臧洪(そうこう)

【姓名】 臧洪(そうこう) 【あざな】 子源(しげん)

【原籍】 広陵郡(こうりょうぐん)射陽県(しゃようけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・臧洪伝』あり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旧主へ尽くした忠義の代償は1万人近い官民

父は臧旻(そうびん)だが、母は不詳。

臧洪は体格や容貌が優れており、人並み外れて立派だった。孝廉(こうれん)に推挙され郎(ろう)となった。

当時は三署(五官中郎署〈ごかんちゅうろうしょ〉・左中郎署〈さちゅうろうしょ〉・右中郎署〈ゆうちゅうろうしょ〉)の郎から県長(けんちょう)を選んで任命するのが通例だった。

趙昱(ちょういく)が莒県長(きょけんのちょう)に、劉繇(りゅうよう)が下邑県長(かゆうけんのちょう)に、王朗(おうろう)が菑丘県長(しきゅうけんのちょう)に、それぞれ任ぜられると、臧洪も即丘県長(そくきゅうけんのちょう)に任ぜられた。

霊帝(れいてい。在位168~189年)の末年に官位を捨てて帰郷したところ、広陵太守(こうりょうたいしゅ)の張超(ちょうちょう)から招かれ功曹(こうそう)となった。

189年9月、董卓(とうたく)が少帝(しょうてい)を廃して弘農王(こうのうおう)に貶(おと)し、翌190年2月には殺害した。

臧洪が決起を促すと、張超は軍勢をひきいて陳留(ちんりゅう)へ行き、兄で陳留太守の張邈(ちょうばく)とともに挙兵した。

張邈と張超の兄弟、臧洪と親しかった兗州刺史(えんしゅうしし)の劉岱(りゅうたい)と豫州刺史(よしゅうしし)の孔伷(こうちゅう)、これに東郡太守(とうぐんたいしゅ)の橋瑁(きょうぼう)を加え、壇を築き、董卓討伐の誓約を行うことになった。

このときみな互いに儀式の進行役を譲り合い、そろって臧洪を推す。そこで彼がその役目を引き受けた。ところがしばらくすると、諸侯の中に率先して進撃しようとする者がおらず、兵糧も底を突いたため連合軍は解散してしまった。

翌191年?、臧洪は張超の命を受け、大司馬(だいしば)の劉虞(りゅうぐ)のもとへ遣わされる。しかし、公孫瓚(こうそんさん)の劉虞攻めにぶつかったり、河間(かかん)では公孫瓚と袁紹(えんしょう)の交戦に遭遇したため、使命を果たすことはできなかった。

それでも臧洪は袁紹と会見して高く評価され、友好関係を結んだ。ちょうど青州刺史(せいしゅうしし)の焦和(しょうか)が亡くなったので、袁紹は臧洪に青州を治めさせた。

臧洪が青州に在任した2年間に盗賊はすっかり駆逐された。袁紹は臧洪の手腕に感嘆し、東郡太守に転任させ東武陽(とうぶよう)に役所を置かせた。

194年、再び曹操(そうそう)が陶謙(とうけん)討伐に赴いた際、張超が陳宮(ちんきゅう)らと結託して曹操に背いた。張邈も陳宮の進言に従い、呂布(りょふ)を迎えて兗州牧(えんしゅうのぼく)とし、濮陽(ぼくよう)に立てこもった。

翌195年、呂布が定陶(ていとう)や鉅野(きょや)で曹操に敗れ、さらに東へ逃げて劉備(りゅうび)を頼った。張邈は呂布に付き従う一方、張超に命じて家族とともに雍丘(ようきゅう)を守らせた。

同年8月、雍丘にいた張超が曹操に包囲された。臧洪は、張超を救援するための兵馬を貸してほしいと頼んだが、袁紹は許可しなかった。そうしているうち12月に雍丘が陥落し、張超は自殺した。

このことから臧洪は袁紹と絶交。袁紹は軍勢を出して臧洪を包囲したが、年を経ても陥落させることができなかった。

袁紹は臧洪と同郷の陳琳(ちんりん)に手紙を書かせ、抵抗と帰順の利害について説き、これまでの恩義に背いたことを非難した。臧洪は返書を送り自分の考えを述べたが、袁紹はこの陳琳あての返書を読み、彼に降伏する意思がないことを知る。

袁紹が兵を増やして攻め立てると、臧洪は敗北を覚悟し、城内の官民に脱出するよう勧めた。ところが誰ひとり応ずる者はおらず、結局7、8千人が枕を並べて討ち死にした。

臧洪は生け捕りにされたが、あくまで袁紹の態度を非難し続けた。袁紹は臧洪を許して用いることをあきらめ、ついに処刑した。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く徐衆(じょしゅう)の『三国評(さんごくひょう)』では、「張超だけでなく、袁紹もまた臧洪を認めた親友であり、彼を青州や東郡の長官に引き上げてくれた」という点を指摘。「主君と臣下とは言えないまでも、一応は袁紹の任命を受けた以上、臧洪は道義的に袁紹を裏切れないはずだ」と述べています。

また、「このころ袁紹と曹操は友好関係を結び帝室を補佐していたが、呂布のほうは付いたり離れたりを繰り返し道義心もなく、反逆を意図するところがあった」。

「張邈と張超の兄弟は呂布を迎え、勝手に兗州牧として立てた。これは国法から言えば単なる罪人にすぎない。そのため曹操が張超を討伐し、袁紹が張超の救援を許可しなかったことは道理に外れているとは言えない。臧洪は袁紹に張超の救援を乞うべきではなかったし、このことから袁紹と仇敵(きゅうてき)になるべきではなかったのだ」とも。

そして、「臧洪が力不足だったのなら、他国へ逃亡して救援を要請することもできたし、袁紹の隙を見つけ張超に命を捧げることもできた」として、臧洪が、孤立無援の城を守り抜こうとして強硬な態度を取り続けたことに疑問を投げかけていました。

こういう見方が普通なのでしょうが、臧洪は旧恩があった張超を死なせたくなかっただけで、その反乱を援けようという意図はなかったと思うのですよね。

それでもこの件がきっかけとなり7、8千人もの官民が死ぬことになったのは事実。袁紹への抵抗を続けたことがよかったとも思えない。結局、袁紹の任命を受けたのがマズかったのかもしれません。もし張超のもとへ戻っていたら、そのあと臧洪はどうなっていたのでしょうね?
「群雄諸侯」収録人物一覧
三国志に登場する、諸侯クラスの人物の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 群雄諸侯
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました