許褚(きょちょ)

【この記事をシェアする】

【姓名】 許褚(きょちょ) 【あざな】 仲康(ちゅうこう)

【原籍】 譙国(しょうこく)譙県(しょうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 第044話で初登場。
【演義】 第012回で初登場。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・許褚伝』あり。

曹操(そうそう)の信愛に応える奮闘ぶり

父母ともに不詳。許定(きょてい)は兄。息子の許儀(きょぎ)は跡継ぎで、ほかにも息子がいたことがうかがえる。

許褚は身長が8尺(せき)余り、腰回りが10囲(い)と大きく、勇ましい容貌と毅然とした態度で知られ、武勇や力量は人並み外れていた。

後漢(ごかん)末、許褚は若者とその一族ら数千家を集め、ともに砦(とりで)を築き賊の侵入を防ぐ。汝南(じょなん)の葛陂(かつひ)の賊1万余人が攻め寄せた際、許褚は手勢が少ないため対抗できず、力の限り戦って疲れきった。

そのうち武器や矢弾も尽きると、砦の男女に湯飲みか升ほどの石を集めさせる。許褚の投げる石に当たった者はみな打ち砕かれ、賊は思い切って進んでこなかった。

やがて食糧が欠乏したため許褚は賊と和睦を図り、牛と食糧を交換。賊は牛を受け取ったものの、これがすぐに逃げ帰ってきてしまう。

そこで許褚は砦の前に出て、片手で牛の尾を引きながら賊のほうまで100歩ほど進む。この様子を見た賊は仰天し、そのまま牛を受け取らずに逃げ散った。淮(わい)・汝・陳(ちん)・梁(りょう)の辺りでは話を伝え聞き、みな彼を恐れ憚(はばか)ったという。

その後、曹操が淮や汝を攻め落とすと、許褚は仲間を引き連れ帰服した。曹操は許褚と会い、その勇壮さに感心して言う。

「これは私の樊噲(はんかい)だ」

樊噲は前漢(ぜんかん)の高祖(こうそ。劉邦〈りゅうほう〉)に仕えた侍衛で、挙兵当初から付き従っていた。

すぐさま「都尉(とい)」に任じて警護の役を命じ、彼の配下にいた俠客(きょうかく)をみな「虎士(こし。近衛兵)」とした。

198年、許褚は曹操の張繡(ちょうしゅう)討伐で先陣を務め、5ケタに上る(もちろん実数ではないと思われる)首を斬り「校尉(こうい)」に昇進。

翌199年、曹操に付き従い、翌200年にかけて袁紹(えんしょう)との「官渡(かんと)の戦い」でも活躍。

このころ、いつも曹操に随行していた兵士の徐他(じょた)らが謀反を企てる。しかし、許褚が曹操の左右に侍していたのでなかなか行動を起こせないでいた。

徐他らは許褚が休暇で外出する機会を狙い、懐中に剣を忍ばせ曹操の幕舎へ入る。ところが、許褚は自分の軍営まで来たところで胸騒ぎを覚え、引き返し侍衛に就いていた。

驚いた徐他らが顔色を変えると許褚は企みに気づき、即座にみな打ち殺す。いよいよ曹操は信愛の度を深め、彼を出入りに同行させて左右から離さなかった。

204年、許褚は曹操に付き従い鄴(ぎょう)を包囲し、力戦して功を立て「関内侯(かんだいこう)」に封ぜられる。

211年、曹操に付き従い、潼関(とうかん)で韓遂(かんすい)や馬超(ばちょう)と対峙(たいじ)。このとき曹操は渭水(いすい)の北岸へ渡ろうとしたが、先に兵を渡し、許褚と虎士100余人だけで南岸にとどまっていた。そこへ馬超が歩騎1万余人をひきいて攻め寄せ、雨のように矢を射込ませる。

許褚は曹操を助けつつ船に乗せたが、この船によじ登ってくる味方の虎士を斬り捨てながら、左手に鞍(くら)を掲げて矢を防いだ。ほどなく船頭が流れ矢を受けて死んでしまうと、許褚は右手で船を漕(こ)ぎ、やっとのことで渡りきる。この日は許褚がいなければ、曹操の身もまったく危うかったという。

のち曹操は単身で馬に乗り、韓遂や馬超と会見する。側近は誰もお供できず、ただ許褚ひとりが付いていた。馬超はこの機会にひそかに突きかかるつもりだったが、かねてから許褚の武勇を聞いていたので、お供の騎馬武者が彼かと疑う。

そこで、こう尋ねてみる。

「『虎侯(ここう)』という者がいるそうだが、どこにいるのか?」

曹操が振り返り指をさすと、許褚は目を怒らせて馬超をにらむ。すると馬超はあえて行動を起こそうとせず、それぞれ引き揚げることになった。

数日後、曹操は馬超らを大破したが、許褚自身も首級を挙げ「武衛中郎将(ぶえいちゅうろうしょう)」に昇進。「武衛」という称号はこれから始まったという。

軍中では、許褚の力が虎(トラ)のようであり、また彼が痴(ぼうっとしている様子)であることから「虎痴(こち)」と号した。許褚は慎み深く、法律を順守し、質朴で重々しく、口数が少なかった。

あるとき曹仁(そうじん)が荊州(けいしゅう)から戻り、まだ曹操が出御(しゅつぎょ)しないうち、宮殿の外で許褚に出会う。曹仁は部屋に呼び入れ、座って語り合おうとしたが、許褚はこう言って宮殿へ引き返す。

「王(曹操)にはもうお出ましになりましょう」

あまりに素っ気ない態度を取られたため、曹仁は心中で彼を恨んだ。

ある人が許褚をとがめて言った。

「征南将軍(せいなんしょうぐん。曹仁)は王族の重臣です。その方がへりくだって呼びかけられたのに、どうしてきみはお誘いを断ったのか?」

許褚は答えた。

「あの方は王族の重臣ながら、あくまで外におられる大名です。私は朝廷の一内臣にすぎませんから、大勢がいる場で談合すれば十分です。どうして部屋に入っての個人的な付き合いが必要でしょうか」

この話を聞いた曹操はますます許褚を信愛し、「中堅将軍(ちゅうけんしょうぐん)」に昇進させた。

220年1月、曹操が崩御(ほうぎょ)すると、許褚は号泣して血を吐く。

同年10月、曹丕(そうひ)が帝位に即くと、許褚は「万歳亭侯(ばんざいていこう)」に爵位が進み「武衛将軍」に昇進。中軍の宿衛にあたる近衛兵を指揮し、側近としてたいそう親しまれたという。

226年、曹叡(そうえい)が帝位を継ぐと、さらに「牟郷侯(ぼうきょうこう)」に爵位が進む。封邑(ほうゆう)は700戸となり、息子のひとりが「関内侯」に封ぜられた。

許褚が死去(時期は不明)すると「壮侯(そうこう)」と諡(おくりな)され、息子の許儀が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝には以下のようにありました。

以前、許褚にひきいられていて「虎士」となった者たちは、曹操に付き従ったあと各地の討伐へ赴いた。曹操は全員を壮士と評価し、同時に将校に任ずる。のち功を上げ「将軍」となり、「列侯(れっこう)」に封ぜられた者が数十人。「都尉」や「校尉」となった者が100余人もおり、みな剣術家だったという。

許褚自身も豪傑でしたが、彼に付いていた俠客もすご腕ぞろいだったのですね。

彼の没年はイマイチはっきりしませんが、同じく本伝によると、太和(たいわ)年間(227~233年)、曹叡は許褚の忠孝を思い出し、詔(みことのり)を下して褒めたたえ、彼の子孫ふたりに「関内侯」の爵位を授けたということです。なので曹叡の即位後、許褚は数年のうちに亡くなったのではないかと思います。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】