句扶(こうふ)

【この記事をシェアする】

【姓名】 句扶(こうふ) 【あざな】 ?

【原籍】 巴西郡(はせいぐん)漢昌県(かんしょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・王平伝(おうへいでん)』に付された「句扶伝」あり。

王平に次ぐ功名を得たという将軍(しょうぐん)

父母ともに不詳。

句扶は忠誠心と武勇を兼ね備えており、寛大で親切だったという。彼はたびたび戦功を立て、同郡の王平に次ぐ功名と爵位を得る。官位は「左将軍(さしょうぐん)」まで、爵位は「宕渠侯(とうきょこう)」まで、それぞれ昇った。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く常璩(じょうきょ)の『華陽国志(かようこくし)』によると、張翼(ちょうよく)と廖化(りょうか)が並んで「大将軍(だいしょうぐん)」になると、当時の人々は「前に王(王平)・句(句扶)あり。後に張(張翼)・廖(廖化)あり」と言ったとありました。

この句扶については登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績に関する記事がなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】