桟潜(さんせん)

【姓名】 桟潜(さんせん) 【あざな】 彦皇(げんこう)

【原籍】 任城郡(じんじょうぐん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『魏書(ぎしょ)・高堂隆伝(こうどうりゅうでん)』に付された「桟潜伝」あり。

曹丕(そうひ)や曹叡(そうえい)に諫言するも、いまひとつ容れられず

父母ともに不詳。

桟潜は曹操(そうそう)の時代(220年以前)に「県令(けんれい)」を歴任し、鄴城(ぎょうじょう)の「督(とく)」を務めた。

そのころ曹丕は「王太子(おうたいし。217~220年)」だったが、狩猟にふけり、朝から出かけて夜まで帰ってこないこともあった。桟潜が諫めたところ曹丕は不機嫌ながら、その後はいくらか遊楽を控えるようになったという。

222年、曹丕が貴嬪(きひん)の郭氏(かくし)を「皇后(こうごう)」に立てようとしたとき、桟潜は上奏文を奉り、彼女の家柄などを理由に反対する。だが、曹丕は聞き入れようとしなかった。

226年、曹叡が帝位を継ぐと、種々の役務が盛んに課せられる一方、帝族は疎まれて排斥された。桟潜は上奏文を奉り、現状を説いて諫める。

のち桟潜は燕(えん)の「中尉(ちゅうい)」となったが、病を理由に就任せず、そのうち死去(時期は不明)した。

管理人「かぶらがわ」より

曹丕の狩猟はともかく、曹叡の浪費については病的なものすら感じさせます。3代目が抱えやすい問題とも言えましょうか? まぁ魏の場合、蜀(しょく)や呉(ご)とは国力が違いすぎましたから、どうしてもこういうことになりがちだったのでしょうね……。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】