曹潜(そうせん)

【姓名】 曹潜(そうせん) 【あざな】 ?

【原籍】 沛国(はいこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~233年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

曹鑠(そうしゃく)の息子、相愍王(しょうのびんおう)

父は曹鑠だが、母は不詳。息子?の曹偃(そうえん)は跡継ぎ。

233年、曹潜は早くに薨去(こうきょ)した曹鑠の跡を継ぎ相王(しょうおう)に封ぜられたものの、同年に薨去した。

翌234年に息子?の曹偃が跡を継いだ。このときの封邑(ほうゆう)は2,500戸だった。ところが、236年に曹偃が薨去。彼には息子がなく封国は没収された。

その後、255年になり、楽陵王(らくりょうおう)の曹茂(そうぼう)の息子である陽都郷侯(ようときょうこう)の曹竦(そうしょう)が、曹鑠の跡継ぎとして立てられた。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。具体的な事績についての記事がなく、どのような人物だったのかはわかりませんでした。

また、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・相殤王鑠伝〈しょうしょうおうしゃくでん〉)を見た限りでは、曹潜の跡を継いだ曹偃が、曹鑠の息子(つまり曹潜の弟)なのか曹潜の息子なのかイマイチわかりにくかったです。

『三国志全人名事典』(『中国の思想』刊行委員会編著 徳間書店)を見ると、曹偃は曹潜の子だとありました。ですが同書の「曹氏系譜」を見ると、曹偃は曹潜の下(息子)ではなく隣(弟?)に置かれていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
魏の曹氏 人物データ
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました