魯粛(ろしゅく)

【この記事をシェアする】

【姓名】 魯粛(ろしゅく) 【あざな】 子敬(しけい)

【原籍】 臨淮郡(りんわいぐん)東城県(とうじょうけん)

【生没】 172~217年

【吉川】 第113話で初登場。
【演義】 第029回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・魯粛伝』あり。

周瑜(しゅうゆ)から大任を引き継ぎ、劉備(りゅうび)との調整役として活躍

父母ともに不詳。魯淑(ろしゅく)という息子がいた。

魯粛は生後まもなく父を亡くし、祖母とともに暮らす。家が裕福だったこともあり、彼は人々への援助を惜しまなかったという。

すでに天下は騒乱期に入っていたが、魯粛は家業を気にせず財産をばら撒(ま)き、田畑を売ってまで困窮する士人を救い、こうした人々と結びつくことで郷里の歓心を得る。

(198年ごろ)周瑜が「居巣県長(きょそうけんのちょう)」になると、数百人をひきいて魯粛のところへあいさつに訪れ、資金と食糧の援助を求めた。

すると魯粛は屋敷にふたつある3千斛(ごく)入りの蔵を指し示し、そのうちひとつをそっくり周瑜に提供してしまう。この様子を見た周瑜は魯粛の非凡さを改めて感じたので、以後ふたりは親しく付き合うようになった。

やがて魯粛は袁術(えんじゅつ)により「東城県長」に任ぜられるも、袁術の人物を見抜き、老弱の者や血気盛んな若者100余人を引き連れて居巣の周瑜のもとへ身を寄せる。

そして周瑜が居巣を離れ、長江(ちょうこう)を渡って東へ向かうと、魯粛も彼に同行し家族を曲阿(きょくあ)に住まわせた。

その後、祖母が亡くなったため、魯粛は柩(ひつぎ)を守って東城へ帰り、郷里で葬儀を執り行う。

先に魯粛は親友の劉曄(りゅうよう)から手紙を受け取っており、巣湖(そうこ)の鄭宝(ていほう)のところへ行くことに賛同していた。そこで祖母の葬儀を終えると曲阿に戻り、さっそく北へ向かおうとする。

ちょうど周瑜が魯粛の母を連れ呉県に着いたので事情を話すと、周瑜は(200年に急死した)孫策(そんさく)の跡を継いだ孫権(そんけん)に仕えるよう勧めた。魯粛は周瑜の意見に従って孫権に目通りし、大いに気に入られる。

張昭(ちょうしょう)は魯粛の傲慢さをとがめ、彼は若くて物事に通じていないから、任用すべきではないとの意見を述べた。それでも孫権は魯粛を重んじ、彼の母に衣服や帳(とばり)を贈ったりした。

208年、劉表(りゅうひょう)が死去すると、魯粛は孫権の許しを得て荊州(けいしゅう)へ赴く。

夏口(かこう)まで来たころ、すでに曹操(そうそう)が荊州へ向かったことを聞いたので、昼夜兼行で道を急ぐ。

こうして南郡(なんぐん)まで来ると、劉表の跡を継いだ劉ソウ(りゅうそう。王+宗)が曹操に降伏してしまい、劉備は長江を渡り南へ逃げようとしていることがわかる。

201年以降、劉備主従は荊州の劉表のもとに身を寄せていた。

魯粛は当陽(とうよう)の長阪(ちょうはん)で劉備に会い、孫権と協力して曹操にあたるよう説き、劉備を大喜びさせた。

このとき劉備のそばに諸葛亮(しょかつりょう)がいたが、魯粛から兄の諸葛瑾(しょかつきん)とは友人だと聞くと、彼らもまた親交を結ぶ。

劉備は夏口まで進むと諸葛亮を孫権のもとへ遣わすことにし、魯粛も一緒に戻って孫権に復命する。

その後、曹操軍に東進の動きが見られるとの情報を得て、孫権は諸将と対応を協議した。

みな曹操を迎え入れたほうがよいとの意見だったが、魯粛だけは発言しない。そのうち孫権が手洗いに立つと、魯粛は後を追っていく。

ここで魯粛は、私などは曹操に降っても出世できるが、あなた自身はどのような待遇を得られるとお考えなのかと述べ、みなの意見に流されないよう諫めた。孫権は魯粛と同じ思い(曹操軍との開戦)を持っていたことを明かし、気を取り直す。

このとき周瑜は鄱陽(はよう)にいたが、魯粛は彼を召し還すよう勧め孫権の同意を得る。

そして周瑜が軍勢の指揮を執ることになり、魯粛は「賛軍校尉(さんぐんこうい)」として作戦面を支え、荊州へと進軍を開始。「赤壁(せきへき)の戦い」において曹操軍を大破した。

のち劉備が京城(けいじょう。京口〈けいこう〉)で孫権と会見し、荊州の統治を認めるよう要求した際、魯粛だけは孫権に、荊州の地を劉備に貸し与え、われらとともに曹操を防がせたほうがよいと勧めた。

210年、周瑜が巴丘(はきゅう)で重体に陥ると孫権に上疏を行い、自分の後任として魯粛を推薦する。

これを受け魯粛は「奮武校尉(ふんぶこうい)」に任ぜられ、周瑜に代わって軍勢をひきいることになり、周瑜配下の4千余人に加え彼の封邑(ほうゆう)である4県も受け継いだ。

『三国志』(呉書・周瑜伝)によると、周瑜の封邑の4県とは下雋(かしゅん)・漢昌(かんしょう)・劉陽(りゅうよう)・州陵(しゅうりょう)を指す。

また、周瑜が務めていた「南郡太守」は程普(ていふ)が引き継ぐことになった。

初め魯粛は江陵(こうりょう)に駐屯したが、やがて長江を下って陸口(りくこう)に移駐。彼の統治下で威令と恩義が大いに行き渡り、配下の軍勢も1万余人に増えた。

のち魯粛は「漢昌太守・偏将軍(へんしょうぐん)」となる。

214年、魯粛は孫権に付き従って皖城(かんじょう)を攻略し「横江将軍(おうこうしょうぐん)」に転じた。

以前、益州牧(えきしゅうぼく)の劉璋(りゅうしょう)の政治がいい加減だったため、周瑜と甘寧(かんねい)が孫権に蜀(しょく)を取るよう勧めたことがあった。

孫権が劉備の意見を聴いたところ、彼は内心で蜀を取りたいと考えていたことから、自分と劉璋とは同じ漢(かん)の宗室に連なる者だとし、劉璋を大目に見てほしいと頼む。

ところが劉備は(211年に)軍勢をひきいて蜀へ入り、荊州に関羽(かんう)をとどめて守りを固めさせる。このようにして魯粛と関羽の勢力が隣り合うと、しばしば境界争いが起こったが、いつも魯粛は友好的に事態を収めた。

この年(214年)、劉備が成都(せいと)で劉璋を降すと、孫権は長沙(ちょうさ)・零陵(れいりょう)・桂陽(けいよう)の3郡の返還を求める。これを劉備が拒んだため、孫権は呂蒙(りょもう)に進軍を命じ、これら3郡を武力で取り返そうとした。

劉備は益州から公安(こうあん)に戻る一方、関羽を遣って呂蒙らの動きに抵抗。魯粛は益陽(えきよう)に軍勢をとどめつつ関羽との会見を実現させる。

この会見がきっかけになり孫権と劉備の間で話がまとまると、湘水(しょうすい)を境として荊州を両者で分割統治することになった。

217年、魯粛が46歳で死去すると孫権は哭礼(こくれい)を行い、葬儀にも臨席した。諸葛亮もまた彼のために喪に服したという。

管理人「かぶらがわ」より

本伝の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く韋昭(いしょう。韋曜〈いよう〉)の『呉書』によると。

魯粛は方正かつ謹厳な人柄で、自分を飾らず、暮らしぶりも質素で、俗人が好むようなものに興味を示さなかったという。軍の指揮ぶりもきっちりとしていて、禁令がしっかり守られたのだとも。

そのうえ遠征中も書物を手放さず、談論や文章に長けていたうえ先々のことまで考えが及び、優れた洞察力の持ち主でもあったそうです。

これらの特長は魯粛の実相に近いと感じられますから、孫権のみならず劉備にとってもありがたい存在だったのでしょう。

とはいえ「赤壁の戦い」以後の荊州や益州を巡る立ち回りについては、孫権が劉備にうまくやられてしまった感がありました。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】