賈洪(かこう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 賈洪(かこう) 【あざな】 叔業(しゅくぎょう)

【原籍】 京兆郡(けいちょうぐん)新豊県(しんぽうけん)

【生没】 ?~?年(?歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。

高い学識を備えるも、馬超(ばちょう)に書かされた宣伝文が足枷(あしかせ)に

父母ともに不詳。

賈洪は学問を好み才能もあったため、特に『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』に精通した。建安(けんあん)年間(196~220年)の初めに郡の「計掾(けいえん)」となり、州の招聘(しょうへい)に応じた。

このころ州には「参軍事(さんぐんじ)」以下100余人がいたものの、賈洪と馮翊(ひょうよく)の厳苞(げんほう)の学識や才能が最も優れていたという。のちに賈洪は3県の「県令(けんれい)」を歴任したが、いずれの任地でも厩舎(きゅうしゃ)を改造して学舎とし、自ら学生に教えた。

211年、馬超が反乱を起こすと、賈洪は脅されて華陰(かいん)へ出向き、彼のために宣伝文を書く。司隷校尉(しれいこうい)の鍾繇(しょうよう)は東にいたが、この文を見るや賈洪の作だと見抜いたという。

馬超が敗れた後、賈洪は曹操(そうそう)に召され「丞相軍謀掾(じょうしょうぐんぼうえん)」となる。

曹操が「丞相」を務めていた期間は208~220年。

だが、以前に馬超の宣伝文を書いていたことからすぐに活躍することはできず、ようやく晩年になって地方へ出て「陰泉県長(いんせんけんのちょう)」となった。

そして延康(えんこう)年間(220年)、白馬王(はくばおう)の曹彪(そうひゅう)の「相(しょう)」に転ずる。

曹彪が「白馬王」だったのは226~232年。実際のところ、220年の時点では「寿春侯(じゅしゅんこう)」だった。

曹彪も学問を好んだため賈洪は師と仰がれ、三卿(さんけい。藩国の3人の大臣)以上に大事にされた。数年後、賈洪は50余歳で病死したが、当時の人々は彼の官位が二千石(せき)まで昇らなかったことを残念がったという。

管理人「かぶらがわ」より

上で挙げた記事は、『三国志』(魏書〈ぎしょ〉・王朗伝〈おうろうでん〉)に付された「孫叔然伝(そんしゅくぜんでん)」の裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く魚豢(ぎょかん)の『魏略(ぎりゃく)』によるものです。

そこでは初平(しょへい)年間(190~193年)から建安年間の国家の乱れぶり、中でも学問の荒廃が最もひどかったことも指摘されていました。

黄初(こうしょ)元(220)年に曹丕(そうひ)が帝位に即くと、再び太学(たいがく)を開き数百人の学生が集まったそうです。

ところが、曹叡(そうえい)の太和(たいわ)年間(227~233年)から青龍(せいりょう)年間(233~237年)には内外の事件が多く、役務を逃れようとして学問に興味のない者まで太学に入りたがり、学生は4ケタの数に上ったのだとか。

さらに「博士(はくし)」もみな粗雑で、実際に教えるほどの能力はなく、学生も役務を逃れるのが目的なのでまじめに学ぼうとしない。優秀な学生がいても、朝廷は合格水準を非常に高く設定したうえ経典(けいてん)の本義を問わず、文字の意味や書法、句読や注釈などを問うたといい、100人が試験を受けても合格水準に達する者は10人に満たなかったとのこと。

また当時の官吏についても数ばかり多く、ほとんど議論に加われる者がおらず、政堂にいる公卿(こうけい)以下400余人についても、まともに筆を執れる者は10人といなかったとも。これは想像を超えた荒れっぷりで、賈洪らが「儒宗」とたたえられるのも当然ですね。

なおこの『魏略』の中で「儒宗」として名が挙げられているのは、董遇(とうぐう)・賈洪・邯鄲淳(かんたんじゅん)・薛夏(せつか)・隗禧(かいき)・蘇林(そりん)・楽詳(がくしょう)の7人です。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】