孫基(そんき)

【姓名】 孫基(そんき) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫霸(そんは)の息子

父は孫霸だが、母は不詳。孫壱(そんいつ)は弟。

孫基は五鳳(ごほう)年間(254~256年)に呉侯(ごこう)に封ぜられた。

宮廷で孫亮(そんりょう)の側近として仕えていたが、257年に皇帝(こうてい)の御馬を盗んで乗ったとして投獄され、裁判に付された。このとき孫亮が侍中(じちゅう)の刁玄(ちょうげん)の進言を容れ、宮中に限定した恩赦を行ったため刑を免れた。

その後、264年に孫和(そんか)の息子である孫晧(そんこう)が帝位に即くと、孫和と孫霸の仲が悪かったことが採り上げられた。

これにより孫基と孫壱は爵位と封国を削られ、祖母の謝氏(しゃし)ともども会稽郡(かいけいぐん)の烏傷県(うしょうけん)へ強制移住させられた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

孫晧が帝位に即いてしまってはどうしようもない、という感じでしょうか? しかし、いまさら父親同士の仲が悪かったと言われてもなぁ……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました