孫儀(そんぎ)

【姓名】 孫儀(そんぎ) 【あざな】 ?

【原籍】 呉郡(ごぐん)富春県(ふしゅんけん)

【生没】 ?~255年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

孫皎(そんこう)の息子

父は孫皎だが、母は不詳。孫胤(そんいん)・孫晞(そんき)・孫咨(そんし)・孫弥(そんび)は、みな兄。

孫儀は将軍(しょうぐん)となって無難督(ぶなんとく)を務め、侯(こう)に封ぜられた。

255年、張怡(ちょうい)・林恂(りんじゅん)らと計り、実権を握っていた孫峻(そんしゅん)を誅殺しようとした。しかし、計画が漏れたため自殺。張怡・林恂らは処刑された。

この事件では、巻き添えとなって死んだ者が数十人も出たうえ、公主の魯育(ろいく。朱公主〈しゅこうしゅ〉)までもが連座して殺された。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいです。

『三国志』(呉書〈ごしょ〉・孫峻伝)によると、孫儀らは255年に蜀(しょく)の使者が呉を公式訪問した際、孫亮(そんりょう)が使者と会見する席上で孫峻を殺害しようと計画していたということでした。
「呉の孫氏」収録人物一覧
呉(ご)の孫権(そんけん)を中心とした一族の関連記事のリストです。こちらから各人の個別記事がご覧いただけます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物データ 呉の孫氏
このページをシェアする
「かぶらがわ」をフォローする
今日も三国志日和 – 史実と創作からみる三国志の世界 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました