彭ヨウ(ほうよう)

【姓名】 彭ヨウ(ほうよう) 【あざな】 永年(えいねん)

【原籍】 広漢郡(こうかんぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第197話で初登場。
【演義】 第062回で初登場。
【正史】 登場人物。『蜀書(しょくしょ)・彭ヨウ伝』あり。

労役囚から州の高官まで昇るも、刑死の最期

父母ともに不詳。

彭ヨウは身長が8尺(せき)あり、甚だ魁偉(かいい)な容貌をしていた。また、驕慢(きょうまん)な性格で人を粗略に扱うことが多かったという。

ただ彭ヨウは同郡の秦宓(しんふく)だけは尊敬しており、広漢太守(こうかんたいしゅ)の許靖(きょせい)に秦宓を推薦したこともあった。

彭ヨウは州に仕えたものの一介の「書佐(しょさ)」にすぎず、そのうち益州牧(えきしゅうぼく)の劉璋(りゅうしょう)に彼の讒言(ざんげん)を吹き込む者が出る。これを受け彭ヨウは髠鉗(こんけん。髪を剃〈そ〉ったうえ首枷〈くびかせ〉をする)の刑に処され、労役囚となった。

211年、劉備(りゅうび)が益州へ入ると、彭ヨウは劉備に会って自分の思いを話したいと考え、彼に随行してきた龐統(ほうとう)を訪ねる。彭ヨウは龐統と面識がなく、ちょうど先方は来客中でもあったが、構わず寝台で横になって待つ。

客が帰ったので龐統が姿を見せると、まず彭ヨウは食事を出すよう求め、そのあと語り合い、結局はふた晩も泊めてもらう。このとき龐統から高く評価されたので、旧知の法正(ほうせい)に伴われ、葭萌(かぼう)で劉備に目通りすることができた。

すると劉備も彭ヨウを評価し、軍事に関する指示を諸将に伝える役などを命ずる。その働きぶりが劉備の意にかない、彼への知遇は日ごとに深まったという。

214年、劉備は成都(せいと)で劉璋を降したあと「益州牧」を兼ねたが、彭ヨウは「治中従事(ちちゅうじゅうじ)」に抜てきされた。

だが、彭ヨウは労役囚の身から起用され、一朝にして州の諸人の上に立つことになったので思い上がり、自身の厚遇を鼻にかける態度がひどくなる。

諸葛亮(しょかつりょう)は彭ヨウを手厚く扱っているように見せつつも、内心では快く思っておらず、しばしば劉備と内密に会い、彭ヨウへの注意を促していた。

そのため彭ヨウは次第に劉備から疎んぜられるようになり、やがて「江陽太守(こうようのたいしゅ)」に左遷された。

彭ヨウは遠方へ転出することに不満を抱き、馬超(ばちょう)を訪ねてこうした思いを語り、しまいには謀反まで持ちかけてしまう。馬超は彭ヨウが帰った後、彼の話した内容を詳しく上奏したため、彭ヨウは捕らえられ担当官吏に引き渡された。

彭ヨウは獄中から諸葛亮に手紙を送り、劉備に受けた大恩を裏切ったことを詫びたが、ついに処刑(時期は不明)された。このとき37歳だったという。

管理人「かぶらがわ」より

まず驚いたのが、『演義』や『吉川版』で使われていた彭ヨウがらみの設定のいくつかは史実に見えていたこと。彭ヨウが龐統のところへ押しかけたとか、馬超を相手に劉備への不満を述べたとか、いかにも創作らしかったのですけど、元ネタは史実だったのですね。

彭ヨウには実務能力があったのだと思いますが、自身の驕(おご)りを矯正することはできませんでした。そのこと自体は残念でしたが、彼の生きざまからは人間らしさのようなものも感じられました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】