陳脩(ちんしゅう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 陳脩(ちんしゅう) 【あざな】 ?

【原籍】 廬江郡(ろこうぐん)松滋県(しょうじけん)

【生没】 197?~230年(34歳?)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・陳武伝(ちんぶでん)』に付された「陳脩伝」あり。

父の趣があったという陳武の息子

父は陳武だが、母は不詳。陳表(ちんぴょう)は異母弟。陳延(ちんえん)と陳永(ちんえい)という息子がいた。

陳脩には陳武の風があったといい、19歳のとき孫権(そんけん)に目通りし「別部司馬(べつぶしば)」となり500の兵を授かる。

イマイチはっきりしないものの、陳武が戦死した215年中のことと思われる。

このころ新兵に多数の逃亡者が出ていたが、陳脩はよく新兵の心をつかんだので、彼の部隊から逃亡する者はいなかった。そのことが孫権に評価され「校尉(こうい)」に昇進した。

建安(けんあん)年間(196~220年)の末、功臣の生前の業績が再評価された折、陳脩は父の功により「都亭侯(とていこう)」に封ぜられ「解煩督(かいはんとく。特別部隊の指揮官)」に任ぜられた。

のち陳脩は230年に死去した。

管理人「かぶらがわ」より

登場箇所が少ないためコメントしにくいうえ、具体的な事績についての記事もほとんどなく、どのような人物だったのかはよくわかりませんでした。孫権から「別部司馬」に任ぜられたのが215年だったとすれば、230年に死去したときは34歳ということになります。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】