孫氏(そんし)I ※孫堅(そんけん)の妹、徐真(じょしん)の妻

【姓名】 孫氏(そんし) ※名とあざなは不詳

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫堅(そんけん)の妹

父母ともに不詳。孫羌(そんきょう)と孫堅は兄で、孫静(そんせい)も兄弟。

孫氏は兄の孫堅と親交のあった徐真(じょしん)に嫁ぎ、徐琨(じょこん)を儲けた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫権徐夫人伝〈そんけんじょふじんでん〉)によると、孫氏の息子の徐琨が、孫策(そんさく)の下で横江(おうこう)の樊能(はんのう)と于麋(うび)らを討伐する作戦に参加し、当利口(とうりこう)で張英(ちょうえい)と戦ったことがありました。

しかし、このとき船が不足していたため、孫策は軍勢を留めて補充しようとします。そのとき軍中にいた孫氏は徐琨に言いました。

「揚州(ようしゅう)の役所が多数の水軍を動員してくると戦いは不利になります。このまま軍勢を留めておいてはいけません。蘆(ガマ)や葦(アシ)を刈って筏(いかだ)を作り、船の役目を補いながら軍勢を渡せばよいのです」

徐琨が母の意見を上言すると、孫策はすぐさま実行に移し、すべての軍勢を渡河させることができたのだそう。こうして張英を討ち破り、笮融(さくゆう)と劉繇(りゅうよう)を追い散らし、江南(こうなん)経営の基盤を定めることができたとも。

このあと徐琨は孫策の上表により、丹楊太守(たんようのたいしゅ)の職務にあたることになりました。息子の出世にもひと役買った形。女性の身で作戦にまで助言しているところなどをみると、いかにも孫堅の妹という感じがしますね。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました