣琬に代わって「尚書令」となった費禕は理解力が人並み外れており、報告書にサッと目を通しただけで内容を把握できたそうです。

さらに政務の合間に賓客と会い、飲食をしたり博奕(ばくえき。ばくち)まで楽しみながら、仕事を怠ることはなかったのだという。

のちに董允が費禕に代わり「尚書令」になると、前任者の費禕の仕事ぶりをまねてみますが、10日もすると業務が滞ってしまいました。そこで董允は嘆息し、自分と費禕の力量の差を素直に認めたのでした。

こうした様子からは董允の謙虚さがうかがえ、劉備や諸葛亮の抜てきが適切だったことも表していると思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】