陳表(ちんぴょう)

【この記事をシェアする】

【姓名】 陳表(ちんぴょう) 【あざな】 文奥(ぶんおう)

【原籍】 廬江郡(ろこうぐん)松滋県(しょうじけん)

【生没】 ?~?年(34歳)

【吉川】 登場せず。
【演義】 登場せず。
【正史】 登場人物。『呉書(ごしょ)・陳武伝(ちんぶでん)』に付された「陳表伝」あり。

孫登(そんとう)との縁が深かった陳武の息子

父は陳武だが、母は不詳。陳脩(ちんしゅう)は異母兄。息子の陳敖(ちんごう)は跡継ぎ。

陳表は若くして名を知られ、221年、諸葛恪(しょかつかく)・顧譚(こたん)・張休(ちょうきゅう)らとともに王太子(おうたいし)の孫登の「僚友(りょうゆう。太子の友人として出仕する者)」に選ばれる。彼らは互いに親しく付き合い「太子四友」と称された。

陳表は尚書(しょうしょ)の曁豔(きえん)とも親しかったが、のち曁豔が罪を得ると、付き合いのあった者はみな保身のために彼を非難した。しかし、陳表だけはそうした態度を取らなかったので士人から評価されたという。

229年、陳表は「太子中庶子(たいしちゅうしょし)」から「翼正都尉(よくせいとい)」に転ずる。

翌230年、異母兄の陳脩が死去すると、父の側室だった陳表の母は父の正室だった陳脩の母の言いつけを聞かなくなった。陳表は亡兄に代わり自分が家中を取りまとめ、正室だった母君にお仕えせねばならないと説き、生母との確執を解消する。

さらに陳表は父が戦死していたことから、部将になりたいと願い出て500の兵士を授かった。彼は配下の兵士への配慮を欠かさなかったためみな心を寄せ、よく命令に従ったという。

215年、父の陳武は孫権(そんけん)の合肥(ごうひ)遠征において戦死した。

のち陳表は「無難右部督(ぶなんゆうぶとく)」に昇進し「都亭侯(とていこう)」に封ぜられる。このとき封爵を辞退し、亡兄の息子である陳延(ちんえん)に爵位を継がせたいと請うたものの、孫権は許可しなかった。

234年、丹楊太守(たんようたいしゅ)の諸葛恪が山越(さんえつ。江南〈こうなん〉に住んでいた異民族)討伐にあたると、陳表は「新安都尉(しんあんとい)」として助勢。3年の間に不服従民を帰順させることに努め、1万余の兵士を得る。

237年、平定を終え任地を離れようとしたとき、鄱陽(はよう)の呉遽(ごきょ)らが反乱を起こし郡城を攻め落とす。陳表は速やかに郡境を越えて討伐軍を進め、呉遽を降した。

陸遜(りくそん)の推挙により「偏将軍(へんしょうぐん)」に任ぜられ「都郷侯(ときょうこう)」に爵位が進み、北方の章阬(しょうこう)に駐屯。

その後、陳表は34歳で死去(時期は不明)し、息子の陳敖が跡を継いだ。

管理人「かぶらがわ」より

本伝によると、陳表は配下の兵士のために家財を使い果たし、彼の死後、妻子が路頭に迷うほどだったといいます。この様子を見かねた皇太子(こうたいし)の孫登が、遺族に住まいを世話したのだとか。

陳表の没年はイマイチはっきりしませんが、孫登が241年に薨去(こうきょ)していること、また『三国志』(呉書・呉主伝〈ごしゅでん〉)の239年の記事に関して、その裴松之注(はいしょうしちゅう)に引く『文士伝(ぶんしでん)』に陳表の名が見えていることから、239~241年に亡くなったものと思われます。

スポンサーリンク

おすすめ記事(広告を含む)

【この記事をシェアする】

【更新情報をフォローする】