張存(ちょうそん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 張存(ちょうそん) 【あざな】 処仁(しょじん)

【原籍】 南陽郡(なんようぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

戦死した龐統(ほうとう)を批判し免官される

父母ともに不詳。

211年、張存は「荊州従事(けいしゅうじゅうじ)」として劉備(りゅうび)に付き従い、蜀(しょく)へ入る。

翌212年、劉備は葭萌(かぼう)から反転し劉璋(りゅうしょう)を攻めた。

翌213年、張存は引き続き従軍して南方の雒(らく)まで進み、「広漢太守(こうかんのたいしゅ)」に任ぜられる。

翌214年、雒城攻めの最中に流れ矢を受けた龐統が戦死。劉備は龐統を賛美し、彼の死をひどく惜しむ。だが、張存は以前から龐統のことを評価しておらず、こう言った。

「龐統は忠義を尽くし、惜しむべき人物ではありますが、君子の道に反しておりました」

これを聞いた劉備の怒りを買い、張存は免官され、ほどなく病死(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は『三国志』(蜀書〈しょくしょ〉・楊戯伝〈ようぎでん〉)の『季漢輔臣賛(きかんほしんさん)』の陳寿(ちんじゅ)の注記によるもの。

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。『季漢輔臣賛』には(張存は)計策を立てた人物だとありますが、詳しいことはわかりませんでした。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】