王象(おうしょう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 王象(おうしょう) 【あざな】 羲伯(ぎはく)

【原籍】 河内郡(かだいぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・衛覬伝(えいきでん)』に付された「王象伝」あり。

『皇覧(こうらん)』の編纂(へんさん)にあたった名文家。羊飼いをしていた時期もある

父母ともに不詳。

王象は幼いころに両親を亡くし、他家の奴隷となった。17、8歳になると、羊飼いとして使役されながらもこっそり書物を読み、そのことから鞭(むち)や杖で打たれていた。

同郡の楊俊(ようしゅん)は才能や人柄を評価し、王象の身を買い戻して家に引き取る。のち彼のために嫁を迎えたうえ、新たに家まで建てた。

建安(けんあん)年間(196~220年)、王象は同郡の荀緯(じゅんい)らとともに、魏の王太子(おうたいし。217~220年)の曹丕(そうひ)から礼遇される。王粲(おうさん。217年没)・陳琳(ちんりん。217年没)・阮瑀(げんう。212年没)・路粋(ろすい。214年没)らが死去した後、新進の人物中では王象の才能が最も優れていたという。

魏が天下を支配すると、王象は「散騎侍郎(さんきじろう)」に任ぜられ、やがて「散騎常侍(さんきじょうじ)」に昇進し「列侯(れっこう)」に封ぜられる。

220年、曹丕が帝位に即くと、王象は詔(みことのり)を受けて(諸儒とともに)『皇覧』の編纂にあたり、「秘書監(ひしょかん)」を兼務した。

『皇覧』は数年を経て完成し宮中の記録保管庫に所蔵される。これは40余部から成るもので、各部が数十編に分かれており、合わせて800余万字にも上った。

王象は性格が温厚なうえ、文章も穏やかで典雅だった。そのため都の人々は心を寄せ、「儒学の宗家」と称したという。

222年、曹丕が宛(えん)に行幸した際、随行の官吏に対し、郡県に迷惑をかけてはならないとの詔を下す。ところが宛県令(えんけんのれい)は詔の趣旨を取り違え、市場の門を閉鎖してしまう。

これを聞いた曹丕は「朕(ちん)は盗賊なのか!」と言い腹を立て、宛県令と南陽太守(なんようたいしゅ)の楊俊を逮捕した。

このとき王象は、尚書僕射(しょうしょぼくや)の司馬懿(しばい)や散騎常侍の荀緯とともに楊俊の命乞いをする。みな顔を血に染めて叩頭(こうとう)したが、曹丕は許さなかった。

楊俊は、罪をわきまえていると言って自殺。人々は冤罪(えんざい)と考え、悲しみ悼んだという。王象は恩人の楊俊を救えなかったことを無念に思い、ほどなく病を得て亡くなった(時期は不明)。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。上で挙げた記事はほぼ『三国志』(魏書・楊俊伝)および裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるもの。

王象が恩人の命を救おうと懇願したのは当然で、立派な行為だと思うのですけど……。

まだ曹操(そうそう)が跡継ぎを決めていなかったころ、楊俊は曹丕と曹植(そうしょく)の一方に加担することこそなかったものの、内密に意見を求められた際に曹植のほうがより優れているとたたえ、このことで曹丕の恨みを買っていました。なので通常の命乞いより、曹丕が容れる可能性が低かったのではないかと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】