周泰(しゅうたい)

【この記事をシェアする】

【姓名】 周泰(しゅうたい) 【あざな】 幼平(ようへい)

【原籍】 九江郡(きゅうこうぐん)下蔡県(かさいけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第055話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・周泰伝』あり。

満身創痍(まんしんそうい)になりながら孫権(そんけん)の命を救う

父母ともに不詳。息子の周邵(しゅうしょう)は跡継ぎで、周承(しゅうしょう)も同じく息子。

194年、孫策(そんさく)が袁術(えんじゅつ)のもとに身を寄せたが、このころ周泰は蔣欽(しょうきん)とともに孫策のそば仕えとなる。そして慎み深い態度をもって付き従い、たびたび戦功を立てた。

196年、孫策が会稽(かいけい)に入ると、周泰は「別部司馬(べつぶしば)」に任ぜられ兵を授かり、のち許しを得て孫権の配下に移った。

孫策が六県(りくけん)の山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)を討伐したとき、孫権は宣城(せんじょう)に駐屯していた。宣城の守備兵は1千に満たなかったが、孫権は油断し防御のための柵すら整えなかった。

そこへ数千の山越が押し寄せ、孫権が馬に乗ったときには左右に敵のやいばが迫るというありさまで、みなあわてふためく。しかし周泰だけは奮闘し、命がけで孫権の身を守る。彼は敵が散りぢりになったあと昏倒(こんとう)したが、全身の12か所に傷を負っていた。孫策は弟を救ってくれたことに深く感謝し、周泰を「春穀県長(しゅんこくけんのちょう)」に任じた。

その後、周泰は皖(かん)攻めや江夏(こうか)討伐に加わり、帰途で豫章(よしょう)に立ち寄った際、「宜春県長(ぎしゅんけんのちょう)」に転ずる。これまで同様、任地における租税を俸禄として賜った。

203年、周泰は孫権の黄祖(こうそ)討伐で功を立て、208年、周瑜(しゅうゆ)や程普(ていふ)とともに赤壁(せきへき)で曹操(そうそう)を大破。次いで南郡(なんぐん)にとどまった曹仁(そうじん)を攻める。

翌209年、曹仁らが江陵(こうりょう)から撤退した後、孫権軍が南郡を占拠して荊州(けいしゅう)を平定。周泰は岑(しん)に駐屯することになった。

216年、曹操が濡須(じゅしゅ)に進軍してくると、周泰は軍勢をひきいて迎撃にあたり、撃退後は「濡須督(じゅしゅのとく)」としてとどまり「平虜将軍(へいりょしょうぐん)」に任ぜられた。

219年、孫権が劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)を撃破すると、さらに蜀(しょく)の攻略をもくろむ。周泰は「奮威将軍(ふんいしょうぐん)・(名目上の)漢中太守(かんちゅうのたいしゅ)」に任ぜられ「陵陽侯(りょうようこう)」に封ぜられた。

のち黄武(こうぶ)年間(222~229年)に周泰は死去し、息子の周邵が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、周泰が「濡須督」を務めていたころ、指揮下にあった朱然(しゅぜん)や徐盛(じょせい)らは命令を聞こうとしなかったそうです。

そのため孫権は濡須塢(じゅしゅう。堡塁〈ほるい〉)まで出向き、部将を集め盛宴を開きます。孫権は自ら酌をして回り、周泰のところへ来ると上着を脱ぐよう言い、彼の傷跡を指さしながら、それぞれの傷にまつわる戦いの様子を語らせました。

さらに翌日、周泰に自分が使っている御蓋(きぬがさ)を授けると、それ以後は徐盛らも周泰の命令に従うようになったのだとか。

周泰は寒門(権勢のない家柄)の出だったというので、孫権が彼への感謝の気持ちを効果的な演出も交えて示してみせたらしい。これはなかなかうまいやり方ですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】