蔣欽(しょうきん)

【この記事をシェアする】

【姓名】 蔣欽(しょうきん) 【あざな】 公奕(こうえき)

【原籍】 九江郡(きゅうこうぐん)寿春県(じゅしゅんけん)

【生没】 ?~219年(?歳)

【吉川】 第055話で初登場。
【演義】 第015回で初登場。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・蔣欽伝』あり。

孫権(そんけん)の言葉に発奮し学問に励み、呂蒙(りょもう)ともども目覚ましい進歩を遂げる

父母ともに不詳。息子の蔣壱(しょういつ)は跡継ぎで、蔣休(しょうりん)も同じく息子。

194年、孫策(そんさく)が袁術(えんじゅつ)のもとに身を寄せたが、このころ蔣欽は孫策のそば仕えとなった。

やがて孫策が江東(こうとう)へ渡ると、蔣欽は「別部司馬(べつぶしば)」に任ぜられ兵を授かる。こうして孫策に付き従い3郡を平定し、続く豫章(よしょう)の平定にも加わった。

蔣欽は「葛陽県尉(かつようけんのい)」に任ぜられ、3県の「県長(けんちょう)」を務める間に盗賊らを討ち平らげ、「会稽西部都尉(かいけいせいぶとい)」に昇進。

東冶(とうや)の呂合(りょごう)や秦狼(しんろう)らが反乱を起こすと、また蔣欽が兵をひきいて討伐にあたり、ふたりを捕らえて5県を平定した。功により「討越中郎将(とうえつちゅうろうしょう)」となり、ケイ拘(けいこう。氵+巠)と昭陽(しょうよう)を封邑(ほうゆう)として与えられた。

208年、賀斉(がせい)が黟県(いけん)の反乱の討伐に向かうと、蔣欽も1万の兵を指揮して助力する。

215年、孫権の合肥(ごうひ)遠征に参加する。このとき曹操(そうそう)配下の張遼(ちょうりょう)の急襲を受け、渡し場の北で孫権が危機に陥ったが、蔣欽の力戦もあって事なきを得た。功により「盪寇将軍(とうこうしょうぐん)」に昇進し「濡須督(じゅしゅのとく)」を兼ねる。

その後、蔣欽は都へ召し還されて「右護軍(ゆうごぐん)」となり、訴訟の処理を取り仕切った。

初め蔣欽が宣城(せんじょう)に駐屯していたころ、豫章の不服従民を討伐したことがあったが、この間に蕪湖県令(ぶこけんれい)の徐盛(じょせい)が留守を預かる蔣欽配下の役人を捕らえ、上表して斬刑に処そうとする。

しかし孫権は蔣欽が遠征中だったことから、その役人を斬るのを許さない。これ以来、徐盛は蔣欽の報復を恐れるようになった。

217年、曹操が濡須へ進軍してくると、蔣欽と呂蒙が諸軍を指揮して迎撃にあたる。ところが蔣欽は(私怨〈しえん〉を忘れ)徐盛の優れたところをたたえたので、そのうち徐盛も彼に心服するようになり、論者の間にも蔣欽のよい評判が立ったという。

219年、孫権が劉備(りゅうび)配下の関羽(かんう)を討伐したとき、蔣欽は水軍をひきいて沔水(べんすい。漢水〈かんすい〉)へ進む。

だが帰還の途中で病死し、息子の蔣壱が跡を継いだ。孫権は喪服を着けて哭礼(こくれい)を行い、蔣欽の妻子に蕪湖の200戸と田地200頃(けい)を授けた。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には、孫権が蔣欽の屋敷に立ち寄った際の話がありました。

このとき孫権は、蔣欽の母や妻妾(さいしょう)らが粗末な衣服を身に着けている様子を目にします。孫権は蔣欽が高位にありながら倹約を心がけていることに感動し、御府(ぎょふ。宮中で使用する衣服などを製作する役所)に命じて立派な品々と取り換えさせたのだとか。

また、蔣欽と呂蒙が孫権に諭されて学問に励むようになったという逸話が、『三国志』(呉書・呂蒙伝)の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く虞溥(ぐふ)の『江表伝(こうひょうでん)』に見えています。

呂蒙が儒者をもしのぐ読書量で目覚ましい進歩を遂げ、のちに魯粛(ろしゅく)を驚かせた話は有名ですけど……。実は蔣欽も同じように努力して、ふたりとも孫権から国士と評価されるに至ったのですよね。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】